世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

【Live Report】2015/9/20 Mr.Children Stadium TOUR 2015 未完 in 京セラドーム大阪 ライブレポート

2015/9/20
Mr.Children Stadium TOUR 2015 未完
in 京セラドーム大阪




***********各公演のライブレポートはこちら***********
2015/7/18 福岡ヤフオクドーム公演 ライブレポート
2015/7/19 福岡ヤフオクドーム公演 ライブレポート
2015/7/25 大阪ヤンマースタジアム長居公演 ライブレポート
2015/7/26 大阪ヤンマースタジアム長居公演 ライブレポート
2015/9/19 京セラドーム大阪公演 ライブレポート
*********************************************



とうとうこの日が来てしまいました。
最新アルバムを引っさげてのスタジアムツアー最終公演。
アルバム製作から始まり、FCツアー・アリーナツアー・スタジアムツアーと
走り続けてきた活動が、今日ここで、終結します。


スタンプを押したり、仕事仲間などの知り合いと会ったり
昔からのチル友さんに会ったり、なんだかんだしているうちに
あっという間に開演時間が迫ってきました。


最終公演のレポは、1曲1曲については割愛して
印象的だったことを厳選してまとめたいと思います。



未完

擬態

「いくぞーーー!おおさかーーーー!」

最終公演ということで、気合入りまくりなのが見て取れます。
シャウトも力入ってますし、動きも激しめです。

ニシエヒガシエ

光の射す方へ

今日もファルセットではなく、地声でシャウトしていました。
昨日よりももっと、調子いいかもしれません。
今日が終わればしばらくライブで歌うことはないでしょうから
思う存分、今出せるものをすべて出し切るような
ライブになりそうです。


次の曲、昨日よりはちょっと控えめな
JENさんとのコール&レスポンスがあった後、
桜井さんが、こんな話をしてくれました。

「久しぶりにやる曲で、ツアーでやるのは20年ぶりです。(今日がツアーの)最後だから言うとね、今回、何でこの曲をやろうと思ったかって言うと、久しぶりっていうのもあるんだけど。仲間っていいなっていう、今のMr.Childrenにぴったりだな、って思って。」

今のMr.Childrenが、本当にいい状態なんだということが
伝わってきますね。

「昨日ふと思ったんです、もう、今日演奏したら、当分この曲やらないんだろうなって。」

私も、今日が終わったらもうこの曲をライブで聞くことは
きっとないだろうなと思って、今日のライブに臨んでおります。

「デビューする前に作った曲で、その頃はまだ、仲間って4人のバンドメンバーだけだったんだけど。でも今は、こんなにも仲間が沢山います。」

4人のメンバーと、その活動をサポートするたくさんのスタッフと
そこから届けられる音楽を受け止める私達ファン全てを
仲間という言葉で表現してくれたのは嬉しかったです。


CHILDREN'S WORLD

こんな話を聞いた後だと、なんだかしみじみしちゃいます。
あぁ、この楽しそうに演奏している姿も見納めかぁ・・・


「最後だからって、今日だけ楽しんじゃったらこれまでのお客さんに申し訳ないんで、いつもどおりと思ってやってるつもりなんですけど。でも、もう既にいつもの倍くらい汗をかいています。」

その言葉通り、いつも以上に汗だくの桜井さん。
最終公演を意識しないってのは、難しいですよね。
客席も多くの人が意識しているでしょうし。


運命

FIGHT CLUB

今日一番印象的だったのが、この曲。

アウトロで、田原さんと桜井さんが向き合ってギターを弾くシーン。
超至近距離で、見つめ合いながらギターを弾いていて
間違えた?のかな?手を止めてしまう田原さん。
それを見て、軽くコツンと田原さんを小突く桜井さん。

そして二人して照れ笑い。

なにこのほのぼの萌えシチュエーション(*´Д`)

ミスチルでこういう感じになること、あんまりないんですけど、
このお二人の笑顔はたまりませんでしたね。
まんまとやられました(*´ω`*)


斜陽

I Can Make It


昨日はっちゃけ過ぎたからか、今日はちょっと控えめなJENさん。

でも、

「くろやなぎさーーん、マッチでーーーす!」
「おーしぇい、じゃすてぃす!」


と意味不明な叫びを繰り出すことは忘れていませんでした(笑)

ナカケーの紹介はいつもどおりの下ネタ。

そして、田原さんの紹介は、昨日と同じ長袖いじり。
それに対しての田原さんの反応は


「JEN、毎回毎回、変な紹介をありがとう。」

最終日の今日、田原さんがJENさんに返したのは
ありがとうという感謝の言葉でした。


「こんばんは。今日が、最高の思い出になるといいなと思います。最後まで楽しんで下さい。」

心なしか、今日は、田原さんはもちろんのこと
メンバー全員が、リラックスしたいい笑顔を見せている気がします。

さぁ、最後は桜井さん。
JENさんが、真打ち登場、コワイヨー、といいながら紹介します。

「天才、変態、桜井和寿!」


「JEN、いいかげんにしろよー」

怒られるJENさん(笑)

「この時間、JENに任せることにしたんですけど。日に日にエスカレートしていって、今日が、ツアー最終日じゃなかったらと思うとゾッとします(笑)」

これからもまだまだ続くツアーだったら、JENさんのおフザケネタは
もっと増えていったかもしれませんね。

メンバー紹介の後は、センターステージへ移動します。

「この(センターステージで演奏する)時間。後ろの方の人は、(今は)米粒くらい?」

スタンド後方席だとどこにいるかは何とか認識は出来るけれど、
表情なんかは全くわかりません。
衣装が黒系の田原さんは、どこにいるかもわからない時があります。
ステージと一体化してしまって。


「(それ)が、せめて、アズキ大くらいになれば。」

アリーナにいると、すごく近くに来てくれた感あるんですけど
スタンド席だと、メインステージもセンターステージも
距離感はほぼ変化なし、ですよね。正直。

「枝豆くらいとか、そら豆くらいとか?言ってても、全然わかんないけど。」

そら豆くらいに感じたら、結構近いんじゃないだろうか。
何となくでも、表情がわかる距離だとテンション上がるんですけどね。
今回は一度もそんな良席はなかったです。

今日みたいに、ステージ全体の演出が全部ちゃんと見える席も
なかなかの良席ですけどね。

忘れ得ぬ人

愛にまつわる話、愛って言ってもいろいろあって、というところ

「家族愛も、愛だし、恋愛も、愛だし、阪神タイガース愛も、愛国心も、自己愛も。」

愛国心や自己愛は、ここで初めて出てきた言葉。
他の公演では言っていたのかもしれませんが
昨日は、家族愛、恋愛、タイガース愛、までだったような。

これを一旦置いておいて・・・
ここで、今日も昨日と同じく、最近物忘れが激しいという話になり

「今日はね、あの、楽屋にコーヒーマシンがあって。カプセルセットするタイプのやつで、コーヒー飲もうと思ってセットして、スイッチ入れて。で、ソファーに座ってそのまま、何か忘れてる気がするなぁって思って・・・」

コーヒー飲もうと思っていたこと自体を、
座った瞬間に忘れてるんですねきっと。

冷蔵庫に何かを取りに行ったのに、扉を開けて
何を取ろうとしたか忘れた、とかそういうのは時々あります。
(これも重症?)

and I love you

タガタメ


蜘蛛の糸

REM

WALTZ

この、亡霊と共にステップを踏みながら歌うお姿を
見られるのも今日が最後。

ツアーで繰り返し繰り返しやっているうちに
完成度は増しているんだとは思うのですが。

アリーナツアー初日公演が一番、感動が大きかったですね。
初めて観た初めての演出への驚きなどの要素が
どれだけ大きいか、ということだと思います。

あと、ここは、REMとWALTZの繋ぎの部分のSEが
とっても好きです。
アルバムにはこの音がないので、ちょっと物足りないのです。
こういうタイプの曲は、ライブが一番。
これもまたしばらく聴けなくなるだろうと思うと
また寂しさがこみ上げてきます。


フェイク

ALIVE

進化論

終わりなき旅

リスナーそれぞれにそれぞれの思い入れのある曲なので
元々、そういう役割を担う曲ではあるのですが
今回のツアーで、完全に、Mr.Childrenのアンセムとして
確立したような、そんな感覚があります。

桜井さんが1人、ブルーフラワーのギターを鳴らしながら
センターステージに立ち、スポットに照らされながら
客席に、一緒に歌おうと語りかけます。

そんなシーンから演奏がスタートし、
曲が始まれば、最初から最後まで全ての歌詞が表示され
客席の歌声と、桜井さんの歌声と、バンドの演奏が
しっかりと調和して、ドームに響き渡ります。

過去のライブでも、みんなで歌うような場面はあったのですが
今回初めて、それが、ちゃんと曲のアレンジとして
成立していたように感じたのです。

この曲は、Mr.Chidrenの曲だけど、私達ファンの曲でもあるのだと
初めて、本当にそう思えたのが、今回のツアーでした。

これからも、大事な場面で大切に、歌い続けてほしい曲です。


幻聴

昨日までは歌詞を変えたりはしていなかったと思うのですが
最終日、ラストのサビの歌詞が変わっていました。

♪向こうで手招くのは 宝島などじゃなく
 人懐っこくて優しくて 温かなみんなの微笑み


「誰かの」ではなく、「みんなの」微笑み。
客席に語りかけるような「みんな」という言葉に、思わず笑顔になる私。

私たちファンの想いは、きっと届いているんだと
そう思えた瞬間。


足音 〜Be Strong

本編を締めくくる3曲が、締めくくりに相応しい曲ばかりで
終わったと思ったら、まだ次がある、というのが2回続いて
しっくり来ないなぁ、と感じていたりもしたのですが。

相方に言われた一言で、凄く納得したというか
腑に落ちたので、ここにも書かせていただきたいのですが。

終わりのない旅に出て、
耳を澄ましたら僕を呼ぶ声がして
足音を踏み鳴らす

これ以上ない最高の並びじゃないか

と。
なるほどなぁ、と。
そう思ったら、この並びでの締めくくり以外は
考えられないな、と、そう思ったのです。


名残惜しいですが、これで本編が終わりました。
後はアンコールを残すのみ。


I wanna be there

多くの人が普通に持っている灯りに包まれて
演奏するという体験も、これが最後です。
この規模でこれをやれるアーティストは、そうはいませんので。

いろいろと物議を醸すことになってはしまいましたが
私はこの演出、とても良かったと思っています。
二度とやらなくていいとも思いますけどね。
2回目は感動も薄くなりますしね。

次にライブをするときはまた、
その時に合った新しい何かを取り入れてくれることでしょう。


蘇生

fantasy

Tomorrow never knows

最終日でもこの歓声。
今日は、ライブ初体験という私の友人も参加していて
そういう人にとっては、この辺の曲をやってくれることが
思わず歓声を上げてしまうくらいに嬉しいはず。

私のように複数公演参加の人もたくさんいるでしょうが
私の友人のようなごく普通の人も、1回しか来ない人も
たくさんいるのがMr.Chidrenのライブの特徴だと思います。


innocent world

今日もキーは半音下げ。
そんなことは関係なく、最高の盛り上がり。

今日は銀テープ飛んで来るかな?と淡い期待をしていたのですが
見事に我々のいるエリアは銀テエリアの狭間で
欠片も飛んできませんでした(ノД`)


Starting Over

ツアーファイナル、最後の最後を飾る
今のMr.Childrenを象徴する曲が始まります。

♪何かが終わり また何かが始まるんだ


昨日の終わりにも言っていたほぼ同内容のことを
今日も、昨日以上の気持ちを込めて、言葉にしてくれた桜井さん。

「Mr.Childrenは、本当に、いいリスナー、いいファンに恵まれて、本当に、ラッキーなバンドだなと、感じています。本当にどうもありがとう!」


REFRECTIONツアー、そして、未完ツアーが
終わりました。

初日の私のレポを読んだ方々には、
あんまり満足していなさそうに見えたと思います。
実際、福岡公演が終わった時点では、ライブ全体を
上手く咀嚼して飲み込めなくて、モヤモヤしていました。

最後の大阪2日間で、その印象は大きく変わりました。
セットリストだけ見ていたら何も変わっていないライブでも
2ヶ月で、内容は相当変わっていたと思います。

実際、曲のアレンジがちょっとずつ変更されていったり
スポットの当て方、微妙な照明の角度、銀テープの飛ばし方
様々な部分で、ツアーの進行とともにライブが成長していく
それをはっきりと感じられた、そんなツアーでした。

セルフプロデュースでツアーをするのは初めてなので
だからこそ、目に見える変化も大きかったんでしょう。

最終的には、こんなに素晴らしいライブを届けてくれて
本当にありがとうございました、という言葉しか出てきません。
Mr.Childrenのファンでよかった、そう思います。

今後、どのような形で活動していくのでしょう。
ツアーが終わってすぐ、次の一歩がまもなく、という話が
公式から出ていますので、どうやら休息する暇はなさそうです。


更新が遅くなりましてスミマセンでした。
最後まで読んでくださってありがとうございました。
皆さまの、未完ツアー感想も是非お聞かせ下さい。
コメントお待ちしています。


【2015/9/20 大阪公演セットリスト】

未完
擬態
ニシエヒガシエ
光の射す方へ
CHILDREN'S WORLD

運命
FIGHT CLUB
斜陽
I Can Make It

忘れ得ぬ人
and I love you
タガタメ

蜘蛛の糸
REM
WALTZ
フェイク
ALIVE
進化論
終わりなき旅
幻聴
足音 〜Be Strong

(アンコール)
I wanna be there
蘇生
fantasy
Tomorrow never knows
innocent world
Starting Over

コメント
>くみさん
コメントありがとうございます!
1ヶ月も余韻を楽しめるなんて、いいライブだった証拠ですね~

奇跡、起きてしまいました。
福岡に行ってきます!
2015/10/20(火) 23:22 | URL | レナコ #-[ 編集]
レナコさん。こんばんは。
私もなんとか、20日に参加する事が出来ました。
長居、広島に続く3回目で、広島の時より、なんか、すんなり入ってくるなぁって、3回目だからかなぁーって思ってたんですが、レナコさんのレポを読ませていただいて納得。
微調整してたのですね。

FIGHT CLUBでの桜井さんと田原さんのじゃれあいはたまらなかったですね。
センターでしゃがんでメンバーを待つ桜井さんとか、MCとか、レナコさんもおっしゃってるようにメンバー間の状態がいいんだなと感じましたし、私達ファンに対する愛とか感謝とか言葉にしてもらって、嬉しかったです。
あれから、もう、1ヶ月経つけどまだ、余韻に浸ってます。
特にALIVEの記憶が強く、ドームのアリーナから見るとスモークも流れてルームランナーも見えず、モノトーンの荒野を歩いてる桜井さん。歩いても歩いても状況は変わらず、だけど、途中から、色が入って来て桜井さんも前に進んで行く。っていうのがスゴく合ってて好きでした。

行けなかったファンクラブツアーから始まって、映画、REFLECTIONツアー、アルバム、未完ツアーとずーっとドキドキしっぱなしでした。
そしてつぎの一歩が、zepp。
まだ、ドキドキは続きます。
お互い奇跡がおきるといいですね。
2015/10/19(月) 21:55 | URL | くみ #-[ 編集]
>あかりさん
こんばんは。コメントありがとうございます。

ファイナル公演が本当にとても良いライブだったので
こんなにすぐに、次の予定が発表されなくてもよかったのに・・・
と個人的には感じています。
みんなが参加できるようなものではないですしね。
今回はちゃんと本人確認があるので、宝くじよりは当選確率高いと思います。
会場によってかなり競争率違ってきそうですが、どうなるでしょうか。
何とかあたってくれることを祈るばかりです。
2015/10/18(日) 23:04 | URL | レナコ #-[ 編集]
レナコさん お久し振りです。
未完ツアーレポお疲れ様でした。
私もファイナルに参加する事ができました。
前回が長居でしたので野外とドームの両方を
体験できて、この夏の忘れられない思い出に
なりました。
ドームでは照明がとてもきれいで
タガタメの星空には感動して涙が出ました。

今回はスタンド下段で田原さんの近くだったので桜井さんとのやりとりには思わず悲鳴を
あげてしまって、後で娘にたしなめられました。
素晴らしいライブで、終わるのが寂しくて
ずっと泣いていました。
そんな寂しい思いをしていた矢先の対バンツアーのお知らせに一瞬喜びましたが、
なかなかのプラチナチケットになりそうで
宝くじに当たる位に考えておきます。

エントリーが難しくて手間取りましたが、
何とか申込みが終わりました。
2015/10/13(火) 02:41 | URL | あかり #-[ 編集]
>キミゴンさん
こんばんは。コメントありがとうございます!
熊本からの遠征、おつかれさまでした。

当日券、よかったですね!
当日券販売の窓口を見かけて、公式アナウンスしなくてもやっぱりあるだなぁ
と思ってたのですが、バルコニー席だったんですね。
バルコニー席、下から見ていたらまだ空いている場所もありましたし
正面だけ前売りで売って、微妙な角度は当日の様子を見ながら売るとか
そんな感じだったんでしょうかね。

今回のツアー、当日引換券は外れるのに当日券は大量にあるという現象が
全公演で見られましたけど、理由は謎です。

どうみても転売対策など一切やってないですし、実際、転売し放題でしたし、
ファイナル大阪以外は値崩れしてましたしね。
理由はどうあれ、結果的にキミゴンさんみたいな行動力のあるファンの方に
チケットが渡る当日券はあってもいいと、個人的には思っています。

バルコニーの快適空間であのライブ見れたら、最高ですね♪
幸せな余韻、出来るだけ長く堪能してください~
2015/10/08(木) 23:34 | URL | レナコ #-[ 編集]
No title
レナコさん、こんばんは。
今回福岡初日と広島に参戦し、それで終わる予定だったのですが、日に日にまた行きたいという想いが募って、京セラの最終日の当日引換券を申し込みました。案の定外れたのですが、きっと当日の追加販売があるだろうと思っていたら、19日のみと。ガーンとなったのですが、せっかく宿の予約もできていたので、思い切って熊本から遠征しました。当日券の販売があるかどうかも分からず、恐る恐るスタッフに聞いてみると、あちらの列に・・・と言われ、見てみるとすごい行列。最後尾にいたスタッフが、ここで270人くらいです。と、言っていました。少しでも可能性があるならと、並んでいると、ちょっとずつ列が動いていくではないですか!!購入できたチケットはなんと、バルコニー席。8階でホント見下ろすようでしたが、VIP感満載で、映像もバッチリ見えるし、最高でした。今回、最初がスタンド席、次がアリーナだったので、最後全体が見渡せて非常に満足しています。帰りは規制退場も関係ないですし・・・まだ余韻に浸っています。こんなに当日券があるなんて、転売対策なのでしょうか?
2015/10/08(木) 23:02 | URL | キミゴン #-[ 編集]
>きゅぴさん
こんばんはー。コメントありがとうございます!

バルコニー席、たまにはこんなのもいいかな、っていう感じですよね。
遠いので疎外感はあるけれど、でも、落ち着いて全体を見渡すにはいいですよね。
トイレも専用なので並ばずすぐ行けますしね。

スマホライトは、今の流行りなんでしょうね。
ドームスタジアムクラスの規模でツアーをやるアーティストだと
ザイロバンドのパターンが多いと思いますが・・・
今回のミスチルのスマホライトはとてもきれいでしたしよかったと思いますが
これっきりにしてほしいなぁ、と個人的には思っています。
LEDライトやサイリウムをグッズで売るパターンもありますけど
私の中では、光りモノを手にするのはアイドルのライブだけで十分かなぁ、と。

光りモノよりは、バックステージなり外周に花道作るななりムービングステージ導入するなり
何かしら、ドームスタジアムクラスで後方席の人がテンション上がるような
そんなステージをそろそろ取り入れてもいいんじゃないかとは思っています。

ZEPP福岡のレポ、書きたいです(切実)
札幌ならそれなりの確率で当たりそうな気もするのですが、平日に札幌は厳しいので
どこでもいいので、どこか当たってくれるよう祈るばかりです。

2015/10/08(木) 00:26 | URL | レナコ #-[ 編集]
私も行きました!
レナコさん こんにちは。

レポお待ちしてました(*^-^*)
私も最終日に参戦しました。
バルコニー席だったんですが、以前にレナコさんに教えてもらったようによく見えたし聴こえました♪
客席の歓声が下から湧き上がってくるようだし、銀テが飛べばキラキラの海みたいだし、なかなか良い経験になりました。
でも、やっぱりライブの臨場感を味わうにはちょっと遠いですね・・・(^_^;)

私もFIGHT CLUBのアウトロにやられた一人です。
桜井さんが田原さんをペシッとするところ、かわいい!と思ってしまいました(#^^#)
終始ホントにメンバーが楽しそうで、大阪まで遠征したかいがありました。

スマホライトの演出はこれきりですかね?
とてもきれいでしたよね。
流行りでしょうか。TRICERATOPSがライブハウスで、Dragon Ashが野外フェスでやってるのを観ましたよ。
どんな場所でもそれぞれ感動的な光景でした。

銀テもミスチル史上初だったんですよね?
新しいことをどんどん取り入れてくれるのはワクワクします。
ザイロバンドが配られる日も近い!?

そんなことを考えていたら、早くも次の一歩が発表されましたね。
平日だしZeppだし、なにかとハードルは高いですけど、当たることを信じて申し込みました。
レナコさんの福岡?レポを読めるのを楽しみにしています。そして、私の名古屋を報告できることも!!
2015/10/07(水) 13:43 | URL | きゅぴ #-[ 編集]
>どんぐりさん
こちらこそ、いつもコメントありがとうございます!

今回は映像の細かな部分もかなりこだわりが見られましたよね。
歌詞に合わせて、メンバーの顔、手元、足元をうまく切り替えていたりしてましたし
そしておっしゃる通り、何よりも4人の笑顔が印象的なツアーでした。
そしてみんながメロメロになったFIGHT CLUBの田原さんと桜井さん・・・
今、思い出しただけでちょっとニヤニヤしちゃいます(笑)

そう!幻聴の歌詞、みんなの微笑って歌ってました!!
レポに書くの忘れてました。後で追加しておきます。
本当に大阪2日間は素晴らしいライブでした。

次の一歩、びっくりしましたね。
初めてまともに本人確認があるので、昨年のFCツアーよりは
多少マシかな?とも思うのですが、でもキャパ的に相当厳しいですね。
この面子との対バン、今はライブが楽しくて仕方ないといった様子が伺えます。
どうか当たりますように!
2015/10/06(火) 22:58 | URL | レナコ #-[ 編集]
>かずやせんぱいさん
レポの更新がかなり遅くなってしまったので
誰も見てくれないかと思っていたら、早速コメントが!
いつもありがとうございます♪

いやぁ、あの瞬間のお二人の笑顔にはやられました。
私もその時は、何が起こっていたのかは詳細はわからなかったのですが
自分の見たものと、友人などの感想から総合して書きました。

まだしばらく、この名残惜しさを楽しもうと思っていた矢先に
もう来月に次の予定という発表、やや困惑しております。
しかも相当な狭き門・・・
チケットが取れることを祈りつつ、でも、外れたら外れたで
ツアーの余韻でまだしばらくは楽しめるかなぁ、とも思っています。
2015/10/06(火) 22:45 | URL | レナコ #-[ 編集]
いつもレポートありがとうございます☆
私は、20日に行ってきました!未完ツアー3回目のライブなので、じっくり観れて(←いつもは、わーわー興奮してるうちに終わって、あまり覚えてない…)、気づくことも多かったので、終わったあとにスマホにメモをしてみました(^^)なかなかレナコさんのように、うまくはまとまらないですが、箇条書きでも、自分の感じたことや、ライブの演出で気づいたこと、MCの内容を自分の記憶で記録するのもいいなぁと思いました。間違ってるかもですが。

で、ライブの感想ですが!私も、FIGHT CLUBのアウトロにやられました(*´∀`)すっごい笑顔でしたよね~♪未完ツアーは、ほんとにメンバー全員がいきいきしていて、今のバンドの状態、関係がすごく良くて、楽しんでるんだということが伝わってきました。CHILDREN'S WORLDのメンバーのコーラスとか。あ、あと「あいつは口が悪いから」のとこで、JENさんが映って、桜井さんが笑いながら歌ってるのが、微笑ましかったです(笑)足音は、スクリーンが4分割されて、メンバー全員が映るとこが、なんか好きでした(*^^*)innocent worldでは、花道で桜井さんがしゃがんで、田原さんと中川さんが来るのを見てるのも、ほっこり♪

ファイナルならでは?の言葉では、幻聴で「あたたかな誰かの微笑み」を「あたたかなみんなの微笑み」に替えて歌ってくれたのと、足音の前に桜井さんが「聞いてるぞ、聞こえてるぞー」と言ったあとに、「これからもずっと」って加えてたのが印象的でした☆

京セラドームの2daysは、桜井さんの声の調子もよかったし、ライブも回を重ねるごとに完成されていって、素晴らしかったですね♪
新しい一歩、内容にかなりびっくりしました!行ける可能性は低いですが、こんなにすぐ、またわくわくを与えてくれるとは思ってなかったです。活動が途切れず、さらに新しい方へ向かっていってるのが、嬉しいです(^^)
2015/10/06(火) 00:51 | URL | どんぐり #b2.I9V5E[ 編集]
No title
レナコさんこんにちは。
ファイナルのレポート有難うございます(*^-^*)
FIGHT CLUBのあの一幕で腰砕けになった一人です。が、あまりに遠い席だったので見間違えていたことが分かりました。上手くいってハイタッチしてたとばかりに思ってました・・・笑。詳細が分かってよかったです。
相方さんのセトリの解釈も凄く関心しました。素敵ですね(*^-^*)
今回ツアーが終わった事、とても名残惜しく感じてたのですが、いきなり次の予定が出ちゃいましたね。
行けるチャンスがあることを祈るばかりです。。
2015/10/05(月) 17:46 | URL | かずやせんぱい #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク