世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

【Live Report】ももいろクローバーZ ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE2013 8.4 日産スタジアム大会 ライブレポート

2013.8.4.
ももいろクローバーZ
ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013 8.4
日産スタジアム大会




行って来ました日産スタジアム!
昨年の5月にラルクで行って以来、1年ちょっとぶり。
そんなに久しぶりでもないですね。


いつも開演30分前くらいを目指してライブ会場に向かう私が
今日は、昼過ぎには最寄り駅である新横浜に到着していました。


詳細レポを書きたいのですが、時間がしばらく取れそうもないので
写真付きで、4時間半のライブの全容がよくまとまっているこちらを
是非御覧ください。

ナタリー ももクロ6万人日産スタジアムライブに布袋、猫、武井壮

愛情たっぷりな写真付きライブレポに仕上がっています。

さすがナタリー。
ただの一人の観客では、このレポには敵わない。

なので、私は私で、あの場にいることが出来た幸運な1人の観客として
観客目線でしか書けないライブレポを、まとめてみようと思います。






ちょっと時間が経ってしまって、記憶があやふやになってきていますが・・・


早めに会場について、まずは外周をグルっと回ってみました。

東ゲート側には、ライブ映像を流しているモニター車。
そして、ちょっとした飲食ブースに、Quick Japan先行販売テント。

西ゲート側には、たくさんの飲食ブースが出店していました。
そして、少し離れた物販ブースから延びる大行列・・・(゚д゚)

事前物販が合ったにもかかわらず、この行列。

今回の物販、混乱を避けるため、事前申込み制になっていて
申し込みしている人はその指定時間帯に、一般枠は、事前予約組が終わったあと、
と、時間が区切られていたため、行列の長さの割には待ち時間は短く
意外とあっさりとグッズを購入することが出来ました。

事前の準備がしっかりしているのはいいですね。
快適♪


開場までまだ時間があったので、少し駅の方まで戻って
水分を調達しました。

アリーナ席は水しか持ち込めないので、水はたっぷり持っていたのですが
入場するまでに、ペットボトル一本くらい飲みきってしまいそうだったので
ここではスポーツドリンクを購入。
開場周囲に出店してたブースで軽く食料を調達し、日陰でしばらくのんびり。
暑いので、本番までは体力温存しないと。

モニター前では、既に全力で荒ぶっているモノノフさんも多数。
時間とともにどんどん増えていってましたが、みなさんそのテンション、
本番までもつのでしょうか・・・


そうこうしているうちに、開場時間となりました。
外にいても暑いだけなので、早速中へ入ります。

アリーナ席だったのですが、とりあえずステージや客席の全容把握のため
スタンド上段まで行ってみました。

ん・・・・・・?
あれ・・・?

なんか、緑色の地面が見えるんですけど・・・・・・・・

どうゆうことだこれは。

通常、スタジアムで開催されるコンサートでは、芝生のグラウンドの上に
保護用パネルが並べられて、そこにアリーナ席が設けられます。

ですが、今回は、それがない。
芝生はそのままむき出し。
周囲の陸上トラック部分だけパネルが敷かれ、座席が設けられています。
これは、芝生もステージの一部ということなのでしょうか。

そして、ステージ。
なにやら大きなセットが、白い布で覆い隠されています。



私の席は、アリーナBブロック。
ステージ向かって左サイド、10列目くらいでしょうか。
これ、開演して皆が立ち上がったら、芝生部分は全く見えません。
メインステージも角度がかなりあるので、とっても見えづらそう。

もうちょっといい席だと思ってたんだけどな(´・ω・`)
こんなステージ構成だとは思わなかった・・・
というか、アリーナ席で得したと思えてる人って、前から2列分くらいだけじゃないか?
こんなならスタンド席のほうが全体が見渡せてよさそうです。


実際始まったら、案の定、芝生では何が起こってるのかさっぱりわかりません。
角度があってスクリーンも見えづらく、メンバーが今どこで何をしてるのか
分からないことだらけでした。

音と、モニターに映る少ない情報だけでなんとか楽しむしかない
そんな感じ。

映像としてこのライブを収録して上手に編集したら、面白いライブに見えるのかもしれませんが
少なくとも、現場にいる5万人のうちの相当数が、ものすごく残念な気持ちになっているのは
間違いないと思います。


ライブは、その現場がすべてです。
生中継、ライブビューイング、映像作品、それらはすべて副産物です。

反対意見もあるかもしれませんが、ライブというのは、
現場の観客にどう見せるか、どう楽しませるかを一番に考えて
作られるべきだと私は思います。

この日産スタジアム公演が、そういう考え方で作られていないことは明白です。
こんなにも、現場をおざなりにしたライブは、二度とやってほしくない。

私は、規模も出演者も様々なライブをたくさん見てきているので
良いライブも、そうでないライブも、経験したことがあります。
なので、まだ経験も浅い人たちがやる大規模ライブというのは
こんなものかもしれないな、と思えます。
参加したことを後悔はしませんし、次こそはもっといいものを見せてくれるだろうと
期待も持つことが出来ます。

でも、今回が初めてのライブだったり、ものすごく期待感が大きかった人にとっては
今回はイマイチだった、というだけにとどまらず、ライブってそんなに楽しくない、
わざわざ高いお金を払って足を運ぶほどのものではない、と思ってしまったかもしれません。
そういう意味では、大規模であればあるほど、リスキーです。



ももクロが大好きです。
もっともっと、彼女らの魅力を沢山の人に知ってもらいたいし
現場の楽しさを体感してもらいたいです。

今回は本当に残念でした。
でも、いい経験になりました。

次回に期待したいと思います。
頑張れももいろクローバーZ!!










【2013.8.4.日産スタジアム公演セットリスト】
開会式 国歌斉唱(Guiter独奏 布袋寅泰)
overture ~ももいろクローバーZ参上!!~

PUSH (with 布袋寅泰)
サラバ、愛しき悲しみたちよ (with 布袋寅泰)

仮想ディストピア
DNA狂詩曲
Z女戦争
猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
月と銀紙飛行船

~神奈川県立湘南台高等学校吹奏楽部 パフォーマンス~

上を向いて歩こう
ゲッダーン!
ココ☆ナツ

ワニとシャンプー (with 箕輪はるか(ハリセンボン))
5 The POWER

ムーンライト伝説
Neo STARGATE
宙飛ぶ!お座敷列車

ももいろ太鼓どどんが節 [新曲]

上球物語 -Carpe diem-
BIONIC CHERRY

~SOCCER ALL STARS vs Teamバカ騒ぎ サッカー対決~

ピンキージョーンズ
Chai Maxx
キミノアト
バンビーナ (with 布袋寅泰)
行くぜっ!怪盗少女
労働讃歌
走れ!
ももクロのニッポン万歳!


(アンコール)
灰とダイヤモンド
コノウタ
さくらさくら ~ ニッポン笑顔百景
黒い週末
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク