世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行記 part6 シャルトル大聖堂

続きましての目的地は、シャルトル。
この町にあるノートルダム大聖堂は、シャルトル大聖堂として世界遺産に登録されています。
青と基調としたスタンドグラスの美しさは、シャルトルブルーとして知られています。

モンサンミッシェルのレストランかを出発して3時間くらいでしょうか。
シャルトルの町が見えてきました。
町の真ん中に、大聖堂を形作っている2棟の塔が見えてきました。

シャルトル ノートルダム大聖堂

少し離れた場所でバスを降り、
ノートルダム大聖堂の正面へ。
写真を見ていただければ分かるように
左右の塔、作りが全然違います。
建設された時代が違うため、
建築様式が違うのです。

この写真では分かりにくいですが
現在、大聖堂は修復工事中です。
右側に少しだけ足場が見えてます。
かなり大規模に足場が組まれて
修復工事を行っていました。








シャルトル ステンドグラス 大聖堂の中は、当たり前ですが
 非常に静かで厳粛な空気。
 大きな声は出せないのは当然ですが、
 撮影はOKとのことだったので
 頑張ってシャルトルブルーを
 撮影してきました。
 暗いので、うまく撮れなかったのですが
 一番綺麗に取れたのが、この写真です。 
 
 正直、私のデジカメ写真でこの美しさを
 伝えるのは無理です。
 このステンドグラス、ものすごく細かな
 絵が表現されていて、大聖堂の神聖な
 空気の中で、輝く吸い込まれそうな青い
 色は、あの場所でなければ感じられない
 美しさだと思います。
 写真だけなら、探せばいろんなところで
 紹介されていると思います。
 でも、やはり教会などの神聖な場所は、
 その場所の空気というのはとても重要。
 やはり現地で見るに限ります。

そんな神聖な空気に酔いしれて、外に出てみるとかなり日が傾いていました。
小さな町なので、狭い路地に、ここにもクリスマスのイルミネーションが。
シャルトル 路地

大聖堂の裏手に回ると、シャルトルの街を一望出来ます。
完全に日が暮れる前に、いかにもヨーロッパな雰囲気の漂う街並みを撮影。
シャルトル 市街地

バスへ戻り際に、バスの停まっているすぐ近くの広場から
ライトアップされたシャルトル大聖堂を見ることができました。
明るい時間帯に見るのとは、また違った趣があります。
シャルトル 大聖堂夜

バスに戻った頃には、すっかり日も暮れていました。
今夜からはパリに宿泊。あと2時間ほどかけてパリへ向かいます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。