世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

カンボジア旅行記 Part.9 ~ロリュオス遺跡群~

シェムリアップから、東へ10kmほどのところにある
ロリュオス遺跡群。
この遺跡は、アンコールに遷都する前の王都痕、つまり
もろもろのアンコール遺跡群よりも古い時代の遺跡です。

時代の違う遺跡ですが、ロリュオス遺跡群への入場にも
アンコール遺跡群入場チケットが必要です。

まずは、ロレイ。
元々は貯水池の中央に建てられたものだったとか。
今は完全に水は枯れており、貯水池の面影はありません。
ロレイ遺跡

さすがに古い遺跡なだけあって、補強・修復のための
木材が、至る所に設置されています。
修復中のロレイ

崩壊している部分が多いですが、デバター像は綺麗い残っていました。
周りと材質が違うので、目立ちます。
ロレイ デバター像

アンコール入場チケットが必要な遺跡群の中で
最古の寺院が、この、プリア・コー寺院です。
プリア・コー
修復工事が一通り完了していたようで、工事中のゴチャゴチャ感はなかったです。

こちらの聖牛・ナンディン像が、この寺院の特徴。
遺跡の名前「プリア・コー(聖なる牛)」は、この像に由来しているそうです。
プリア・コー ナンディン像

ロリュオス遺跡群、最後に訪れたのが、バコン寺院。
かなり規模の大きな、ピラミッド型寺院です。
バコン遺跡

入口で、地雷被害者の方々が、
♪さいた~さいた~ チューリップのはなが~
と、日本語の歌で、出迎えてくれました。
私が入った後、後ろから来た韓国の観光客に対しては
韓国語の歌を演奏していました。

こういった、何の罪もない人々が、未だ地雷被害に遭っている
という現状を思うと、何とも居た堪れない気持ちになります。

さて、遺跡に話を戻します。
バコン遺跡は、4方向の入り口全てに、このような小窓が開いています。
バコン 小窓

そこから覗くと、中央祠堂の頭頂部がぴったりと額縁に収まって見えます。
みんなこの角度で、写真を撮っていました。
バコン 小窓から覗いた中央祠堂

ピラミッド型に石材を積み上げた基壇には、このようなレリーフが刻まれています。
バコン レリーフ1
くっきり残っているもの、うっすらと何かしらの彫刻あとが見えるもの、
跡形もなくただの石片と化しているもの、いろいろですが
きっと、元々は全体に神々のレリーフが施されていたんだろうなぁ
と想像出来ます。
バコン レリーフ2

地球の歩き方に記してある遺跡のマップに、見所の位置が示されていますが
この遺跡に関しては、位置が間違っています。
地球の歩き方の間違いは、よくあることです・・・
戦う阿修羅のレリーフは、第4層基壇北側にありました。
それ以外にも、くっきり残っているレリーフはいくつかありますので
じっくり観察しながら、基壇の壁を見て回ると面白いです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク