世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

【ライブレポート】3/21 Mr.Children TOUR 終末のコンフィデンスソングス in サンドーム福井

福井2日目です。

福井観光してからライブ会場へ向かったので、ライブ始まる前までちょっと疲れて
眠かったんですが、席について、眠気は吹っ飛びました。
アリーナ8列目のやや左。田原さんと桜井さんの間くらいの位置。
最前列が4列からだったので、実質5列目です。
この会場はステージから最前列までのスペースがちょっと広めにとってあるので
距離感としては、2/28徳島の実質8列目のときと同じくらいな感じでした。

昨日はライブの中で調子がどんどん上向いていった桜井さんの声。
今日は最初から飛ばしまくりで絶好調です。

かなりテンション高めの
「Mr.Childrenですっ!」
で始まった最初のMC。
「福井チェリーボーイのMr.Childrenです!優しくしてください!」
と、微妙に昨日とは違う言い回しで盛り上げます。

つよがりの後のMC、少し間があって、
「つよがりは、このツアーおすすめの一品でございます。」
というところはいつもと一緒なんですが、何となく言い方が違います。
「えー、自分で歌って自分で余韻に浸っておりますが・・・今日のつよがりは、よかった。」
と自画自賛。
「本来はメンバー紹介するとこじゃないんですが、あまりにこの方の演奏で歌ったのがよかったので、紹介します。キーボード、小林武史!」
小林さんも、予定外に紹介されて苦笑いしながらも
360°囲んでいる客席に向かって手を振ります。
自画自賛するくらい、今日のつよがりはたしかに凄かった。
小林さんの演奏は、個人的にはやり過ぎな部分も感じなくはないんですが
桜井さんの気持ちの入り方が凄かったので、それを引き出した小林さんは
やはりファインプレーと言わざるを得ないです。

次のロックンロールの前置きMCで、昨日と同様に
「家の中をガンダムのフィギュアでいっぱいにしたり、トイレを綾波レイでいっぱいにしたり」
と言われてスクリーンに映し出されたJENさん。
両手を差し出した上に、何やら折り紙のようなものが乗っています。
会場のクスクス笑いを聞いてJENの方を振り返った桜井さん。
桜井「何なの、それ?」
JEN「いや、何か分かんないけど、今日楽屋入ったら置いてあったの。これが。鶴かと思ったけど、尻尾が3つあるから、何か空想上のものみたいです。」
と、黄色い紙で蛇腹に折られた鳥をずっと両手に乗せたまま語るJENさん。
昨日とは違うこんな小ネタを仕込んでくるなんて。
これからも毎回何か仕込んでるかも知れません。

3回目のMCでメンバー紹介。
ナオトは昨日に引き続き両手をウサギの耳のように頭に乗せておじぎ。
そして、JENさんは今日も紹介されスクリーンに映されると着替え始めます。
「なに、ここ君の着替えタイムなの?」
と桜井さん。 それに答えるJENさん。
「丁度いいんです。タイミング的に。」
まぁ確かにライブのちょうど真ん中あたりなので、丁度いいっちゃいいかもしれないけど。
わざわざスクリーンに生着替えを映し出さなくても・・・w

今日はここからが長かった。
「Mr.Childrenは2009年をもちまして、結成20周年になります。 ついこないだ15周年とか言ってたばかりなのにねぇ?」
と、なぜか田原さんに向かって語りかける桜井さん。
田原さんは笑顔でうなずく(笑)
「なんだかんだ言えば、いっつもおめでたい感じになりますが(笑)で、その20年前はまだアマチュアでして。その頃の曲はほとんどがお蔵入りというか、もうどんな曲だったかも覚えてないくらいなんですけど。次にやる曲は、その頃の数少ない生き残った曲で。で、当時の僕らがどんなだったか、みなさんにご覧いただこうと思います。 」
いつもよりもおしゃべりが流暢です。
「せん・・・ちがう、え、何年だっけ?えー、1992年、12月号、PATIPATIロックンロールより、どうぞ!」
ここでいつもどおり昔のカワイイ写真が3秒スクリーンに映し出されます。
映像が消えて、すぐにどこからともなく、もう一回コールが。
それに応える桜井さん。
「しょうがない、じゃあもう一回。ただし次は2秒ね(笑)では、どうぞ!」
と、プラス2秒のサービス。
「他にも、卒業シーズンに学ランきてたりするのもあったんだけど、さすがにこれは見せられない。」
客席からは
「見たいー」「見せてー」
の声が飛び交います。
「いやいや、取り込んでないから。これはね、さすがに、見たら引くよ?」
と、客席とのやり取りもなかなかいい感じにこなしていました。
「で、えーと、何の話だっけ?そうそう、次の曲は、kind of love ってアルバムに収録されてるんですけど。」
会場から拍手が起こると
「kind of love、どう?みんな、知ってるのかな。kind of love 好きって人!」
と、会場に問いかけるという珍しい流れに。会場からは当然拍手が起こります。
「じゃあ、これは聞くの勇気いるなぁ。kind of love はあんまり、って人!」
会場はシーンと静まります。
しかしそこで、空気を読んだステージ上の一人がぱちぱちと拍手。
スクリーンには拍手をするJENさんの姿が(笑)
「ははは。いや、最近の曲はね、何をやったら盛り上がるとか大体わかるんですけど、kind of loveとかの古い曲って、どうしていいのかさっぱり分からないMr.Childrenなんですけども。今後の参考にと思いまして。」
ミスチルライブで、こんなに客席とやり取りするのは初めて。新鮮です。
長くしゃべりすぎたからか、フェアグラウンドアトラクションのジャケ紹介はさらっとやって、すぐに曲に入りました。

今日のエソラの盛り上がりはすごかった。
まず、イントロで桜井さんがなぜか行進(笑)
客席の煽り方もいつもより激しくて、ものすごく盛り上がって楽しかったです。
イノセントはもちろん1番と最後のサビを投げて盛り上がります。

これだけ盛り上がって、熱い状態で聞くメビウス。
これまでで一番といっていいくらい声がしっかり伸びていて、聞き入ってしまいました。
GIFTも最高でした。ほぼパーフェクト。

今日も最後のあいさつで
「これからもよろしく!」
こんなに2時間半があっという間だったライブは久しぶりです。
ものすごく楽しんだ反動で、帰りの電車は爆睡でした。

席も最高、ライブそのものも最高。
この先これを超えることがあるんだろうか。
というくらい、今日は本当に最高のライブでした。

では、一応今日もセットリストを載せておきます。

☆セットリスト☆

終末のコンフィデンスソングス
everybody goes
光の射す方へ

水上バス
つよがり

ロックンロール
東京
口がすべって
ファスナー
フェイク



車の中でかくれてキスをしよう
HANABI
youthful days
エソラ
イノセントワールド

風と星とメビウスの輪
GIFT

★アンコール★
少年
花の匂い
優しい歌
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ 世界遺産を巡る旅

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
趣味 :音楽鑑賞、旅行
趣味の詳細はこちらへ↓
好きなアーティスト一覧
Mr.Childrenライブ参加履歴
自己紹介・旅の履歴

[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク