世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

アリーナ会場の座席

某掲示板等で、何度か見かけた質問。

「サイドスタンド席って何?どんな感じ?」
「立ち見ってどんなんよ?」

いつの間にかオフィシャルサイトにも図入りで説明文が加えられていますが
いろんなところで同様の質問を見かけますし、
勘違いされている方も多いようなので
おせっかいな私が勝手に解説させていただきます(笑)

オフィシャルサイトに掲載されている図がこれ。
SENSE座席図

知ってる人が見れば分かるけど、そもそも分からない人が見て
この図でわかるんだろうか・・・
全会場の中でもちょっと形の違う横浜アリーナの図面で解説しなくてもねぇ。

横浜アリーナは、座席の呼び方が他のアリーナ会場と違います。
一般的に「アリーナ席」と呼ばれる、競技場フィールド部分の席を「センター席」
他会場なら「スタンド席1階」と言われる部分が「アリーナ席」
いわゆる「スタンド2階」に相当する席が「スタンド席」
という呼び方になっています。

で、ややこしいのが立見席。
普通、立見席はスタンド最上段席の後ろの通路、という会場が殆どですが
横浜アリーナだけは、アリーナ席とスタンド席の間の通路が立見席になります。
なぜなら、スタンド席の後ろに立つようなスペースがないからです。
つまり、スタンド席より立ち見席の方が、位置的には前方になります。
どちらにしてもステージからは遠いので大差ないですが・・・

以上が例外の横浜アリーナ。
その他の会場は、私が知っている限り、
規模は違えど、基本的な席の配置は同じはずです。
立見席は、スタンド席の後ろにズラーッと立ち並ぶことになります。
ある程度の範囲ずつブロックを区切っている場合もあります。

さて、次にサイドスタンド指定席について。
一番多い勘違いが、「サイドバック指定席」の混同です。

私が一番頻繁に訪れる大阪城ホールの図面で解説します。
一般的なアリーナ会場は、ブロック区分や席数が違うだけで
だいたい同じなので、これで想像してみてください。

↓クリックすると別ウィンドウが開き、拡大画像が表示されます。
大阪城ホール座席表

サイドスタンド、つまり、サイド=横。ステージの横位置に相当する席。
バックスタンド、バック=後ろ、ステージの後ろ側に位置する席。
サイドバック指定席というのは、サイドスタンドとバックスタンドを合わせた言い方です。

図から分かるように、サイドスタンド指定席は、
ステージを真横~やや斜め後ろから見下ろすような席になります。

ここ最近のミスチルアリーナツアーは、バックスタンドまで客席
という形式が多かったため、勘違いされる方が多いのだと思います。
今回のミスチルSENSEツアーの場合は、サイドスタンド指定席なので
バックスタンド部分に客席は設置されません。
つまり、ステージを真後ろから見るような位置に席はないのです。

音響機材は、基本的にステージより前方に向けて音を発するので
横位置は、音のバランスが非常に悪いです。
ステージ上のメンバーの姿も、真横からでは見にくいのは容易に想像がつきます。
ステージ上の機材や照明類を支える鉄骨が視界を遮る角度かもしれません。
正面を向いているスクリーンは当然見えません。
最前列ならば、もしかしてもしかすると花道を歩いてきたメンバーに
最接近できるチャンスはあるかもしれませんが、そんなのは一瞬です。
はっきり言って、何もいいことのない席だと、私は思います。

指定席との価格差500円以上の差を感じます。
立ち見席は、1000円も安い上、音のバランスのいい場所を選択できますし
正面から演出を楽しむことが出来ます。
荷物を置いたり、座って休憩することが出来ないのはツライところですが
個人的には、サイドと立見なら、立見を選択します。

以上、座席についての解説でした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク