世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

【Live Report】2014/3/15・16 ももいろクローバーZ ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会 ~NEVER ENDING ADVENTURE 夢の向こうへ~ ライブレポート

2014/3/15
2014/3/16
ももいろクローバーZ
ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会
~NEVER ENDING ADVENTURE 夢の向こうへ~



デビューした頃からか、それとももっとずっと前からなのか
“夢”を具現化する場所として、メンバーがずっと口にしてきた場所
国立競技場。

ももクロの5人が、女性グループとして初めてそのステージに立つ瞬間を
現地で見届けてきました。

そして、これまでの夢に区切りをつけることになる2日目の公演は
映画館でのライブビューイングで参加しました。




オーバーチュアーが鳴り響き、モノノフのコールが響き渡ると
いよいよ開演です。

スクリーンにメンバーを紹介する映像が映し出され
聖火台に注目するようアナウンスされます。

聖火台を囲むように作られたセット。
そこから登場したメンバーは、とても懐かしい
ピンク色の、和服風衣裳を身に纏っています。

この衣装で歌う曲といえば、インディーズデビュー曲のももいろパンチ。

そして、2曲目は未来へススメ!

・・・ということは、

次はもちろん怪盗少女。


2曲目で薄々感づいて、3曲目で確信しました。

序盤は、発売順に、シングル曲を全てパフォーマンスするんですね。


シングル曲すべてを一気にライブで楽しめる機会はなかなかないものの
3曲終わった段階で、ライブ中盤までのセットリストが分かってしまうという
いわゆるネタバレされてしまったような気分。

3曲づつくらいで、衣裳は変えていました。

このシングル曲コーナーで特筆すべきは
なんといっても、Z伝説の立木さんのナレーション。
生ナレーションの迫力、そして、まさかの振付ほぼ完コピ(゚д゚)!
迫力ある動きと、素晴らしい声で、曲を盛り上げてくれました。

もう一つは、東響合唱団と共に演奏された猛烈宇宙交響曲。
これもやはり、生は迫力が違います。

残念だったのがGOUNN。
夏菜子ちゃんの歌声が素晴らしくて、発売以来初めて
GOUNNをいい曲だと感じたくらいだったのに
曲の途中でメンバーがステージから姿を消し、
生声から収録音源に切り替わるというあり得ない演出・・・∑(゚д゚lll)ガーン

生声じゃなくなった瞬間にテンションが下がりまくってしまい
ペンライトを振る気もなくなり、呆然と立ち尽くす私・・・

全編通して、この部分が一番いただけない演出でした。


現時点で発売されている最新シングルまでの演奏が終わり、
メンバーの姿はステージ上にはない状態で、スクリーンに映像が流れます。

新曲!

作詞作曲は、なんと、中島みゆき!!!


と、演奏前に、期待感を煽る演出。

これも、出来ることなら、何の先入観もないまま聴きたかった。
GOUNNからの流れで、間を開けずにすぐに演奏して欲しかった。

中島みゆきという情報があるだけで、耳がそういうものだと構えてしまうので
そうではないまっさらな状態で、聴きたかったです・・・残念。

新曲「泣いてもいいんだよ」、私はとっても好きでした。
落ち込んでいる時に、前を向けるような応援ソング。
衣裳もアー写も可愛くて、これは発売が楽しみです。


後半は、盛り上がる曲が中心の構成。

個人的な好み、現地で見ていた1日目よりも
映画館で見ていた2日目のほうが好きな曲が多かったです。


1日目、南国ピーナッツこと松崎しげるさんが
いつものように、愛のメモリーの替え歌で
今年の夏のバカ騒ぎが、日産スタジアム2daysであることを告知。

国立競技場よりもはるかに大きい会場である日産スタジアム。
昨年の夏のライブは、決して成功とは言えない内容でした。

でも、この半年でも、ずいぶん大きく成長しているのが分かります。
きっと今年の夏は、いいものを見せてくれるはず。



2日間を総合して
ももいろクローバー、そして、ももいろクローバーZとして歩んできた
スタートからこれまでの道のりを振り返り、今のももクロを全力で表現し、
これからのももクロへの一歩を踏み出した、素晴らしい内容のライブでした。

歌唱力も、ダンスも、ライブ全体の演出も
見る度に驚くほど成長していて、それでもまだまだ
当然、絶対的な経験値が足りていないし、未熟なのは明白で
細かいところを言えば、改善点はたくさんあります。

それでも、こうして多くのモノノフと呼ばれる人たちが
彼女らを全力で応援し支え、ここまで素晴らしいライブを作り上げられるのは
やはり、ももクロの5人に、そうさせるだけの魅力があるからです。

2日目の最後に、聖火を背に、5人それぞれが語った想い。

特に、最後にリーダーの夏菜子ちゃんが言った言葉が印象的でした。

「今日、なにかサプライズがあるのかなって思ってたんです。でも、何もないままこうして終わって、わかったんです。もう、大人たちは、私達に壁を作ってくれない。これからは、自分たちでやらなきゃいけないって。私達は、天下を取りたいんです。それは、アイドルの天下とか、芸能界の天下とかじゃなくて、みんなを笑顔にする。みんなを笑顔にするところで、私たちは天下を取りたい。」


こうして文字におこしてしまうと、彼女がこの言葉に込めた想いが
ちゃんと伝わらないかもしれませんが、彼女がこの公演中に
こんなことを考えて、そしてそれを言葉にして、私達に伝えてくれたのは
とても大きなことでした。


1つ夢を叶え、また新たな道を進み始めたももいろクローバーZ。
これからもこの5人と、たくさんのモノノフの皆さんとともに
笑顔で一緒に歩んで行きたいと思います。


【2014/3/15 国立競技場公演 セットリスト】
ももいろパンチ
未来へススメ!
行くぜっ!怪盗少女
ピンキージョーンズ
ミライボウル
Z伝説 ~終わりなき革命~
Dの純情
労働讃歌
猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
Z女戦争
さらば愛しき悲しみたちよ
GOUNN
泣いてもいいんだよ(新曲)

DNA狂詩曲
BIONIC CHERRY
PUSH
Chai Maxx
words of the mind~brandnew journey~
いつか君が
ツヨクツヨク
鋼の意志

~アンコール~
仮想ディストピア
堂々平和宣言(新曲)
月と銀紙飛行船
コノウタ
走れ!



【2014/3/16 国立競技場公演 セットリスト】
ももいろパンチ
未来へススメ!
行くぜっ!怪盗少女
ピンキージョーンズ
ミライボウル
Z伝説 ~終わりなき革命~
Dの純情
労働讃歌
猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
Z女戦争
さらば愛しき悲しみたちよ
GOUNN
泣いてもいいんだよ(新曲)

NEO STARGATE
BIRTH Ø BIRTH
黒い週末
Chai Maxx
Believe
いつか君が
灰とダイヤモンド
鋼の意思(with 高見沢俊彦)

~アンコール~
CONTRADICTION
堂々平和宣言
オレンジノート
ももクロのニッポン万歳!
あの空へ向かって
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ 世界遺産を巡る旅

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
趣味 :音楽鑑賞、旅行
趣味の詳細はこちらへ↓
好きなアーティスト一覧
Mr.Childrenライブ参加履歴
自己紹介・旅の履歴

[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク