世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルー・ボリビア旅行記 Part.2 ~ペルー リマ市内観光~

ほとんどのメンバーが早朝からナスカの観光に出かけて行きました。
しかし、この日特別な予定を入れなかった私を含む4人は、
のんびり街歩きをすることにしました。

私達が宿泊したホテルがあるのは、比較的治安がいいミラフローレス地区。
でも街歩きならまずは旧市街でしょう。ということで、
ホテルでタクシーを手配してもらい早速おでかけ。

7年ぶりにやってきたサン・マルティン広場
リマ_サンマルティン広場

黒い看板のKFCも健在です。(だから何だと思った方は、7年前の記事参照)
黒KFC

見覚えのある景色に、またまたテンションが上がっていきます。
いつかまたペルーに来るはずと思ったあの日から、7年越しの目標達成。
来れてよかった。

この日はこのセントロ地区で自転車レースをやっていたらしく、
その選手らしき人や警備の警察官がたくさんいました。

サン・マルティン広場から、アルマス広場へ向かって、
ラ・ウニオン通りを歩きます。

この通り沿いには、洋服屋さん、靴屋さん、
アイスクリーム屋さんやカフェレストランなど
たくさんのお店が軒を連ねているので、
何時間でもここで街歩きを楽しめます。
リマ_旧市街

アルマス広場前。
たぶんここの前も通ったことがあるはず。
ペルー政庁です。
リマ_ペルー政庁

警備している軍人さんも、街中にいた警察官の方々も、
皆さん気さくに手を振ってくれたり笑顔で写真に応じたりしてくれました。
ペルーのみなさん優しい( ´∀`)

更に進むと、川にかかる橋が見えてきます。
そしてその向こうに見えるあの丘は、サン・クリストバルの丘。
リマ_サンクリストバルの丘

7年前は、あの丘の上に登りました。(その時の記事はこちらを参照)

当時よりも、丘を覆うスラムは減ったように見えます。
またここに来ることがあるならば、次はまたあの上からリマの市街地を見下ろしたいものです。

セントロの街歩きを思う存分楽しんだ後は、一旦ホテルまで戻り
今度はホテルから徒歩圏内の、海岸やショッピングセンターをぶらり。

海岸では、たくさんの人が海水浴を楽しんでいました。
かなり激しめの波が打ち寄せていたので、泳ぐというよりは水遊びをしている感じ。
リマ_海岸

撮影の為にスマホやカメラをぶら下げて歩いていたら
通りすがりのおじさんが声をかけてきました。
ジェスチャーをみると、どうやら我々のカメラやスマホを指差して
「スられるからしまったほうがいいよ(推測)」
と注意してくれたようです。

今のところ、リマの街中で声をかけてきた人は、
セントロで、一緒に写真を取ろうと声をかけてきた明るい母娘と
この優しいおじさんくらい。

お店の人や警察官はもちろん、一般市民もみんなことごとく優しいので、
本当に治安悪いのか?とさえ思ってしまいます。
基本的にはいい人ばかり。

油断は禁物ですが、おかげさまで街歩きを
思う存分堪能することが出来ました。
旅の初日、幸先の良いスタートです。

この日の締めは、ここも7年ぶりの訪問となる
ワカ・プクヤーナ遺跡内にあるレストランへ。
ワカプクヤーナ

リマのレストランとしてはお値段は少々張りますが、
雰囲気とお料理の味は申し分なし。
(お料理の写真はピンぼけしていたので割愛)

ごちそうさまでした。

明日からは、いよいよ未知の世界、標高3,000mを超える高地に移動します。
ここから最終日までは休む間のないかなりハードな旅程です。

長時間フライトの疲れはしっかりリフレッシュ出来たので、
明日移行も全力で楽しみたいと思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。