世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

【ライブレポート】 2/24・25 Mr.Children Tour 終末のコンフィデンスソングス in マリンメッセ福岡

今回のツアーも福岡から始まります。
ここ最近のツアー、何故か福岡スタートばかりなので
必然的に、ここ数年、毎年のように福岡を訪れています。
マリンメッセ福岡は、博多駅から徒歩でも行ける便利な場所なので好きです。

会場に着いて、とりあえず列のできているグッズ売り場に並んでみたものの
一番の目当てだったパーカーがないことが判明したため、列を抜けました。
ちなみに、ルームウェアもなかったようです。
初日にグッズが間に合ってないって、そんな準備不足ありますか?
まぁ、今日買えないなら、今後参戦するどこかの会場で買えばいいや
てことで、当日券引換え所や立ち見の様子を見つつ開場を待ちます。
2日目は、パーカーもルームウェアも入荷されたようですが
一瞬で完売していました。準備不足にもほどがある。

ツアー初日は、ステージ真正面のスタンド。
距離は遠いけど、ステージ全体が見渡せて、演出全体を楽しめる位置です。
初日としてはいい位置だったと思います。

ほぼ定時に場内アナウンス、そして、その数分後に照明が落とされ・・・
これまでにないリズミカルなBGMとともに、ステージ上部のスクリーンに
アニメーションが映し出されます。
ゴーグルとヘルメットをしたパイロット風の男
そして花の匂いのPVに登場したあのウサギ。
ツアータイトルが映し出され、いざ開幕!!

ステージにメンバー登場、1曲目は予想通り
ツアータイトルにもなっているアルバム1曲目でした。
そしてそのまま、久しぶりのeverybody goes。
続けて、これも久々の定番曲、光の射す方へ。
アレンジが前回のライブアレンジと同じなので、あのタメの後で
花火が来るかと思って身構えたけど、何もなかった(笑)

最初のMC
「Mr.Childrenです!今日は、SUPERMARKET FANTASYで初めてMr.Childrenを聞いたって人もいれば、デビューのころから聞いてくださってる人もいると思います。そんな皆さんが楽しめるように、今日はあんな曲やこんな曲をたくさん用意してますんで、最後まで楽しんでってください。」
こんなこと言われたら、期待しちゃいますよね。
「みなさんの周りの、水周りで(笑)素敵な風景を思い浮かべながら聞いてください。水上バス。」
水周りとかいうから、お風呂やトイレしか浮かびません(笑)

で、その次の曲が意外でした。

つよがり

Qツアー以来?大好きな思い入れのある曲なので、これは嬉しい。
昔よりも、歌に気持ちがこもってるし、アレンジも力強くて演奏がカッコイイ!
「えー、つよがりを聞いていただきました。これ、あのー、よく居酒屋さんとかで、メニューに『◎店長オススメ』とか、あるじゃないですか。下に二重線引いてあるような。あれです。本日のお薦め『つよがり』。リハーサルの時からやってて気持ちよくて。」
確かに、そこまで推すだけのことはある演奏でした。

「次の曲はですね、みなさん、もし違う人生を歩んでいたらと思ったことがあると思うんですけど。今の自分に不満はないけれど、違う人生も送ってみたいなぁと。次の曲は、主人公が、ロックスターに憧れていまして。ロックスターといっても、古(いにしえ)の。昨今の、環境問題や社会問題に取り組む真面目なロックスターではなく。酒・薬・女、みたいな。えー、うちのメンバーにも、そんな古のロックスターがおりまして。」
JENさんがスクリーンに映し出されます。
「鈴木君。隣の部屋に迷惑をかけようが、お構いなしに朝まで騒いでいるような」
会場爆笑。
「そんなロックスター、鈴木さんきっかけで始まるこの曲!」

そんなフリで始まったロックンロール。
JENのドラムは、ものすごぉくカッコよかったです。
この曲のときだけ、スクリーンに映し出されるのは終始JENの姿。
♪結婚などしないで 孤独を愛する
♪後先など考えない バカと呼ばれる

と、歌詞に合わせてJENがいろんな角度でアップになるので
これは笑わずにはいられませんでした。
カメラさん、絶対笑わせようとしてます。
一番の聞かせどころ、間奏のギターソロ。
田原さんが全面に出てくるかと思いきや、・・・
何と桜井さんが弾いてるじゃありませんか。
オマエが弾くんかいっ!!と思わず心の中で突っ込みを入れましたw

ここからは私の中で、あまりメリハリのない流れだったので、気持ちが萎ていきます・・・
声のサビで
♪イェーエー
と叫ぶところは、会場全体が一つになって 気持ちのよい一体感でした。
桜井さんもイヤモニはずして、ちょっと感激していた様子でした。

ここでのMCは、珍しくネタが仕込んでありました。
「今年2009年は、Mr.Children結成20周年です。そこそこ売れる自信はあったけど(笑)、まさか20年もできるとは。これもひとえに皆様のおかげです。ありがとうございます。」
「Mr.Childrenのデビュー前に作った曲は、ほとんどがお蔵入りして世に出てはないんですけど。その中で、数少ない、レコーディングした曲の一つを次にやるんですが。その曲は1992年12月に発売されたKIND OF LOVEに収録されています。で、その頃の私たちが、どんなだっただろうかと、昔の雑誌をこうパラパラと探しまして。今から、当時の、私たちがどんなだったかを、3秒間だけ、みなさんに見ていただこうかと思います。92年12月号、PATI★PATIロックンロールより、どうぞ!」
スクリーンに、映し出された当時の雑誌に掲載された写真。若い!!!
そして本当に3秒で終了。
この後、さらにその曲を書くときにモチーフにした当時、メンバーが好きだったアーティストののアルバムジャケットや、小林さんが勧めたという「Betty Blue」という映画のポスターの映像が映し出され、
「3秒間の悪夢(笑)は忘れて、この、素敵なポスターを頭に入れて聞いてください。」

前フリ長い割に、私的にそうでもない曲なのでまた萎える。
そして、次のHANABIがキー下げててさらにここで萎える。
youthfulは、盛り上がるからまだいいけど、でもHOMEツアーでもやったし・・・
と、テンションガタ落ちになったところで、一気にテンションの上がるイントロが♪
カラフルな映像とともに始まったエソラ。
♪ロックミーベイベー トゥナイト
は客席に振るんですね。いい!
予想以上の盛り上がりで、楽しかった~

ストリングスなしで、どうやってやるんだと思っていたメビウスは
打ち込みとバンドの演奏で、十分にカッコよくてすごく良かった。
ここで頑張りすぎたのか、GIFTは声枯れてました。
でも、紅白の時のように、客席が♪ラララ~と歌い、桜井さんがそれにかぶせて
♪君から僕へ 僕から君へ 最高のGIFTをありがとう と歌うアレンジはよかったです。

アンコールは
「まだ体も心も熱いうちに、もう1曲熱い曲をやります」
と、少年を披露。
続けて、アルバム最後の曲花の匂い。
あれ?2曲で終わりかな?と思いきや、楽器を持ち替えるメンバー。
聞き覚えのあるイントロ。これは・・・
♪誰かが救いの手を~
優しい歌。POPの時は新曲として最後に披露されたこの曲が
今回のツアーではラストを飾るとは。予想外の選曲でした。

正直、セットリストは目新しさの欠片もないのでがっかりでした。
でも、選曲そのものは悪くない。いや、むしろ結構いいのかも。
初日は、どんな曲が来るんだろう?と期待している分がっかり感も大きかったですが
2日目以降は、そういう気構えがなくなったせいか、とっても楽しめました。
2日目の小林さんのミス連発はちょっと萎えましたが・・・
ツアーも始まったばかりですので、改善されていくでしょう。
では最後に、今回のツアーのセットリストです


☆セットリスト☆

終末のコンフィデンスソングス
everybody goes
光の射す方へ

水上バス
つよがり

ロックンロール
東京
口がすべって
ファスナー
フェイク



車の中でかくれてキスをしよう
HANABI
youthful days
エソラ
イノセントワールド
風と星とメビウスの輪
GIFT

★アンコール★
少年
花の匂い
優しい歌
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク