世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

フランス旅行記 part4 モンサンミッシェル観光

翌日。
朝7時に起床。カーテンを開けても、まだ外は真っ暗。
朝食を食べに、昨日の夕食と同じレストランへ行ってもまだ真っ暗。
食べてる間に、ようやくうっすら明るくなってきました。
時計は午前8時半を回ったくらいでしょうか。
食べ終わって、急いで外に出て、少し高い位置へ駆け上がると
静かで冷たい空気の中、朝日の光が波に反射する美しい景色が
目の前に広がっていました。
モンサンミッシェル 朝焼け

そして今度は、島を見上げると
朝日に照らされた修道院が、目の前に浮かんでいました。
モンサンミッシェル 島内から
天空の城ラピュタのモデルになった、という話が出てくるのもうなずけるような
おとぎ話の中に入ったような景色です。
実際、ラピュタにはモデルなんて存在しないそうですが・・・

このモンサンミッシェル島内、数十人ほど住んでいる人もいるそうです。
その内の12人は、修道院の修道士。
世界遺産モンサンミッシェルは、現在も現役の修道院なのです。

昨日の夜は、真っ暗で見えなかった、モンサンミッシェルへの道と駐車場。
この時間は潮が満ちていて、昨日バスを停めた場所は海に沈んでいます。
干潮時は、この道の両側が駐車場になっているのです。
モンサンミッシェル 駐車場

実は現在、モンサンミッシェルへの道は修復工事が行われている真っ最中。
交通の便を良くするために、19世紀に造られた道は、潮の満ち引きを遮り
モンサンミッシェル周囲は干上がってしまい、「海に浮かぶ修道院」という
独特の情景が失われつつあったそうです。
これがなくなってしまっては、魅力が半減どころでは済まされない。
ということで、その道を取り壊し、新たに端を作る工事が現在進められています。
フランス政府は、この工事にかなりの予算をつぎ込んでいるそうです・・・
工事が進んだため、、潮が満ちると駐車場が海に沈むようになった、というわけです。
実際、添乗員さんも、数年前までは「海に浮かぶ」風景は見たことがなかったそうですが
今回初めて、ホントに浮かんでる景色が見られて感動した、とおっしゃっていました。

レストランの裏側。この写真の位置は壁がありますが
壁のないところからは、海がよく見えます。
モンサンミッシェル 路地

さて、現地ガイドさんの案内で、修道院内部の見学へ向かいます。
フランスでは、観光ガイドはちゃんと免許を持った現地ガイド以外の人が
団体客を解説したり、案内したりしてはいけないそうです。
どんなに詳しくても、ちゃんと免許持ってないとダメだそうです。
正しい歴史や文化を伝えていきたいという想いから生まれた制度なのでしょう。

結構上の方まできました。
下を見下ろして、さっきまで自分がいたところを撮影。
潮が満ちているので、建物のすぐ下は海です。
モンサンミッシェル 上から

修道院の中は、暗くていい写真があまりないので、外の景色ばかりですが
これは、上から下ってくるときに撮ったもの。
行きとは違うルートで帰ったので、見える建物も景色も全然違います。
モンサンミッシェル 帰り道

ぐるっと回って、ちょこまかと写真を撮ったり
町に戻って、お土産を買ったり、日本へハガキを出したりしていたら、
あっという間にお昼になってしまいました。
天気が良くて、この季節にしてはかなり暖かくて過ごしやすかったです。

名残惜しいですが、もう出発の時間。
今度はツアーではなく、自力で来て、もっとゆっくりしたいなぁと思いました。
帰りのバスの中、対岸から撮影。もうあんなに遠くに・・・
モンサンミッシェル バスより

歩きまわってお腹が空きました。
そろそろ昼食の時間です。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク