世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

カンボジア旅行記 Part.5 ~アンコール・ワット~

1日目の夕方、今回の旅のハイライトとも言える場所へやってきました。
カンボジアの国旗にも描かれている、非常に有名な世界遺産
アンコール・ワットです。

アンコール・ワットは、このような大きな環濠に囲まれています。
環濠

西側正面に到着。
この位置からは、西塔門に隠れて、中央祠堂は見えません。
西参道

西塔門。
団体観光客は、何故かみな右側の門の方から中へ入っていきます。
何で???
私は、中央の塔門をくぐって中へ向かいました。
西塔門

門の中からパチリ。
綺麗に中央祠堂の塔が3つ、並んでフレームインする絶好の撮影ポイントです。
西塔門から

門を抜けると、中央祠堂全体が視界に入りました。
この景色、写真だとなんか違うんだよなぁ・・・
もっと横に広がっていて、開放的な感じなのですが
実際この目で見たものを、そのまま写真で伝えるのって難しいですね。
西参道からのアンコールワット

アンコール・ワット中央祠堂の正面まで来ました。
残念ながら、真正面が修復中で、グリーンのネットがかけられており
仕方ないとはいえ、しっかりと景観をぶち壊しておりました・・・。
もっと目立たない色にすればいいのに。
アンコール・ワット

正面が修復中なので、中へは右にある門から 入りました。

第一回廊は、このようなレリーフがずーーーーっと一周続きます。
ちゃんと物語になっているんだそうです。
第一回廊

場所によって、色みが違ったり、表面の状態が違ったり。
このレリーフは、表面に妙に光沢があって、色も周りより黒っぽくなってました。
レリーフ

第一回廊の柱は、ヒビが入ったり、ズレていたりする場所がたくさんありました。
柱が全体的に傾いており、上の方を見ると、裂け目からズレているのが分かります。
ズレテいる柱
ここは、このズレた状態で補強してありました。
このような個所を、何年もかけて少しずつ修復しているようです。


第一回廊の東面にある、乳海攪拌のレリーフは
2010年6月現在は修復中で、見学できませんでした。
乳海攪拌修復中

実物が見られない代わりに、写真パネルが展示してありました。
乳海攪拌写真
2010年中に工事完了予定、と書かれていましたので
このレリーフを見たい場合は、来年以降に訪れてみてください。

東側に回ったところで、第二回廊へ行ってみました。
第二回廊より

第二回廊では、綺麗なデバター像が、たくさん見られました。
第二回廊デバター像

地球の歩き方には、修復中で入場不可と記載してあった第三回廊。
修復工事は終わっており、入ることが出来るようになっていました。
今は時期的に人が少ないから問題なかったのですが
どうやら入場制限をしているらしく、整理券的なものをもらって
この、階段を上ります。結構急な階段で、ちょっと怖い。
第三回廊への階段

第三回廊は、特に何があるという感じではなかったですが
塔を間近で見ることができ、中庭のようなものもありました。

第三回廊から西側を望む。
かなり高い位置になるので、景色は抜群です。
第三回廊からの眺め

さて、再び第一回廊へ戻り、レリーフの続きをゆっくりと楽しみました。
第一回廊2

全てが見所、といってもいいこの壮大なレリーフ。
時間が過ぎるのがあっという間でした。
彫りこまれた人々や動物の躍動感、表情を、
ゆっくりと、楽しみたい場所です。
第一回廊3

ずっと行きたかったアンコール・ワット。
行って良かったです。
今、修復しているところの工事が終わったら、
また、行きたいと思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ 世界遺産を巡る旅

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
趣味 :音楽鑑賞、旅行
趣味の詳細はこちらへ↓
好きなアーティスト一覧
Mr.Childrenライブ参加履歴
自己紹介・旅の履歴

[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク