世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.Children New Album 「SENSE」 レビュー

Mr.Childrenの最新作「SENSE」
発売直前まで、発売日と価格以外全てが謎とされ、
店頭に並ぶまで何も情報がないまま発売日を迎えるのか・・・

と思いきや、深夜に流れていたという謎のCMがネット上で話題になり
「トビウオニギタイ」という謎のキーワードが飛び交う
SENSEプロジェクトというサイトがひっそりと公開されていたり、
その間に、ファンサイトや某掲示板では、いくつものガセ情報が出回りました。

公式には、「ロックンロールは生きている」が急にラジオオンエア解禁になり
そして、アルバム発売2日前の詳細発表と同時に、「擬態」もオンエア解禁に。
2年間、待ち続けた我々の想いが、ようやく解放された2010年12月1日。

実際には発売前日の入荷日に店頭に商品を並べる店舗が大多数なので
11月30日に、CDを入手している人も多いのではないでしょうか。
私も、発売前日にフラゲした一人です。

約一週間が経過し、既にかなりの回数聴き込んでいます。
全体としては、いろいろなベクトルのエネルギーが詰まったアルバムだなぁ
という印象です。

ファンクラブ会報で、桜井さんが「早くライブをやりたい」
というような事をおっしゃっていましたが、我々ファンも
早くミスチルのライブが観たくて聴きたくてウズウズしていますよね。

ここまで焦らされて届けられた新しい音。
Split The Differenceの余韻もまだ冷めやらぬところでもあるので
リスナーとしても、ライブを想定した聴き方をしてしまいます。
そんな視点で「SENSE」収録曲、それぞれについての個人的感想を書いてみます。

01. I
2004年発売の「シフクノオト」1曲目の「言わせてみてぇもんだ」を初めて聴いたとき
の感覚に似ていて、第一印象は、ヘンテコな曲なのに、ナゼかカッコいい
という不思議な感覚。
何度も聴いているうちに、だんだんハマっていく、いわゆるスルメソングです。
ライブでは、LoveはじめましたやMonsterのような立ち位置で演奏されるタイプの
ダークでがっつりロックテイストな曲です。

02. 擬態
本アルバムのリード曲。
謎のCMでも、SENSEプロジェクトサイトでも、キーワードになっていた
“トビウオニギタイ”というのは、この曲の1フレーズだったんですね。
初聴の、ラジオオンエアで聴いた瞬間に、名曲!これぞミスチルだ!と思い、
発売後、歌詞カードを見ながらじっくり聴いて、この曲の完成度の高さに驚愕するばかり。
明るく爽やかな疾走感と、切なくて痛々しい表情を併せ持っている
ミスチルにしか作ることの出来ない、大人のポップソング。
進化し続けるMr.Childrenというバンドに、只々感動するしかない傑作です。

03. HOWL
少し懐かしい匂いのする、軽快なバンドサウンドが気持ちいい曲。
どこかで聴いたことのあるような、でも、今までのミスチルにはない
新しさも感じます。
今年のap bank fesには、様々なロックバンドがゲスト出演していましたが
その辺りの影響があったのかなぁ、なんて思ったり。

04. I'm talking about Lovin'
こういう英文がタイトルになってるのは珍しいですよね。
個人的に、この手の曲はなんとなーく聞き流してしまう感じなのですが
ミスチルが好きだっていう人は、こういう曲が好きな人が多い
というのが、私のこれまでの経験で感じることです。
SUPERMARKET FANTASY収録の水上バスなんかに、雰囲気は似ていると思います。

05. 365日
音源リリースを首を長くして待っていたファンも多いのではないでしょうか。
昨年、NTTのCMソングとして公開され、ドームツアーでも演奏されたものの
CDリリースも配信での販売もされないまま一年以上の月日が流れ、
ようやくレコーディング音源を手にすることが出来ました。
ライブでのイメージが強いせいか、冬の寒空がよく似合うバラード。
聴いてるこっちが小っ恥ずかしくなるような、ストレートなラブソングで
私はもう年齢的に、この曲でときめくような純粋さはないですが(苦笑)
中高生・青春真っ只中で聴いていたら、全然印象が違うだろうことは
容易に想像できます。
あぁ、そんな時代に戻りたい(笑)

06. ロックンロールは生きている
バラードから一転、ずっしりと重量感のあるロックナンバー。
アルバム発売2週間前、突如ラジオオンエア解禁されたのがこの曲でした。
超久々のMr.childrenの新曲が、クセのあるロックで
しかも、これまでのミスチルにはないタイプの曲だったので
最初は、イマイチぴんと来ないなぁ、というのが正直な感想でした。
既出曲でいうと、一番近いのはフェイクでしょうか。
あの時も、イマイチぴんと来なかった記憶があります。
何度か聴いているうちに、いつの間にかハマっています。
ライブではめちゃめちゃカッコいい感じになるだろうな~

07. ロザリータ
関係者とごく少数のファンクラブ会員だけが聞くことのできたSplit The Difference
で披露されて以来、タイトルだけがネット上で一人歩きしていた
この曲の正体が、ついに明らかになりました。
大人の恋というか、何というか、365日とはちょっと違った
不順で濁った大人の恋の歌、という感じでしょうか。
小さなホールやライブハウスでしっとり演奏するのが似合う曲
だと思いますが、アリーナツアーでは果たして・・・

08. 蒼
聞いてすぐ、「空っ風の帰り道」が思い浮かびました。
間奏の口笛が印象的です。
私の中で、正直一番存在感のない曲という位置づけに
なってしまっています・・・。

09. fanfare
収録曲で唯一、携帯配信限定でリリースされています。
昨年末公開された映画、ONE PIECE 「STRONG WORLD」
の主題歌です。
ワンピースの世界が曲にしっかりと描き込まれています。
尾田先生の依頼がなければ、生まれなかった曲でしょう。
昨年のドームツアーでも披露され、大きなステージを存分に使った演出が
今も脳裏に焼き付いていて、聴くたびにその情景が鮮明に思い浮かびます。
ドームの大きさを、一番有効利用した曲だったのではないでしょうか。
ライブで盛り上がること間違いない曲ですが、ドームでの印象があまりに強すぎるので、
アリーナでやったら物足りなく感じてしまいそうなのが心配です。

10. ハル
曲そのものは地味なのですが、歌い方がものすごくツボです。
よくわからないけど、なんか好き。
・・・こんな感想でスイマセン(笑)

11. Prelude
Prelude=前奏曲、というタイトルの曲が、アルバムの終盤に
収録されているそれ自体が非常に興味深いと、収録曲タイトルが
発表されたときに思いました。
そしてそして、一回聴いただけでガツンと体中に染み渡りました。
Split the Differenceの、レコーディングとライブの中間的な空気が
そのまま反映されたような音。
完成されたモノのようで、まだまだ発展の余地が残されているような
もっと行けるんじゃないかと思わせるこの感覚は、一体なんなのか。
A-B-C-サビ-A-B-C-サビ-C-A-サビ
という、ありそうであんまりない構成により、長さを感じさせず
音はシンプルなバンド演奏でとってもカッコいい。
ライブで聴けるのが、非常に楽しみな曲の一つです。

12. Forever
映画「Split the difference」のエンディング曲であり
SENSEの締めくくりにも、これを持ってきましたね。
ゲームで例えるなら、ラスボス倒して「The END」が表示されたような感覚。
たまにはPreludeみたいな前を向いて進んでいくような曲で
「to be continued・・・」
な感覚を残してもいいのになぁ。と、思ってしまった。
映画のエンディングにぴったりだったので、アルバムの最後は違っても
良かったかなぁ、と。
シンプルな曲ですが、何となくSENSEの中では異色な感じがしています。
ライブで演奏する最後の曲は、是非Preludeで!



・・・気づいたら超長文になってしまった。
こんなに長々と書くつもりはなかったのですが。
なにせ2年ぶりのアルバム、12曲全てが初CD化という
異例の新作ですので、お許しを。

ツアーが本当に楽しみです♪
コメント
Re: お久しぶりです。
そらさん

お忙しい中、いつも読んでいただいてありがとうございます。
卒論ですか~あとひと頑張りってところですね。
終わればライブというご褒美が待っていますよ♪

アルバム先行の結果、待ち遠しいですね。
HP先行と一般発売もありますが、相当な倍率になりそうなので
ここで確保できたらいいなぁと、切に願っています。
2011/01/03(月) 22:01 | URL | レナコ #-[ 編集]
お久しぶりです。
お久しぶりです!!なんだかアルバムの感想急かしてしまったみたいになってしまってすみません(>_<)そして、それなのに来るのが遅くなってしまってすみませんっ!!
ちょっと学校の卒論に追われてしまって(^^;笑
「SENSE」良いアルバムですよねー!!私はIが聞くたびに好きになります。擬態は言わずもがな名曲で大好きですねー!!ロックンロールはラジオで聞いたときから好きになりました。フェイクも好きだったからというのもあるかもしれませんね。ロザリータも癖ありますが、好きです。でも確かにアリーナみたいな大きなところで歌う歌ではないかもしれないですねー。
全体としてかなり好きなアルバムになりました♪
ライブが本当に楽しみです。が、ファンクラブ抽選は外れてしまいました(T T)次のアルバム抽選頑張ります!!
2010/12/28(火) 00:19 | URL | そら #-[ 編集]
Re: はじめまして!
> これからも更新を楽しみにしています!

ライラさん
コメントありがとうございます♪
とっても嬉しいです。
来年のツアー、楽しみですね~
ロック系の曲や、ノリのいい曲中心のライブだったらいいなぁ
と、勝手に妄想をふくらませています。
もちろん、自分の参加した公演はライブレポートはUPする予定ですので
また、遊びに来てくださいね★
また遊びに来てくださいね~
2010/12/10(金) 21:55 | URL | レナコ #-[ 編集]
はじめまして!
いつも読ませていただいてます!
毎回のライブレポートを読んで、行った気になっているほどです。
去年名古屋のドームツアーに行った後は、このサイトで再体験した気持ちにもなりました。
今回はCDについての感想に感動したので初めてコメント致しました(^∪^)!
感想だけでなく、客観的な視点が文に載せられている所が大好きです★
来年のツアー、楽しみですね♪明るい曲で構成されたライブになるといいな(^^)
これからも更新を楽しみにしています!
2010/12/08(水) 21:24 | URL | ライラ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。