世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

【ネタバレ注意】2013/2/10 Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour in 静岡エコパアリーナ ライブレポート

2013/2/10
Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour
in 静岡エコパアリーナ



****ドーム公演のライブレポはこちら****
2012/12/15 京セラドーム大阪
2012/12/16 京セラドーム大阪

***********************************




2012年末からスタートした[an imitation]blood orangeツアー。
全く予想もしなかった中止・延期公演などもありましたが
ドームツアーから少し時間をおいた2013年2月10日。
いよいよ今日から、アリーナツアーが開幕します。

中止になってしまった福岡ドーム公演が、私にとっての2013年ライブ初め
になる予定でしたが、延期公演も参加できなかったため、
今日がようやく、2013年最初のライブです。


宿泊する浜松のホテルに荷物を預け、会場であるエコパアリーナへ向かいます。
最寄り駅は、JR東海道線愛野駅。

この場所に来るのは、2001年POPSAURUS初日公演以来
実に11年半振りです。

当時は、スタジアム以外に何もなかった会場周辺には
少しだけ、スーパーや喫茶店などができていました。

しかし何だこの強風。
めちゃくちゃ寒いじゃないか・・・

まずは、アリーナツアーで追加されたグッズを買うため
グッズ売り場へ。

ツアーロゴT、白黒全サイズ売り切れ・・・orz
既に開演1時間前という時間だったので、仕方ないですね。
しかしこれ、そんなに人気だとは思わなかった・・・。

パンフレットも買うつもりだったのですが、30cm□のサイズは
大きすぎてカバンに入らない事がわかったので、今日は断念。
結局、リストバンドの黒だけを購入しました。

明日はちゃんと大きな袋を用意して、もう少し早めに来ることにしよう。

友人と合流し、沖縄公演に向けての決意表明(笑)をしたところで
寒いので場内に入りました。

2001年、2004年の沖縄公演に一緒に行った仲間たちです。
今回も、みんなでわいわい行けたらいいなぁ。

さて、初めてのエコパアリーナ。
なるほど、ステージ正面側にスタンド席がないんですね。
座席は、アリーナ席と両サイドのスタンド席のみ。

機材はアリーナ後方の中央部に固められているので
機材が邪魔で見え難い席というのはなさそうです。

今日は、アリーナの後方席。
目の前の席とその前の席、私の視界を遮る位置に
背の高い男性が来てしまいました・・・(ノД`)シクシク
肩越しに、正面スクリーンはかろうじて見えます。
ステージの両サイドも、隙間から何とか見えそうです。

今日は視覚的には恵まれていない位置なので、
音をしっかりと堪能しようと思います。






**ネタバレ注意!!!**






**2/16 詳細ライブレポUPしました**



開演予定時刻18時。
場内アナウンスが入り、まもなく照明が落とされました。

アリーナツアー、開幕です。




オープニング映像は、ドームの時と同じものでした。
やっぱり今回は、別ツアーではなく、あくまでも
アルバムツアーの続き、という位置づけのようです。

果たして、内容は変わるのか・・・?

オープニング映像が同じということは、つまり
1曲目、くあの演出はアリーナ公演でも行われるということ・・・。


過去と未来と交信する男


映像の最後に、スクリーンに映し出されるのは、トランプのJOKER。
黒いマントをかぶり、顔は暗い影で描かれたJOKERと
同じスタイルの人が3体、水晶玉を囲んで座っています。

スクリーンに映しだされたマントの男たちの顔。
その中のひとりが、ヘッドマイクをつけて歌っている桜井さん。
あとの2体は人形のようです。

床が回転しており、3人が水晶玉を囲んでゆっくりと回転しています。

曲の終盤で、3人が立ち上がり、床の回転が止まります。
その時、中央にいるのが桜井さん。

曲の最後で、マントだけを残して中身が消えるイリュージョンは
ドームの時と全く同じ演出。

この曲、普通にカッコよく演奏して欲しかったんだけどな(´・ω・`)

消えたということは、2曲めも・・・・


LOVEはじめました

1曲目で消えた後、ドームでは、センターステージ近くの花道から登場していましたが
アリーナでは、センターステージがありません。

どこから登場するんだ?と思っていたら
田原さんサイドの花道から、マントを着た状態で登場しました。

アリーナツアー初日、ノリノリです。
桜井さんの喉の調子が絶好調、とは言い難い感じではありましたが、
バンドの調子は絶好調。

やっぱり、アリーナの規模はいいですね。
同じ曲、同じアレンジでも、ドームで聴いたのとは全く違う印象を受けます。


worlds end

そうかぁ、やっぱりドームと同じなのかな。
そんなちょっとした残念な気持ちがあったのは事実ですが
ドームの時はあんなにも何も感じなかったこの3曲が
なぜかこの会場では、とても心地よく響いてきます。

ドームでは、ここで、あのペイントを施したオレンジギターに
持ち替えていた桜井さんが、ブルーフラワーのエレキを持ちます。

お、End of the dayじゃない!?

♪僕はつい・・・ 

NOT FOUND
おぉぉぉぉキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!
NOT FOUND、いい!!!

ドームでは、アコギでサビ始まりのEnd of the dayだったこの位置。
接続がものすごく不自然で、全く入り込めなかったのですが
このNOT FOUNDは、worlds endからの流れからすごく自然で
めちゃくちゃカッコよく決まっていました。

会場と、たった1曲のこの変化が、
こんなにも大きな違いをもたらすものなのか。


「気持ちいいぃぃぃ!!」

さほど絶好調でもない状態で、こんなに楽しそうに演奏する
桜井さんを見たのは、初めてかもしれません。

「静かなのも、一体感ってあるんだね。」

演奏終わりの拍手から、MCが始まるまでの少しの間に
短い静寂があったのですが、そこに一体感を感じたようです。

静寂に一体感、これは新しい。

「これまで、ドームでやってて、アリーナ会場でやるのが本当に久しぶりで。お客さんこんなに近いんだね。」

年末、さいたまスーパーアリーナ公演があったはずなのですが
おそらく、日本で一番キャパの大きなアリーナなので
感覚としては、ドームに近いのかもしれません。

とっても嬉しそうな笑顔( ´∀`)でのこの言葉。
お客さんと近いことが、嬉しい、楽しいと感じられているってことですよね。

客側としても、ドームやスタジアムと比べたら
アリーナ会場のほうが、音楽が近くに感じられて
大きな会場でよくある、」座席位置による「疎外感」や
「時差」「温度差」がなく、圧倒的に楽しいです。

客席からの拍手が収まったところで、この次の発言もまた
久しぶりのアリーナ公演ならではのものでした。

「拍手がね、拍手に聞こえる。」

客席にいる私でさえも、これは感じていました。

「何言ってんだ?って思ったでしょ?ひとりひとりの、拍手の音の輪郭が、はっきり聞こえるっていう、そういう意味です。」

ドームだと、4万人の拍手が重なり合い、さらに、ステージ近くと遠くでは、
音が届くまでにかかる時間に差が生じてしまいます。
音が干渉しあっていて、全体で「拍手」ではあるんだけれど
手を叩いている音、ではなくなってるんですよね。

でも、アリーナだと、それが、一人ひとりが手を叩いている音に聞こえるんです。
拍手の音の輪郭という表現、なるほどと思いました。

「まだまだ寒いですけど、これから、春になって、もうちょっとしたら温かい穏やかな風が吹いたりして。そんな、季節をちょっと先取りして、そんな温かい風を思い浮かべながら、聞いてください。」


この紹介だと、ドームの時とは曲が変わっていそう。
これからの季節、春夏に向けたような曲、何だろう?

♪コスモスの花言葉に揺れながら


花言葉

春夏どころか、まさかの秋だとはw
季節感はともかく、シフクノオトツアー以来久しぶりの演奏です。
好きだー(´∀`*)
このセトリ変更は嬉しい(´∀`*)

靴ひもも大好きな曲ですが、何となくしっくり来てなかったドーム公演。
アリーナでの靴ひもも良かっただろうなぁという思いもなくはないですが
この、暖かく包み込むようなやわらかな花言葉という曲が
ライブ序盤の空気を、まろやかに演出してくれます。

そしてそして、この空気をさらに一層輝かしく演出したのが
次のこの曲でした。


やわらかい風


うわぁお!
マジでぇぇぇぇヽ(=´▽`=)ノ

ライブ初披露です!!
まったりとした優しい曲で、インパクトはないですが
HOMEツアーでは披露されずに早5年、
もう、お蔵入りかと思っていました。

地味なアルバム曲なので、知らない人もたくさんいたと思うのですが
リズムに合わせて、自然と体を揺らして聴き入っている人が多かったのが
印象的でした。


抱きしめたい

何度も何度も聞いているこの曲を、ただただ、「いい」と思えたのは
ここまでの流れがあってこそ。

一つ前の曲が、次に演奏される曲に与える影響というのが
聴いている側にとっては、ものすごく大きいんだということを
ここで改めて実感しました。

最後の高音、ちょっとかすれ声でしたが、それもまた良い味として
すっと受け入れられるのが、今日のこのライブ。

セットリストは変更がありましたが、基本構成の軸は変わっていないので
ドームの時と同じこのタイミングで、2回目のMCコーナーです。

「([an imitation]blood orange)、みなさん、聴いていただけたでしょうか。」

実際の所、ほとんど聞いてないだなんて言えない・・・スミマセン(^_^;)

「メンバー全員、すごく気に入っていて。レコーディングもすごく楽しかったんですが、もう、レコーディングが終わってしまういそうなときに、ダビングも、み~んな終わっちゃって、でも、この、情熱を何かにぶつけたいと思って。そこで、この、ギターを購入しました。」

オレンジギターの紹介も、ドームの時と同じですね。

「絵を、このギターに描いて、その、情熱を表現しようと。まず、一番に心がけたのは、さわやかさ(笑)・・・さわやかかなぁこれ?」

オレンジギターにカラフルなペイント。
爽やかな印象は、残念ながら受けません(笑)

「いろんな色でカラフルにかわいらしさ。ほら、さり気なくミッキーが描いてあるんです。」

スクリーンに、ギターのペイントがアップで映し出されます。
blood orangeの文字をモチーフにしたペイント部分の一部に顔が描かれていて
ミッキーっぽくなっていたんですね。ここで初めてちゃんと認識できました。

「こんなのミッキーじゃないって思ってるでしょ。これ、中国のやつだから(笑)著作権とかフリーのやつ。」


中国のってwww
中国のあれよりは、かわいく描けていると思います(笑)

「あと、これ、マニキュアで描いたんです。ドラッグストアで、マキアージュを中心に(笑)、お世話になってます、お世話になってますって思いながらカゴに50本くらい入れて。どんな変質者だよって思われる感じで。そんな、女性の体に塗る道具で描いたというエロス!」

この話、回数重ねるごとにいい感じにまとまってきていますね(笑)

「あとは、残酷さや冷酷さ、そんなものも描きたかった。続いての曲は、そんな狂おしいほどに情熱的なラブソングをお届けします。」


Surrender

桜井さん+田原さん+小林さんの3人で演奏は、ドームと同じアレンジ。
田原さんのコーラスも健在ですヽ(´∀`)ノ

あれ、でも、何だかドームの時ほどしっくりこない。
ちょっと、タイミングが微妙にずれているというか、そんな違和感。
コーラスはほんのちょっとだけ、ギターは完全にズレてました・・・
ここはきっと、ツアーを進めていくごとにどんどん良くなっていくはず。


Pink~奇妙な夢


常套句

ここは、ドームの時と同じ流れです。
常套句のCメロ、

♪嬉しさと 悲しみの間を揺れてる 狂おしいほど

は、さすがにちょっと辛そうでした。
まだ本編中盤。大丈夫でしょうか・・・

結論としては、そんなのはいらぬ心配だったわけですが。


CENTER OF UNIVERSE

あれ、セットリスト変わってない気がするのに、なんだろうこの違和感。

あぁ、そうか。
ドームの時は、ここにpiecesがあったんだ。

ドームと違う、という違和感はありましたが、
しっとりとした常套句の後に、場を温める役割を果たす曲が来るのは
むしろ大歓迎。
ここは、この方が断然いいと思いました。


擬態

待ってた\(^o^)/
これですよ。これこれ。
CENTER OF UNIVERSEで徐々に暖まった会場の空気が
ここで更に熱気を増していきます。

なぜドームではやらなかったのかが謎なほど
しっくりきてるじゃないですか。


fanfare

そしてそしてその熱気が爆発するのがここ。

原曲からは半音下げて演奏されるようになって3年経ちますが、
今や、何の違和感もなく盛り上がれる曲に仕上がっています。


「盛り上がっちゃったねぇ。大丈夫!?」


それはこっちが言いたい台詞です。
桜井さん、めっちゃ息切れしてます(笑)


「メンバー紹介します!音の司令塔小林武史!」

まだちょっと息切れした状態で、メンバー紹介を始める桜井さん。

「マグマのように熱い、情熱と音圧、ノロウィルスには負けましたけどw 何よりも、顔で歌うドラマー、鈴木英哉!」


髪を掻き上げての流し目カメラ目線のJENさんww
これはもしや、現在ブレイク中のグラビアアイドル、壇蜜を意識してる?(笑)

「低音のメロディーメーカー(低い声で)中川敬輔!」


軽い会釈だけの、控えめなナカケー。

「音と響きの求道者、田原健一!」

ナカケー、そして、田原さんを紹介し、田原さんがスクリーンに映しだされます。

「こんばんは。」

言葉を発した途端に、拍手が盛り上がり過ぎて
次の言葉が言えない状態になってしまい、苦笑い。
いやいやいや、という感じで手を横に振る田原さん。

「紹介します。誰よりも音を愛する、天才、桜井和寿」


ここで起こる大歓声は、桜井さんに向けられてるのか
はたまた田原さんになのか、どっちなのか分からないw

「天才っていう言葉が、大好きです(‘∀`)」

冗談っぽくも、実は本気で言っているような気もしますね(笑)

ギター始めたきっかけが、お姉さんに言われた
「あんた天才なんじゃないの」
という一言だったというエピソードを、昔どこかで語っていた記憶があります。

こんなことを言うもんだから、客席からは

「天才―!」

という掛け声が飛び交います。

「いやいやいや、別にほしがったわけじゃないんだよ(笑)気を使わせてしまいました、すいません(笑)」

いやいや、欲しがってましたよ(笑)
この話の流れで客席から何の声もなかったら、それは寂しいですよね。

ここのMCの内容は、ドームの時とほぼ同じです。

「今回のツアー、この、六角形のスクリーンを背負ってやっているんですが、今から、このスクリーンを、この、静岡エコパアリーナの窓だと、イミテーションの窓だと思って見てください。皆さんを、いろんな場所にお連れしたいと思います。まずはこの場所。」


色とりどりの熱帯魚やサンゴが見える海の中。
水族館のような景色です。

続いては・・・

(♪ちゃらっちゃらちゃちゃ~)

この音だけでもあの街を連想します。

夜の街に明るく輝くネオン、華やかなビルの数々・・・
そう、ここは眠らない街、ラスベガス。

ここで流れていたのは、皆さんきっと聴いたことがあるこの曲です。


華やかな夜の街から一転、次に映しだされて景色は
空?なんだか建物も見えます。
どこかで見たことのあるような光景です。

カタカタカタカタ・・・・

ジェットコースターで、最初のレールを登っているところのようです。

やばい、これ。
しっかり見ていたら酔ってしまう。

絶叫マシーンが大の苦手なワタクシ、
この映像は、目を背けさせて頂きました・・・


ヒュ~ どーん

目を背けていたら、いつの間にか次の映像に変わっていました。
夜空を彩る花火。
花火が花開く高さと同じ高度で見ているかのような
迫力のある花火の映像です。

「この映像好きなんだよ。ずっと見ていたい。」

海、ラスベガス、ジェットコースター、花火の映像が流れましたが
このスクリーンで見る映像としては、花火が一番良かったです。

そして、最後に、映し出されたのは・・・

道路?橋?街灯に照らされて薄っすら明るいこの景色・・・

あまりにも何もなく、目印になるようなポイントもないので
ここはそういう映像が来るんだと知っていなければ、気付けないと思います。

「リアクションが薄い(笑)ここ、歩いてきた人もいるんじゃない?これは、ここ、静岡エコパアリーナの外の映像です。」


たまたま道を歩いていた人が、ちょうどこのタイミングで
スクリーンのど真ん中をまっすぐゆっくり歩いて行くところが映り込み
場内では笑いが起こります。

「水族館や、ジェットコースター、花火と比べたら、現実の風景は殺風景ですけど。そんな日常の風景からも、笑顔が生まれることもあって。そういう曲です。」

どうしてもここの台詞が正確に思い出せない・・・
こんなニュアンスのことを言っていたのは確かなのですが。
どなたか補足お願いしますm(_ _)m



イミテーションの木


ドームの時は、前振りの映像が、海、青空、星空だったんですが
それよりは、どちらかと言うと現実味のある映像と音で
イミテーションの窓が表現されていたのは良かったです。
曲のアレンジや演出映像は変わらないですが、全然印象が違います。

最後は、六角形のスクリーン全てでイミテーションの木が映し出されます。
鮮やかな緑色で照らされたステージ。爽やかで清々しい気持ちになります。

ここからようやく、アルバム曲のお披露目です。
公演がスタートして1時間半が経過していますが、ここまで
blood orange収録曲はまだ2曲しか演奏されていません。


pieces

ドーム公演では常套句とCENTER OF UNIVERSEの間に入っていたこの曲。
あの時は、好きな曲なのに、何だか唐突で、いまいち入り込めなかったのですが
今回は大丈夫。

この位置で演奏されることで、より輝きを増したように感じました。
でも、ちょっと声はかすれ気味。


Happy Song

最初の頃は、客席側に戸惑いが見られたこの曲も
ドーム8公演を経て、大きく進化したようです。
ようやく、ライブならではの一体感を感じられる状態になったというか・・・
頭を空っぽにして楽しめて、まさにHAPPYになれる歌です。


hypnosis

今日の桜井さん、絶好調とは言い難い状態だったので、
ヒプノはちょっと辛いかなぁ、なんて思っていたのですが・・・

あれ、全然大丈夫じゃないですか。
さっきかすれていたのは何だったんだ。

この曲は、桜井さんの歌の力あってこその曲。
ライブで聴けるのがとても幸せです(‘∀`)


End of the day

ドームの時は序盤で演奏していて、今回はそこにはなかったから
てっきり省かれてしまったのかと思っていました。

演奏してくれてよかった。
ここではオレンジギターは使わないんですね。


さて、中盤過ぎるまではアルバムツアーとは思えないセットリストだったわけですが
終盤に差し掛かって、立て続けに5曲、blood orange収録曲が演奏されました。

ここで思ったのは、このアルバムは、パーツをばらして他のものと組み合わせた時に、
うまく組むのがとても難しいんだということでした。

ドーム公演の時のちぐはぐ感は、パーツが噛み合っていなかったせい。
MCで一旦流れを区切って、その後でこうしてまとめて演奏するのが
このパーツたちを一番生き生きと表現出来るのではないかと、
そう感じました。


innocent world

これは嬉しい予想外。
新人たちがいい仕事をしたこのタイミングで
大御所イノセント様のお出ましです(`・ω・´)ゞ
SENSEスタジアムツアーの後半辺りから、客席の悪ノリがひどくなっていたので
しばらくはお休みしていてもらっていいかなぁ、なんて思っていたんですが。

こういう定番曲は、必要なんですよね。
アリーナ規模だと、各々がその音に反応して自然と体が動く状態が保てていて
悪ノリが伝染することもなくて、ホッと一安心ε-(´∀`*)


エソラ

初登場以来皆勤賞のエソラくん。
ライブアレンジも照明・映像演出もほぼ定着してきましたし
そろそろお休みしていただいても大丈夫ですよー

と、言いたいところではあるのですが。
何だかんだ言っても、盛り上がっちゃいますからね。
きっと、演奏している側がすごく気持ちよくて楽しいんだろうなぁ。

Marshmallow day

期待の新人が登場!
個人的には、腕を上げたり手拍子したりというよりは
全身でリズムを刻みながら踊り狂いたいのですが
両サイドに人がいる指定席では無理なので、小さめに(笑)


イノセント、エソラ、マシュマロという怒涛の盛り上がり曲で本編が締めくくられました。


ただただ、楽しいっ!
という、こういう感覚で締めくくられるのは、ミスチルライブでは初めてかもしれません。

いやぁ、楽しいです。
ミスチルのライブが楽しいなんて、相当久しぶりです。

アンコールは、どうだろう。
あの曲は、やってくれるかな。


「アンコールありがとうございます。これから、長い皆さんの人生、いろんな壁があると思いますが、その滑走路を・・・・」


桜井さんの口から、「滑走路」という単語が出たその瞬間、

え、まさか、跳べとかやっちゃう!?

っていうのが頭をよぎったのですが

「熱く、ハッピーに熱く、そしてハッピーに、熱く、ハッピーに、天国まで進もう、っていう曲をやります。」

と、ドームの時と同じ台詞が続き、ほんの一瞬だけ膨らんだ私の期待は
即座に崩れ去りました(笑)


天頂バス

天頂バスは、ここでもやって欲しい曲だったので、なくなってなくてよかったです。
でも、一瞬期待してしまった跳べも聴きたかったな・・・


HERO

ここは同じ流れですね。
映像も作りこまれているので、変える気無いだろうとは思うのですが・・・

赤を基調として照明で照らされているのを見ていて、唐突に思ったんです。
ここが、HEROでなく少年だったら、私的にものすごく熱いセットリストになるのに。

そんな妄想をしているうちに、あっという間の最後の曲。

「どうもありがとう。それじゃ、最後の最後に、この曲をお届けします。」


祈り ~涙の軌道

聴きたい人がとっても多そうな曲なのに、
なぜかドームでは演奏しなかったこの曲が
アリーナ公演の最後を飾ります。

[(an imitation)blood orange]ラストソングとして、
これほどふさわしい曲は、他にないのではないでしょうか。

力が入り過ぎることもなく、でもしっかりと想いの乗ったその演奏が
アリーナツアー初日公演を、見事に締めくくりました。


エンデイングBGMはHAPPY SONG。
ステージから去っていくメンバーをよそに、音楽に合わせて
変な踊りを最後まで披露していたJENさんなのでした(笑い¥)


アリーナツアー初日公演が、無事、終演しました。

ドーム公演で演奏された曲のうち、5曲がセットリストからはずれ、
新たに6曲が入った計24曲。
曲順もちょっとだけ入れ替わって、でも、大筋は変わらなくて。

それだけで、こんなにも印象が変わるもんなんですね。

あくまで個人的な印象ですが、
ドームの時は、曲と曲の繋がりがしっくりこない部分が多数あり
全然気持ちが乗らないライブでした。

私、もうこの先ずっと、ミスチルに熱くなることないんじゃないかと
そのくらい、心が全く動かなかったのです。

それが一転、このアリーナ公演の3時間弱の時間は、本当にあっという間でした。

本当に本当に久しぶりに、心から、ミスチルのライブが楽しかったです。

いつもライブレポを読んでくださっている方には
え?今までのライブは楽しくなかったの?
と思われてしまうかもしれませんが、全く楽しくなかったわけではないんです。
ただ、どうしても、もっとこうして欲しかったとか、あれがなければ・・・とか
小さな不満点がいくつもあることが多かったんです、。

でも、今回は、その不満点がほとんどありませんでした。
これほどまでに、バチっとハマったライブを観たのが
本当に久しぶりだったんです。

私のミスチル愛、冷めてなかったみたいです(´∀`*)


明日も全力で楽しんできます♪





【2013/2/10 静岡公演セットリスト】

過去と未来と交信する男
LOVEはじめました
worlds end
NOT FOUND

花言葉
やわらかい風
抱きしめたい

Surrender
Pink~奇妙な夢
常套句
CENTER OF UNIVERSE
擬態
fanfare

イミテーションの木
pieces
Happy Song
hypnosis
End of the day
innocent world
エソラ
Marshmallow day

(アンコール)
天頂バス
HERO
祈り ~涙の軌道
コメント
>匿名さん
マリンメッセ2日目、桜井さんの喉の調子がすこぶる悪く
祈りとpiecesがカットされてしまった公演ですね・・・

祈りは、POPSAURUS2012の時と同様、特別なアレンジはなく、
ほぼ原曲通りの形で演奏されています。
2013/03/26(火) 00:15 | URL | レナコ #-[ 編集]
乙です
ライブレポありがとうございます。

祈りはPOPSAURUSと同じでしょうか?僕はマリンメッセ2日目だけの参戦で、祈りとpiecesが聞けませんでした。piecesはドームで聞けました。

どなたか祈りのアレンジを教えてください。
2013/03/25(月) 18:57 | URL | 匿名 #-[ 編集]
>うみっちさん
レポ読んでいただいてありがとうございます♪

曲順って、ホント大事なんだなぁと思いました。
同じ曲でも、演奏する順番だけで印象全然違いますね。
やわらかい風、確かに野外で聞いてみたいですね。

ここまでの公演の動向を見ている限り、和歌山の金曜日の方
譲ってくれる人がたくさん出現しそうな予感です。
2013/02/27(水) 00:31 | URL | レナコ #-[ 編集]
No title
バタバタしてまして…詳細レポやっと見れました!笑

やっぱり曲の順番って大事ですね!
花言葉→やわらかい風→抱きしめたい これを聞けるのが本当に羨ましいです
欲を言えば、やわらかい風が吹く野外で聞いてみたいですが!笑

和歌山参戦できるようにがんばってみます(´・ω・`)
2013/02/25(月) 20:17 | URL | うみっち #-[ 編集]
>チルさん
こんばんはー♪

ドームが個人的にイマイチだったので、あんまり期待せずに静岡に行ったのですが
とってもよかったです。

私の友人は、チケット無しで静岡まで遠征してきていましたが、
当日会場で、チケットを譲ってもらってライブに参加していました。
当日券も、ほんの少しだけあったようです。

無謀な行為ではあるので誰にでもオススメは出来ないですが
チケットがなくても、とりあえず会場まで行ってみると
ライブに参加できるチャンスが巡ってくることがあります。

沖縄は、チケットがあろうがなかろうが行ってしまうつもりです(笑)
チケットが取れればライブに参加し、取れなければ沖縄旅行を
思いっきり楽しんでこようと思ってます!
2013/02/21(木) 23:19 | URL | レナコ #-[ 編集]
お久しぶりです(^^)ノシ
毎回ありがとうございます☆
今回アリーナは全部外れちゃったので、セトリだけでも…と思いました
でもやっぱり行きたいッ!
♪花言葉・♪擬態…聴きたいです(>_<)

レナコさん、沖縄行けるとィイですね(^-^)v
2013/02/21(木) 13:04 | URL | チル #-[ 編集]
>たくりひママさん
私が想像していた以上に大変な事態に巻き込まれていたのですね。
本当にお疲れ様でした。
冬場の雪国は、そういうリスクも想定しないとダメですね。

とっても親切な方に、チケットを譲っていただけることになりまして、
次回は、徳島に行ってきます!

まだ静岡公演のレポもUP出来てなくてゴメンナサイm(_ _)m
もうちょっとで完成しますので、もう少しお時間くださいませ。
2013/02/20(水) 00:00 | URL | レナコ #-[ 編集]
No title
そうなんですよ!高速が通行止めで酷い目に遭いました…。

万が一に備え、早めに出たのに関越道、しかも一番ありえない、通行止めにしちゃだめな
群馬と新潟の真冬の雪山峠越え…!!!子供さえ連れて行かない苗場スキー場をただの通過点にするという…。コンビニすら寄る時間を惜しんで腹ペコの状態で、間に合いたい一身でひたすら走らせました↓↓↓

うちはスタッドレスをはいていたのでまだよかったのですが、
吹雪の中、大宮や野田ナンバーが悪戦苦闘しながら路肩でチェーンをつけてるのを見ると、
ついライブ参戦者じゃないのかと思い、こんな思いをしても行きたいよね…間に合いますように(自分達も間に合うか微妙な所でしたが)と窓越しに心配していました…

いつもは1時間もあれば通過できる区間を
視界最悪の雪山を迂回、除雪車が前にいてノロノロ運転の為、結局3時間程かかりました…。

峠越えのない地域からの参戦は問題ないかもしれませんが、真冬の新潟公演は要注意だな、と。
何とか間に合ったから良かったのですけど、もうこりごりです…



それはさておき、レナコさんの次の参戦予定はどちらですか?
またレポ楽しみにしてますね♪


2013/02/18(月) 09:51 | URL | たくりひママ #-[ 編集]
>たくりひママさん
新潟お疲れ様でした!
そして詳細レポ、ありがとうございます(`・ω・´)ゞ

やっぱり新潟は寒いんですね~。
吹雪いているだの、関越道が雪で通行止めだの、そんな情報を耳にして
新潟公演参加予定のみなさんは大丈夫だろうかと心配しておりました。

朱鷺メッセ、スタンド席がなくて見辛い会場なんだろうと想像していましたが
なるほど、その構造特有の一体感が生まれるんですねぇ。
レポから、とても楽しそうな様子が伝わってきました。
ありがとうございます♪

関西からだと、どうやって行っても時間とお金が相当かかってしまうので
遠征場所の候補にしていなかったのですが、一度行ってみたくなりました。
2013/02/18(月) 00:29 | URL | レナコ #-[ 編集]
16日新潟参戦してきました☆
日中の気温が0度以下の新潟は、覚悟してた以上に寒く、
ガッツリ着込んでおいてよかったと思いましたが、
もちろん朱鷺メッセ内は温かいし、会場内はTシャツの方もちらほら出るほど熱かったです!
桜井さんも最初のMCで
「新潟は寒いから厚着して会場入りしてくださいといわれてここに入りましたが、この会場…
(声を裏返して)あ つ い !!!(爆笑)
そして(またまた裏返して)酸素が う す い !!!(爆笑)
さては!僕が歌う分の酸素まで吸ってるでしょ!」と言って会場を沸かせてました。

朱鷺メッセはスタンドや二階席がなく、オールアリーナなのでその事に触れ「一体感がすごい!すげーよ!」と言ってましたね。これはアリーナならではの一体感でもあるな、と。石川の会場でもオールアリーナは経験してますが、そこよりはるかにまとまっているし、盛り上がってましたねー。
これは近年のチケットのとりずらさもあり「せっかく参加出来たんだから盛り上がらなきゃ損」的なカンジも合わさってるのかも…てな勘ぐりもしております。
私自身は前横ほぼ真ん中辺りだったからか、音もよかったし凄く胸に響いたし、本当に楽しかったです♪
レナコさんのライブの様子と照らし合わせて、大体は同じですが、
違ってた部分は、エソラの歌詞の「♪降水確率は上がっている~」の部分が「♪降雪確立は上がっている~」に変わってたのが あ~新潟ならではだな、って思いましたね。後、六角形の映像のところのラスベガスのカジノが「チャラッチャラチャラ~ン」の時に桜井さんがカジノを指差して「あ!叶姉妹?!」と細かい笑いを誘っていました。
今日はとても声が出ていて伸びやかな歌声で、心配だったヒプノシスも
完璧に唄いこなされ圧巻で、心の底から拍手を送りましたよ~。
HEROの裏声を使い分ける箇所は、若干ですが辛そうではありましたが、
問題ない範囲でした。最後の祈りまで歌い上げ、非常に素晴らしかったのですが、感じたのはだいぶ喉を酷使してるな…って。
なので、ap中止は私は大賛成なんですよね。楽しみにしていた人達には申し訳ないですが。。。
話が逸れましたが、スタジアムのよーな『スタンド席は置いてきぼり』もなく、音の聞こえにくさもなく、これぞライブ!って心底楽しめるライブでした~。

以上です、キャップ!(敬礼)

2013/02/17(日) 18:15 | URL | たくりひママ #-[ 編集]
>ほしけーさん
こんにちはー。

本当に、この選曲変更と曲順の入れ替えで、こんなにも大きく
印象の違うライブになっていたことに、驚きでした。
イミテーションの木のところのMCで、一旦区切られているような
そんな感覚がありましたね。

鹿児島に行かれるのですね。
どんな雰囲気だったか、ライブ後にお聞かせいただけたら嬉しいです。

2007年のap bank fesは、台風で中止になった2日間分のエネルギーが
1日に凝縮されていて、ものすごい濃密な熱気に包まれたライブでした。

1日で3日分無理やりやったせいか、演奏のミスがとても多くて
DVDには、ミスが目立った通り雨やしるしは収録されませんでしたね。
通り雨、サビの部分の本当に短時間、雨が降ったのを鮮明に覚えています。
この曲は、また、夏の野外で聴きたいです。
2013/02/16(土) 15:45 | URL | レナコ #-[ 編集]
レナコさん、お久しぶりです。年明け以来かな?
と、それはさておき、早速レポを読ませていただきました。
やはり今回のツアーは、2部構成の意味合いが強いですね。
それでも曲順を変えたり、新たに曲を加えることで、こんなにも
全体の印象が変わるのかと。
特に「やわらかい風」は、非常に意表を突かれました。
いつかはやって欲しいと願っていたので、嬉しいですね。
さて、自分は来月鹿児島2日目に参加します。
ライブはもちろん、会場の雰囲気もじっくり楽しみたいと思ってます。ではでは。

P.S. これで「HOME」で演奏されてない曲は、「通り雨」のみとなりましたね。
apフェス'07では披露されたそうですが…
その時のレポも読ませていただきましたが、何となくDVDに
収録されなかった理由が解る気がします。
これもいつかはやって欲しいですね。
2013/02/16(土) 02:24 | URL | ほしけー #MZuJlTXE[ 編集]
>ma3yさん
過去、こんなにチケットが取れなかったことがなかったので
取れないならとれないで、諦めがつくもんなんだと実感しております。

でも、徳島は羨ましいです・・・大好きな会場なので。

スタジアムやドームでのライブが続いていたので、
さほど興味がなかった人がたくさんライブに来る機会があり
わりと最近ファンになったという人が増えたんだろうなぁ、
という気がします。

ツアーがどう成長していくかは私も見て行きたいと思っているので
現状では未定ですが、もう何公演かは参加するつもりです。
当日引換券当たらないかなぁ・・・
2013/02/15(金) 00:30 | URL | レナコ #-[ 編集]
コメントレス有難うございます
そうですよね。今回もチケットなかなか取れなかったですね。私は運良く取れたので良かったですが。。

初めてミスチルのライブに行くっていう人も多かったように思います。というか、行く度そういう人が増えているのも事実ですよね。。
三連休だしアリーナ初日ということもあり、駐車場も他府県ナンバーが多くてここは静岡だよね?と思うくらいでした(笑)

実は初日は、FCチケットでスタンド後方でした。個人的には細かい裏側が沢山見えて良かったんですけどね。
席はホントに運だなと思う今日この頃です。

私は来月のアスティ初日に行ってきます。
ひと月経って、このアリーナツアーがどういう風な味を出すか?どう変化していくか楽しみです。
2013/02/13(水) 19:03 | URL | ma3y #-[ 編集]
>ma3yさん
お疲れ様でしたー!
私は、1日目がアリーナ、2日目がスタンドからでした。
このセットリストの変更は、素晴らしい変更だったと私も思います。
ライブ全体として、すごく自然なメリハリが生まれるセットリストに
生まれ変わっていると感じました。

2日目は本当に演奏が素晴らしかったですよね。
今回は、チケットもなかなか取れなくて、参加回数を減らすつもりなのですが
良いライブを見ると、たくさん行きたくなっちゃいますね。

現状、チケットを持っているのは最後の大阪公演のみです。
ほかは、当日引換券や、どこかで譲ってもらうなどしようと思ってますが
今のところ未定です。

レポはもうしばらくお待ち下さいませ。
2013/02/12(火) 22:42 | URL | レナコ #-[ 編集]
>たくりひママさん
ツアー初日、心の底から行ってよかったと思いました。
個人的な間奏として、ドームはどことなくちぐはぐな印象を受けていたので
その違和感がなくなり、全体としてライブの完成度が上がっていると感じました。

新潟も、もうすぐですね。
楽しんできてください!
感想お待ちしています(*^_^*)
2013/02/12(火) 22:31 | URL | レナコ #-[ 編集]
遠征お疲れ様です
私は初日はスタンドから、2日目はアリーナから参戦してました。
個人的にはドームよりももっともっと大満足です!
セトリ変えてくれて良かった!!と本気で思ってます。
特に私はNOT FOUND~花言葉~やわらかい風がツボで、映像照明含め大変満足しました。抱きしめたいも回を重ねる毎にこの曲の良さが浮き彫りになってくるようでもっと良く見えて来ます。
2日目は演奏が良かったですね!本当にそう思います。
と言ってもあくまでも個人的な意見ですが…

このツアーがどんどん良くなっていく加速すると思ったら初日はアドレナリン出まくりでなかなか寝付けず、2日目はバンド全体と音と照明等あらゆるものを全体的に捉えて見ることが出来たので、改めて良さを体感し今に至っております。

レナコさん、次回はどこに参戦予定ですか?

また詳細レポート楽しみにお待ちしております(・∀・)/
2013/02/12(火) 13:03 | URL | ma3y #-[ 編集]
エコパお疲れ様でした~☆
ドームより相当良くなってるとの事、ますます楽しみになりました!
個人的には懐かしいマーマレードがなくなったのが残念(生で聴いてみたかった)ですが、やわらかい風も好きなので、今から優しく目を閉じて唄う桜井さんを想像して16日が楽しみです♪
新潟公演の報告が出来れば、と思ってま~す☆

2013/02/12(火) 11:24 | URL | たくりひママ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク