世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Live Report】2014/3/22 L'Arc~en~Ciel LIVE at 国立競技場 ライブレポート

2014/3/22
L'Arc~en~Ciel LIVE at 国立競技場





*********1日目のレポートはこちら**********
2014/3/21 国立競技場公演ライブレポート
**********************************




昨日で、どんなライブなのか、全体の雰囲気はわかっているので
2日目の今日は、昨日と違うところや、もう少し細かい部分を
楽しめたらいいなと思いながら、会場に向かいました。

昨日の寒さがかなり身体に堪えたので、今日はタイツやヒートテックを重ね着し
常に持ち歩いている水筒に、熱々のお茶も用意しました。
これで、昨日と同じ寒さまでなら何とか耐えられるはず・・・

今日は、昨日よりは早めに会場に向かい、トイレも時間に余裕を持って済ませ
予めポンチョを着用して、座席にスタンバイ。

今日は、昨日とほぼ同じ角度のサイド席ですが、昨日よりも15列ほど前方。
ちょっと前に来るだけでも、結構景色が違うものです。





オープニング映像が、昨日と少し違いました。
2日間の公演のために、違う映像を用意しているとは。さすがです。

カプセルに入っての登場は同じ。
・・・ですが、一番右のカプセルだけ、何だか小さい。
上部の丸い部分がとれてしまったような形状になってました。
中に入っていたのはken。
特に何事も無く登場しました。
一体何だったんだろう・・・


昨日とは髪の色が違うユッキー。
てっちゃんは、髪は一緒ですが衣装はちょっと落ち着いてました。
けんちゃんは、昨日よりもスッキリした衣装。ちょっと寒そう。
hydeは、今日は白のレーススカーフで顔と頭を覆っての登場です。


昨日はget out from the shellからライブがスタートしましたが
果たして今日は・・・・


( ゚д゚)ハッ!

このイントロは

CHASEじゃないですか!!!

昨日は後半で演奏された曲が1曲目ということは
昨日とセットリストが違うのは、ほぼ確定です( ´∀`)
わくわく。

ここから前半、サブステ移動のところまでの流れは同じでした。
2日目で多少気が抜けているのか、ちょっとミスが多め・・・
hydeの声も、昨日のほうが綺麗に出ていたなぁという印象です。
でも、今日のほうが風が弱いので、音響は昨日よりマシです。


サブステージに移動し、最初に演奏されたのは
なんと、Metropolis!!
イントロでかなりの歓声が上がりました。
2年前の日産スタジアムやUFJで演奏されたこの曲が
ここでまた演奏されるとは。

「君たちは制御されている!」

と、ライトセイバーをかざし、客席のL'edバンドの色を
次々と変化させていくhyde。
昨日は最初うまく行きませんでしたが、今日はパッパッと
気持よく色がかわり、なかなか壮観です。

「これ、気持ちいいね。」

確かに、これだけの景色を自分の思い通りに作れるのは気持ちよさそうです。

「新しい国立競技場の(完成イメージ)、見た?カッコイイよね。あれ、まさに未来世界って感じじゃない?」

というMCから、昨日と同じく、未来世界。

今回のライブ、hydeがこの曲歌いたかっただけのためにやったんじゃないか
と思うくらい、ここへのエネルギーの注ぎ方は凄い。

リハの時に泣いてしまったというだけのことはあります。

サブステージでの最後の曲は・・・
花葬、しかも、アコースティクアレンジ。

(人´∀`).☆.。.:*・゚


サブステージコーナーは、2日目のほうが良かったと思いました。
個人的な好みが大きいかもしれませんが。


昨日と同じようなMCから、新曲へ。

「壮大な映画音楽みたいな、ラルクにしか出来へんような曲がいいなと思ってて。思ってただけで何にも言ってないんですけど、kenちゃんが、思った通りの曲を、作ってきてくれました。いい詞も書けたんで、聴いてください。」

ここで、新曲が、ken作曲・hyde作詞であることが明かされました。
昨日聴いた印象で、hydeの作詞作曲かな~と思っていたので、ちょっと意外。

2日間参加している人も多いので、昨日ほどのどよめきや歓声はありませんが
みんなの新曲への期待感は相当なものだったと思います。

「新鮮なんですよ。やり慣れてないんで。あ、他の曲が飽きてるとかそういうわけじゃないんですけど。」

とにかく集中して、一音一音をしっかりと感じたい。
会場全体が、そんな想いでEVERLASTINGを聴いていたのではないでしょうか。

昨日よりはちょっとだけスクリーンが見えたので、歌詞がある程度わかりました。
2回聴いても、個人的にはピンと来ない感じだったのですが
今日は昨日よりは拍手が大きかったような気がしました。


「最後に、みんなで歌ってください。」


てっきり締めの曲は虹だと思っていたのですが
ラストは、客席みんなでうたうあなた。

風船が放たれ、花火が上がり、ラルクの国立公演が幕を閉じました。


2年前の国立競技場公演があまりに素晴らしかったので
あのときの満足感と比べると、物足りなさが遭ったのは事実。

しかし、1年半ほとんど会ってもいなかったというメンバーが集まり
現在の国立競技場じゃなければ出来ない、ラルクにしか出来ないライブを
しっかりと用意して、我々に届けてくれたことはとても大きなことです。

終演後、新曲EVERLASTINGの完全受注生産販売と、今回の国立公演映像化、
そして、2年前のワールドツアードキュメントの映画化が発表されました。

今後の動きとして発表された内容がこれ、ということは
次の活動予定が全くの未定だと言われたのと同義。
またしばらく、新しい音やライブはおあずけです。

でも、今回のライブを見て思いました。

ラルクはこれでいいんだと。

普段はメンバーそれぞれが、やりたいことをそれぞれのペースでやっていて
何かきっかけがあれば、ライブをやってみたり、曲を作ってみたりして
それをラルクらしい形で届けてくれるんですから。

新しい国立競技場でもライブができたら、という発言もありました。
ちゃんと、ラルクとしての未来が頭にあるということ。

表立った活動をしていない期間は長いかもしれないけれど、きっとこれからも
L'Arc~en~Cielじゃなければ出来ないものを、見せ続けてくれるはずです。




【2014/3/22 国立競技場公演 セットリスト】
CHASE
SEVENTH HEAVEN
REVELATION
GOOD LUCK MY WAY
BLESS

HONEY
winter fall
NEXUS 4
READY STEADY GO

metropolis
未来世界
花葬

MY HEART DRAWS A DREAM
the Fourth Avenue Cafe
X X X
shade of season
DRINK IT DOWN

EVERLASTING(新曲)
Blame
Caress of Venus
Driver's High
Link
あなた
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。