世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ注意!】2016/4/10 BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “BFLY” in 京セラドーム大阪 ライブレポート

2016/4/10
BUMP OF CHICKEN
STADIUM TOUR 2016 “BFLY”
in 京セラドーム大阪





初めてバンプを聴いたのは、高校生の時。
ラジオから流れてきたその音楽を何気なく聴いていたのは
17年も前のこと。

メジャーデビューしてまだ2年くらいのころの彼らをライブハウスで初めて見て
その後も、ゆったりとしたペースで活動する彼らの音楽を、ゆったりと聞き続けていました。

そんなバンドが、いつの間にか、ドームでライブをやるほどに巨大になっていました。
活動初期からずっと、これほど長く聞き続けているバンドは他にありません。
四六時中聞き続けて、頻繁にライブに足を運んでいるような熱心なファンの方々とは違いますが、
バンプの音楽には他にはない思い入れがあります。

3年前の大阪城ホール公演以来です。
まさか京セラドームでBUMP OF CHICKENを見る日が来るとは思いませんでした。
最初の先行で取ったチケットだったためか、席は比較的アリーナの前方です。

それでもドームだと、表情が見えるとは言えない距離。
この巨大なステージ上で、BUMP OF CHICKENはどんなライブを見せてくれるのでしょうか。








※ネタバレ注意!!









アルバムツアーなので、しっかり聴きこんでくるべきだったのかもしれませんが
さらっと一回聴いただけの状態で今日を迎えました。
古い曲はイントロですぐわかるし、新曲は全てが新鮮という状態です。


序盤から、、後方ステージで演奏する中盤までは、アルバム曲中心の構成で
所々に古めの曲が散りばめられていました。

Kの生演奏を5万人と一緒に聴いているなんて、何だかとても不思議な気分です。
最近作られたアルバム曲たちは、この大きな会場にも違和感はありません。

音楽がこれだけ力を持っているバンドですから、映像演出はもっと控えめでもいいのになぁ
というのはそこかしこで感じました。
あとは、曲と曲のつなぎがすべてブツ切りなのも、ちょっともったいない。
聴く側の集中力が、切れてしまうんですよね。暗闇と無音で。
SEでつないで、数曲繋いでくれると、その流れのままに音に集中できるのですが。

流星群でバックに星空が浮かび上がるような演出、これはとてもよかったです。
曲にぴったりはまった演出、それがこの巨大ステージで最高に映えていました。


後半は、紙吹雪が舞う演出が多用されていました。
頭上からヒラヒラト舞い落ちる紙吹雪はきれいではあるのですが
・・・さすがにこれ、飛ばし過ぎじゃない?
何度も何度も大量に舞う紙吹雪、気づけば足元や椅子の上に
たんまり降り積もっておりました(^_^;)

銀テープも舞い、花火の特効もあり、ドカンドカンと盛り上げる終盤。
大きい会場だから演出も派手にしなきゃ、と頑張っているような印象を受けました。
演奏はとてもよかったです。

まだ2時間経っていないくらいの時間でしたが、ここで本編終了。
最近は3時間を超えるような長いライブが多いですが、個人的には
長くて2~2,5時間くらいでスパッと終わるライブのほうが
良いライブだったなぁ、と思える確率が高い気がしています。

アンコールで登場したメンバー。
藤原さん以外の3人は、今日だけの特別グッズであるTシャツを身につけています。
藤原基央の生誕記念グッズです。
ここから、誕生日お祝いのサプライズが始まります。

自分の名前が胸元に刻まれたTシャツを身につけたメンバーに、全く気づいていない藤原さん。
ようやく気づいて驚きの表情を見せ、そして、お客さんも着ていることを教えられて
スタッフにメガネを取りに行かせる場面がありました。

ケーキが運ばれてきて、スクリーンの映像に合わせてみんなでハッピーバースデーを歌いました。
ろうそくの火を吹き消し、そして、そのままアンコールへ。


藤原さん、生まれて初めてのメガネをかけながらの演奏だったそうです。
天体観測。
何十回何百回とお客さんの前で演奏してきたであろう曲ですが
初めてお客さんの表情がちゃんと見える状態で演奏した今日は
いつもとは少し違ったかもしれません。

アンコールは一曲だけの予定だったようで、藤原さん以外の3人のメンバーは
すぐにステージから去っていき、1人でステージに立つ藤原さん。

客席からの声援に応えて、ちょっと戸惑いつつも、
誕生日祝いのお返しとしてはじめてのチュウの弾き語りという
素敵な一曲をプレゼントしてくれました。

そして、歌い終わった後も、丁寧に言葉を選びながら、私たちファンに
感謝の言葉を伝えてくれました。

この人は、こんなにも音楽に対して純粋で、真っ直ぐでひたむきなんだ、と
そんな藤原さんの人柄が伝わってくるMCでした。
今日、この場にいられてよかったです。

これからも変わらず、でも、時の流れとともにゆっくり進化し続ける
BUMP OF CHICKENの音楽を、私も聴き続けていきたいと思います。








【2016/4/10 大阪公演セットリスト】
Hello world!
パレード
K

カルマ
ファイター
宝石になった日

流星群
大我慢大会

孤独の合唱
ダンデライオン

GO
車輪の唄
Supernova
ray
虹を待つ人
Butterfly

(アンコール)
天体観測
はじめてのチュウ(藤原ソロ弾き語り)
コメント
>きゅぴさん
こんばんはー(^_^)

バンプはファンがアイドル的だったりするので、
ライブに行くと「なんか違う」と感じることもありますね。
まぁそれは、ミスチルも同じなのですが・・・(;´∀`)

ロックロックのチケットは最初の先行で確保することが出来ました。
まだチャンスはあると思うので、諦めずに頑張ってください!
これはこれで楽しみなのですが、やはりホールツアーに行きたいです・・・

2016/05/22(日) 23:48 | URL | レナコ #-[ 編集]
行ってきました!
レナコさん こんにちは。

私もナゴヤドームに行ってきましたよ。
セットリストは大阪とまったく同じでした。
レナコさんが行かれた日は藤くんの誕生日だったんですね。その特別感、うらやましいです(^^)

曲と曲の間の空白は、私も気になりました。
隣の席の女の子たちがその度に「ヤバーイ!かわいいー!」を連発するので余計につらかったです・・・。

私はスタンド席だったので、紙吹雪はとてもきれいに見えましたよ。アリーナ席に積もるほどだったとは(^^;)
炎、花火、銀テープ、詰め込んでましたよね。
メンバーもお客さんも、初めてのスタジアムツアーを楽しんでいるようでぐっときました。

レナコさんは、バンプに強い思い入れがあったんですね。ライブハウスからドームまで登りつめたのはすごいことですよね!
私は流行り出した頃からなんとなく聴いている程度のファンですが、メンバー同士が仲良さそうにしてるのがとても微笑ましいです。これからも、聴き続けていきたいと思いました(^^)♪

あ、レナコさんはロックロックのチケットは取れました?私は落選でした。今年はミスチルに会えるチャンスはないかもしれません(> <)
2016/05/10(火) 14:24 | URL | きゅぴ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。