世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Live Report】2016/8/2 寺岡呼人Presents Golden Circle 第20回スペシャル ~僕と桜井和寿のメロディー~ in 大阪城ホール ライブレポート

2016/8/2
寺岡呼人Presents Golden Circle 第20回スペシャル
~僕と桜井和寿のメロディー~ in 大阪城ホール ライブレポート




*詳細レポUPしました*



またまたやってきました大阪城ホール。
今年は頻度高め。

本日は、Golden Circle vol.20でございます。

入場時に、主催者寺岡呼人さんからのプレゼントということで
入場者全員に、呼人さんのベスト集+ニューアルバムのサンプル音源
という盛沢山のCDが配布されました。太っ腹!

開演前には、大規模GCでは恒例の海外旅行プレゼントも。
ライブを見に来て、応募もしていないのにいきなりハワイ旅行が当たるとか
サプライズにも程があると、毎回思います。

今日は、アリーナのかなり後ろの方の端っこという何とも言えない席・・・
見えないし音のバランスも悪いこの位置はつらい(ノД`)・゜・。

天井からスクリーンはぶら下がってるし、盛り上がるよりは聴くライブだろうし
今日はあんまり頑張らずに、ゆったり楽しむことにします。


呼人さんの新曲MVに出演しているという芸人はなわのVTRにて海外旅行当選者が発表され
FM COCOLOのDJさんによる開演前注意事項の読み上げと煽りがあり
ライブが始まりました。

オープニング映像として、おそらく約25年前くらいであろう
呼人さんと桜井さんが、どこかのライブハウスで一緒に
歌っている映像が流れ、会場がどよめきました。

二人とも若い!(当たり前)

星になれたらをアレンジしたインストをBGMに
Kさんを含むバンドメンバー、呼人さん、そして桜井さんの登場。
桜井さんの姿が見えた瞬間に、大歓声が上がります。
いつものGCいろんなアーティストが出演するのでそれぞれのファンがいるのですが
今回はメインゲストが桜井さんだけなので、9割が桜井さんを見に来ている状態。
ミスチルライブならもう少し男性の割合が多いし、年齢層も幅広いのですが
こういうソロ出演になると、アラフォー女性が大半になりますね。

まぁ私もその一部なんですけど。

仕事終わりでバタバタと会場に来たせいか、どことなく体調が優れぬ状態だったので
座ってみたのですが、スクリーンすらあんまり見えないw

まぁいいか、音が聞こえれば。
武道館公演と同じ流れなら、私がメインで楽しみたいところは後半のはずなので
それまでは休息。

一曲目は、GCのオリジナルソング

ミュージック

ゆずの声がメインのイメージがあるので、カバー曲感があります。

続いて、桜井さんが歌詞をつけた呼人さんの曲を2曲。

これが僕の愉快なヒューマンライフ
競争る為にだけ生まれてきた訳じゃねぇ

ごめんなさいちょっとぐったりしていて、あんまり集中出来てなかったので
記憶が曖昧です・・・

桜井さんが気持ちよく歌っているのはわかりました。
今日はとても伸びとハリのある声が出ていていい感じです。


一旦桜井さんが捌けて、ここからは呼人さんのソロコーナー。

呼「さっきの(オープニングの)映像、僕が家で編集したの。昔のね、ライブ映像、あれ、大阪なんだよ。」

大阪のライブハウスでの共演映像だったようです。
ミスチルはデビュー前でしょうし、写真はあっても動画はなかなか貴重。


そんなオープニング映像の話から、明日発売のアルバムの話へ。
そこから3曲が披露されました。

その中の2曲目が、こういう経緯で出来た曲とのこと。


呼「Mr.Childrenの、あんまりおぼえてないやって曲があるじゃない。桜井が、この曲は(呼人さんに)合うんじゃないかって言ってくれて。」

と、おもむろにあんまり覚えてないやを弾き語りで歌い始める呼人さん。

呼「自分のライブとかでカバーして、弾き語りでやらせてもらったりしたんですが。その、アンサーソングを作りたいなって思って。」

あんまりおぼえてないやのアンサーソングだから、ちゃんと覚えてるよ、とか
そんなんかな?と思いきや、

「もったいない、って曲です。」

このタイトルを聞いた瞬間に、客席から微妙な笑い声が・・・w
あんまり覚えてないやのアンサーがなんでもったいないなんだよって、みんな思いましたよね。

もったいない

アンサーソングというだけあって、雰囲気が酷似していました。
というか、雰囲気が似た曲がアンサーソングってことでもないような・・・
まぁ、いいか。

僕なんかに君は勿体ないとか、そんな感じの歌詞でした。

今日のライブ、全曲、タイトルと歌詞がスクリーンに表示されています。
親切。

呼人さんソロ3曲が終わったところで、再び桜井さんの登場です。

呼「前回も、桜井が僕の曲をカバーして一曲まるっと歌ってくれたんですけど、今回も、明日発売のニューアルバムの中から一曲、歌ってくれるということで、紹介します。桜井和寿!」

オープニングでは水色のTシャツだった桜井さん、白Tに黒いガウンを羽織ったスタイルに
衣装チェンジしての登場です。

呼「着替えてきたの?」

桜「シックな感じで行こうかと思って。エロい歌だし。」

こんなやりとりから、蜜蜂という曲を桜井さんがしっとりと歌い上げます。
エロいっていうからどんな曲かと思ったら、少々大人っぽい歌詞があるだけで
そんなにでもないと思ったのは、ここ最近、本当にエロ全開のオジサマバンドの
ライブをがっつりみていたからかもしれません。

ここで、今回キーボードとしてバンドに参加しているKさんが紹介されました。
桜井さんが、

桜「3年間、1000回の腕立てと腹筋したらKくんの声になれるって言われたら、やるよ3年。」

と、Kさんの声を大絶賛。
以前にもどこかで、Kさんの声が大好きだという話をしていた気がします。

桜井さんがKさんの方に歩み寄って、握手をしたところで呼人さんが

呼「タイあたりに行ったらこういうカップルいそう。」

と、桜井さんとKさんのツーショットを見て放ったこの発言に、
会場も、そしてご本人たちも大爆笑。
そう言われたらそうとしか見えなくなるからやめてくださいww

桜井さんはここでまた捌けます。
呼人さんも捌け、次はKさんのソロコーナーです。

K「僕のソロコーナーすぐ終わるんでね。心配しないで。」

客席のほとんどが桜井さんを見に来ていることを意識しての発言です。
Kさんの歌は本当に素晴らしく心地いいので、聴きたいですよ!

K「さっき、桜井さんが3年腹筋してでも僕の声になりたいって言ってたって、みなさんつぶやいてくださいね。」

つぶやいていないですが、ここに書かせていただきました。

桜井さんはKさんのような、美しい透き通ったきれいな声が好きですね。
以前、秦基博さんの声になりたいって言ってたこともありましたし。
桜井さんの声とはタイプが全然違うので、ないものねだりというかなんというか。

Kさんが披露した曲は、10年前、Kさんが日本で活動し始めた頃の曲

Beyond the sea

いやぁ、本当に素晴らしい声です。
聞き惚れるというのは、こういうのを言うんでしょうね。
Kさんの声に癒されて、私もだいぶ元気になってきました。

そろそろ立ち上がろう。

Kさんソロは一曲だけで、ここで呼人さんが戻ってきました。

K「兵役のときの、自分への手紙のつもりで作った曲に、呼人さんに歌詞をつけていただきました。」

アーティストとして十分に活躍している人でも兵役に行かなくてはいけない
かの国のルール、どうにかならないんですかねぇ・・・
みなさん人気絶頂の時に休業を余儀なくされたりしていて
お国にとってもマイナスな気がするんですが。

さて、ここで再び桜井さんの登場。
またもや衣装を着替えていて、客席から笑い声が漏れます。
冒頭の水色Tシャツと同じデザインの、今度は黒です。

桜「笑わないでよ。」

呼「今回、僕が曲順決めたんですけど、それによってこう桜井に出たり捌けたりしてもらうことになっちゃって。」

桜「だから、(衣装替えが)アクセントになればいいかなと思って。」

今日の出演者、メインは呼人さんと桜井さんとKさんしかいないんだから
3人とも最初から最後までずっとステージいればいいと思うのですが・・・
コーラスなりギターなり、いくらでもコラボ出来るだろうに。

桜井さんの負担が軽くなるようにという、呼人さんの配慮だとは思いますが。

呼「ミスチルのツアーもあってイベントもあって、本当に忙しい中快く出てくれることになって。最初、僕がお願いしていたのはもっと曲数少なかったんだけど、カバーをやりたいってなって2曲、桜井が提案してくれました。」

カバー曲は、桜井さんの提案だったのですね。

呼「僕の家で歌って、ね。何歌ったっけ?」

桜「RC(サクセション)とか」

呼「聖子ちゃんとか。」

聖子ちゃん聴いてみたいー!
名曲いっぱいありますから、アレンジがはまれば凄いものになりそう。


呼「歌本とか広げてね。やってみたいよね、歌本使って。」

そんなライブ最高じゃないですか。
ライブハウスでこじんまりとやるのが合いそう。

呼「・・・ダメダメ、そんなのお金取れない!」

一流ボーカリストが歌うのであればそれだけでお金は取れます。

あ、でもそういうのは、本当に家みたいな雰囲気のやつを、適当なウェブカメラとか使って
ネットで生配信するのとかがいいかもしれない。

・・・まぁ、やらないですよね。

さて、カバー曲の1曲目は

桜「この曲、いろんな人がカバーしてる名曲。僕も大好きな曲なんだけど、これをね、Kくんの声で聴きたい。」

桜井さんがそう言って、始まったいんとろに、会場がおぉー、とどよめきました。

I LOVE YOU

尾崎豊の、誰もが知る名曲。
確かにいろんな人がカバーしていて、しっくりくるものとそうでもないのとありますが
歌い出し、Kさんの美しく澄んだ深い声が、この曲にぴったりとマッチしています。
これは素晴らしい。
2番は桜井さんが歌います。
この曲に関しては、Kさんの声質の方が合ってるなぁ、と思いました。

呼「次はね、東京ではやらなかった曲を一曲、用意してきました。ユーミンのね、ジャコビニ彗星の日っていう曲です。もうね、さすが松任谷由実としか言えない、そんな曲です。」

ジャコビニ彗星の日

私はこの曲知らなかったのですが、知らなくてもユーミンを感じる曲でした。
これは呼人さん提案の曲っぽいです。

続いてGCオリジナルソングであるフォーエバーヤングが披露され
そのまま流れで、今日の一つの目的であった曲がさらっと演奏されました。

妄想満月

これは確実にやるだろう、というのが今回のGC参加を決めた一番の動機。
で、聴いたら聴いたで

これはミスチルの音で聴きたいやつだ・・・

ってなりました。

知ってた。

そうなる気はしてた。
歌っているのは本人なのですが、どことなく漂うカバー感・・・
やっぱりバンドの曲はバンド全員でやらないと、ですね。


そして、この次。
武道館公演後、かなり大きな話題になっていたこれも
ものすごく楽しみにしていたのです。

呼「次は、もう一曲のカバー曲。桜井、説明して。」

桜「あのですねー、乃木坂フォーティー・・・なんだっけ?」

呼「なんだっけって(笑)」

桜「ほら、いろいろあるじゃない。その、乃木坂のきっかけっていう曲が、ホントいい曲で。知らないで聞いたら、これ、呼人くんが作った曲?ってなるよ。桜井が書いたんじゃない?ってなるかも。そんな感じの曲。」

46か48か区別がついていないくらいなので、
アイドル曲を意識的に聞いているわけではなさそうです。
どこかでたまたま耳にして、いいなって思ったんですね。

呼「武道館の後、感想こればっかだったもんね。」

桜「Twitterとかね、乃木坂やったらしいよって。」

お2人のおっしゃる通り、武道館公演直後はこの話題で持ち切りでした。
作曲者である杉山さんの喜びのツイートをご紹介させていただきます。
(勝手に貼ってすいません。)



きっかけ

これ、乃木坂46の最新アルバムのリード曲で、シングルではないのです。
テレビでは何度か披露しているので、それで知っている人もそれなりにいるかも・・・

今年の48・46グループ勢の新曲の中ではかなりいいなーと思っていた曲が、
まさかこんな形で取り上げられることになろうとは。

中盤まで、バラードやミディアムなまったりとした曲が多かったので
ロックにアレンジされたきっかけは、演奏の力の込め方もすごく良くて
目が覚めたような感覚になりました。
カッコいい!!

凄くよかったのですが、やはりこの客層ではこの曲を知らない人も多かったようで
私の興奮と場内の盛り上がりに若干のかい離はあったように感じました。

この曲の本物を聴いたことのない方は、こちらも是非どうぞ。
Mステの赤青衣装のがとても好きです。(公式じゃないのでリンク切れるかも・・・)

こちらは公式MV。



個人的にもう少しこの余韻に浸っていたかったのですが
そんな間は全く与えられず、次の曲のイントロで大歓声が上がりました。

シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~

そりゃまぁ、こっちを待っていた観客のほうが多いので盛り上がるは当然なのですが
ほんの少しでも、曲間をあけてほしかった・・・
これだと、すごくよかったきっかけの演奏が一瞬で上書きされてしまってもったいない。

しかし今日は桜井さんの喉の具合がすこぶる良くて
今まで聞いたシーソーゲームの中ではたぶんベストアクト。

ってなるとね、ますますミスチルで聴きたいわっ!
ホールツアー行かせろよ!

ってなりますよね( ´ー`)


さらに畳みかけるように、

innocent world

こちらは半音下げの演奏で、十分に盛り上がりましたが
こんなに絶好調でばっちり歌えるコンディションなのだから
原キーでがっつり歌ってほしかったなぁ、とは思いました。

本編ラストは、呼人さんと桜井さんの共作の中で一番新しい曲(・・・ですよね)

バトン



アンコール、それほど間を開けずにすぐにステージ上にバンドメンバーが登場。
呼人さんも続いて登場します。
明日のトークイベントの告知と、そこでのライブに登場するということで
まずはKさんを迎え入れます。

そして、

呼「また着替えてくるのかな?本日5回目、桜井和寿!」

呼人さん、Kさんと同じく、グッズのTシャツに着替えて登場した桜井さん。

桜「なんか恥ずかしくなってきた(照)」

呼「自分でハードル上げたんじゃん(笑)」


こんなやりとりから、アンコール一曲目は、
さだまさしさんのいのちの理由をカバー。
その余韻にひたるまもなく、またもやミスチル曲

Tomorrow never knows

こんなにミスチル曲ばっかりやらなくてもいいのに・・・
それを求めているファンが多いと思っての選曲なのでしょうが
こういう場でしか聴けない曲を、もっと聞きたかったな・・・

最後はもちろん、ライブの冒頭でBGMにもなっていた

星になれたら

呼人さんと桜井さん2人で、ステージ後方席の方にぐるっと一周している
花道を回りながら、最高潮の盛り上がりで幕を閉じました。


今回は、Golden Circleとしては特殊な形態のライブ。
前回大阪城ホールで開催されたVol.18の時ほどの
意外性や聴きどころ・、笑いどころがなかったという意味では
ちょっと物足りなかったというのも正直なところです。

今後はまた、いつものワイワイ楽しく幅広いアーテイストの
集まる場所として、続いていって欲しいなと思います。


【2016/8/2 GC大阪公演セットリスト】

《寺岡呼人&桜井和寿》
・ミュージック
・これが僕の愉快なヒューマンライフ
・競争る為にだけ生まれてきた訳じゃねぇ

《寺岡呼人》
・COLOR
・もったいない
・キャッチボール

《桜井和寿》
・蜜蜂(寺岡呼人)

《K》
・Beyond the sea

《K with 寺岡呼人》
・dear...

《K&桜井和寿&寺岡呼人》
・I LOVE YOU(尾崎豊)
・ジャコビニ彗星の日(松任谷由実)
・フォーエバーヤング
・妄想満月

・きっかけ(乃木坂46)
・シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~
・innocent world

・バトン

(アンコール)
・いのちの理由(さだまさし)
・Tomorrow never knows
・星になれたら
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。