世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Live report】2013/5/23 中島みゆき「縁会」2012~3追加公演 in フェスティバルホール 

2013/5/23
中島みゆき「縁会」2012~3追加公演
in フェスティバルホール 




生きている間に一度は生で聴いてみたいと思っていたシンガー
中島みゆき。

新装開店したばかりのフェスティバルホールで、早速のその機会があることを知り
早々に申し込んだチケットが当選したため、行って参りました。

なんとなんと、まさかの最前列での鑑賞でございます。

旧フェスティバルホールには訪れる機会がないままに閉館してしまったため
私がフェスティバルホールに来るのは、これが初めてです。

とにかく音響が良いとすこぶる評判だった旧フェスティバルホールを
一度も体感できなかったことは悔やまれますが、きっと、この
新しいフェスティバルホールは、さらなる進化を遂げているはず。

そんな場所で、念願だった中島みゆきコンサートを楽しめるなんて。
あぁ、神様ありがとう。



特別ファンというわけでもなく、誰もが知っている有名な曲を
知っている程度の知識しかありません。

そんな私が、このコンサートを観て、聴いて、感じたことは・・・


歌を表現するというのは、こういうことなんだ。
歌うというより、演じるという言葉のほうがしっくりくるかもしれません。
中島みゆきというシンガーが、音楽に乗せて発する言葉は、
人の心を包みこみ、時には優しく、時には少々の痛みや悲しみを伴って
揺さぶる力を持っていました。

一転、MCでは底抜けに明るくテンポのいいお話をされるみゆきさん。
ラジオを聞いたことのある方は雰囲気がわかるかと思いますが
歌とMCのギャップがとにかく激しい。

みゆきさん自ら「ジェットコースターコンサート」とおっしゃっていましたが
まさに、その言葉通り、歌とおしゃべりで大きく乱高下する会場の空気が
とても不思議で、でもそれがとても楽しく心地良いのです。


圧巻だったのは、誰もが知るあの名曲、「時代」。

直近のツアーでやった曲はセットリストに入れないようにしているけれど
この曲だけは、歌いたかったので入れました、というMCがあり
曲の中盤部分から歌い出すアレンジでの演奏でした。

今日のセットリストで唯一、歌い出しで歓声が起こったこの曲。
すべての曲がどれも素晴らしかったのですが、ここだけは
会場全体の空気も含めて、別格でした。

私の拙い文章では安っぽくなってしまうので、このくらいにしておきます。
とにかくすごかったんです。

日本語が理解できる世界中の人に、生で一度は聴いていただきたいです。

アンコールでは、中島美嘉の最新シングル「愛詞」のセルフカバーを披露。
この曲、やってくれないかなぁと思っていたので、本当に嬉しかったです。
そう思って聞き入っていたら、1番と2番の間奏でなんと
中島美嘉ご本人が登場(゚д゚)!
いやぁ、これはびっくりしました。

そのときの様子が、ナタリーに写真付きで掲載されています。

ナタリー:ダブル中島デュエット!美嘉とみゆきが「愛詞」生披露



音楽って素晴らしい。
こういう感動をもらえるから、私は音楽が好きなんだということを
心の底から実感させていただくことが出来ました。


是非みなさんも、機会があれば行ってみてください。
中島みゆきというアーティストの創りあげた世界の中へ。




【2013/5/23 大阪公演セットリスト】

<第1幕>
空と君のあいだに
あした
最後の女神
化粧
過ぎゆく夏

愛だけを残せ
風の笛

<第2幕>
3分後に捨ててもいい(Inst.)
真直な線
常夜灯
悲しいことはいつもある
地上の星
NIGHT WING
泣きたい夜に
時代
倒木の敗者復活戦
世情
月はそこにいる

(アンコール)
恩知らず
パラダイス・カフェ
愛詞(あいことば)(Special guest : 中島美嘉)
ヘッドライト・テールライト
コメント
>ひーさん
中島みゆきさんのライブ、とにかくすごかったとしかいいようがありません。
これはもう、好き嫌いにかかわらず出来るだけ多くの人に
生で聴いて貰いたいと思いました。
こんなことを思ったのは初めてです。

ミスチル沖縄は、特にセトリ変更などはなかったようですよ。
会場が狭く、沖縄という場所なので、ドームからアリーナツアーまで
ずっと使っていた六角形スクリーンのステージセットがなかったとのこと。
沖縄だけの特別な部分は、アンコールで、天頂バスの前に、
終わりなき旅の1番を弾き語りで演奏したそうです。
2013/06/12(水) 01:05 | URL | レナコ #-[ 編集]
お疲れさまです!
中島みゆきさんのライブ羨ましいですね☆
化粧、時代、ヘッドライトテールライトが聴いてみたいですね!良い曲ばかり歌ってるじゃないですか〜^_−☆

中島みゆきさんの曲は、なんか哀愁の中に希望を感じれるような曲が多いのですが確かなんか世界で賞を取ってるくらいやはり素晴らしい曲が多いですよね(*^_^*)

結局ミスチル沖縄は最後まで当たりませんでした!
どういうセトリか気になります!
僕は2013年夏沖縄とかREMとか歌ってくれる可能性があると思って行きたかったです!会場も狭いみたいですし^_^

どうなったか知っていますか?

また、素晴らしいレポ楽しみにしています☆★
2013/06/11(火) 17:19 | URL | ひー #-[ 編集]
>ma3yさん
こんばんは~

旧フェスティバルホールは、一度は行ってみたいと思いながらも
なかなかその機会がないままに、閉館となってしまいました。

中島みゆきさんの歌の持つ本当の力は、CDではわかりませんね。
ある程度分かっていたつもりで行ったのですが、そんなもんじゃなかったです。

ただ上手いだけではないシンガーの歌声は、どこの誰にも真似の出来ない
唯一無二のものであることを痛感しました。
魂を揺さぶる、まさにその通りで、耳で聞くのではなく身体と心で感じる歌・・・
いやぁ、とにかくすごかったの一言に尽きます。

最前列だったので、彼女の仕草・表情もとても良く見えて
本当に素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
ただ、席がスピーカーの目の前だったので、ライブそのものは最高でしたが
フェスティバルホールの音響を感じるには不向きな位置でした。
それを感じるには、クラシックを聴きに行くのがいいのかもしれませんね。
2013/05/27(月) 23:56 | URL | レナコ #-[ 編集]
こんばんは
レナコさんがフェスティバルホールに今まで行ったことがなかっただなんて意外です!
私古いホールはかれこれ5回は行ってます(笑)
自分の専門がクラシックだったこともあるんですが。。
今回はみゆきさんライブに行ってたんですね。
彼女の歌は絶対に生の方が良いです!CDなんかよりライブ。
魂を揺さぶる歌。桜井さんもBank Bandでカバーしてますが、やっぱり彼女の歌は独特で彼女にしかない世界観です。
そんな方のライブを最前列で見れたことは羨ましいとしか言い様がないですね。とっても良い時間を過ごされた事と思います。
自分の仕事の関係上というのもありますが、これからもずっと応援したいアーティストの一人です。
2013/05/27(月) 18:55 | URL | ma3y #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。