世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

[8/4] Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field- @ 大分スポーツ公園・九州石油ドーム

2007/8/4 大分スポーツ公園・九州石油ドーム
Mr.Children "HOME" TOUR 2007 - in the field -

スタジアムツアー初日。

台風も無事過ぎ去り、台風一過の青空、とはいかないまでも
会場に着いた頃には日差しが強く、かなりの暑さでした。
とそれも束の間、突然の夕立。
もう開演まで1時間を切っているのに、雷が鳴り響いていました。
それでも、始まる直前には雷も雨もおさまり、ほっと一息。

さぁ、いよいよスタジアムツアーが始まります。
アリーナツアーとどう変えてくるのかが、楽しみの一つ。

開演前から流れていた音楽がアリーナのときと一緒だったので
おそらくオープニングは同じだろうと思っていましたが
案の定、同じオープニング映像でスタートしました。

そして一曲目も・・・


セットリストは以下の通り。

***********************************************

彩り(ライブver.)
名もなき詩
星になれたら
シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~

[MC その1]

CROSS ROAD
Tomorrow never knows

[MC その2]

my life
ひびき
もっと
HERO
IMAGINE (John Lennonのカバー) 
CENTER OF UNIVERSE
Dance Dance Dance
フェイク
Any

[MC その3]

口笛

[MC その4]

Sign
ポケットカスタネット
Worlds end
終わりなき旅
しるし

~アンコール~
wake me up!
innocent world

[MC その5]

旅立ちの唄(新曲)

***********************************************


アリーナツアーのエンディングと同じアレンジの
彩り」でスタートしたスタジアムツアー。

さぁ、2曲目は何がくる?

JENさんのカウントが始まった瞬間に、
名もなき詩」だ!とわかり
個人的には意外な選曲だったので驚きました。
何度も聴いてるけど、好きな曲だし久しぶりなので嬉しかったです。

そして、次に始まったのが懐かしのこのイントロ。
まだ空は明るいけど、野外にはぴったりの「星になれたら」。
最後のサビを客席にふってましたが
人気曲ではあるけど、シングル曲じゃないこの曲を
歌える人がどの程度いたのでしょうか。

客席が温まってきたところで、次に来たのが
これまた野外にぴったり「シーソーゲーム」。
過去には空ツアーでしか演奏された事のないこの曲。
こんなに盛り上がるのに、なぜ今までやらなかったのか。

[MC その1]
「Mr.Childrenです!」と叫ぶ桜井さん。
既にピンク色のシャツは汗で色が変わっています。
しょっぱなから盛り上がるヒット曲を演奏したということで
「どうですか~?もう聴きたかった曲聴いたでしょ?じゃぁ、最後に彩りやって終わろっかw」
という桜井さんの冗談を受けて、JENさんが彩りのカウント開始w
「カウントしなくていいからっ!w」
そんな風に和やかに、とても楽しそうな雰囲気でMCが始まりました。
「HOMEツアーということで、何を演ろうか考えていたんですが、今まで沢山演奏してきた曲こそ、本当に僕らの“HOME”だと思って。次にやる曲も、本当にHOMEらしい曲です。」

その言葉の通り、ミスチル初のミリオンシングルである
CROSS ROAD」が始まりました。
これも、ドームツアー大阪公演の弾き語りではやったけど
超久しぶりなのではないでしょうか。
ちょっとスローテンポのアレンジで、
歌の力強さが引き立っていて素敵でした。
そして畳み掛けるように、ミスチルの大ヒットシングルの一角
Tommorrow never knows
イントロが始まったときは、一瞬、何の曲かわからないような
不思議なアレンジ。何度も聴いたこの曲も、新鮮に響いてきました。

[MC その2]
「先月の・・・何日だっけ?14~16日か。ap bank fesが14,15と中止になって。何とか一日だけ出来たんですが。で、今回も台風がきて。またか!?と思ったけど、何とか通りすぎてくれて。もうさっきまでの雨も止んだよね?apが中止になったとき、ずっと頭の中で流れていた歌詞があって。いいことばっか あるわけないよ それでこそ ・・・・・・ my life」

そのまま「my life」に突入。
これは、たった一日だけになってしまったフェスでも演奏された曲。
ということは・・・
そう、次の曲は「ひびき」。
ap bank fesと同じ流れです。

少々間があり、アリーナツアーと同じ映像で
もっと」が演奏されました。

そして、その次に来たのが、これは予想外。
名曲「HERO」です。
スクリーンには、「もっと」の続編のような新たな映像が流されてます。
今日のセットリストはかなりいいです。

ここまでは。

ここでIMAGINEが始まったときに、ちょっとがっかりしてしまいました。
ここからAnyまでの流れはアリーナツアーと同じでした。
一番の聴きどころだったAnyをそのままやってくれたのは嬉しかったんですが
もうひとひねり、欲しかった。贅沢?

[MC その3]
「えー、このMCは長くなりますんで。トイレに行くなら今です。w」
コブクロじゃあるまいし、桜井さんがこんなこと言うなんて珍しい。
「15周年ということで、ミスチル大辞典、みたいな選曲でお送りしておりますw15年って、僕らがデビューしたときに生まれた子がもう15歳ってことで。すごい時間だよなぁって思って。
自分が15歳の頃を思い出してみると、いつか人前で歌いたいってずっと思っていて。毎日学校から帰ると、
部屋に閉じこもって、スピーカーを大音量にして、雨戸も全部閉めて部屋を真っ暗にして、勉強用の照明を自分に当ててスポットライトみたいにして全力で歌っていました。今は実際、こうゆう場で歌える事を本当に幸せに思っています。どうもありがとう。」

会場からは大きな拍手。
桜井さんが、こういう形でファンに感謝の気持ちを言葉にしたのは
もしかしたら初めてではないでしょうか。
「次の曲は、男女の物語で、“君”と“僕”の歌なんだけど、今日は、ステージにいる“僕ら”と(客席を指差しながら)“君たち”という複数形にして、みんなも一緒に歌ってください。」

みんなが歌える歌で、もう既にこれだけヒット曲をやった後に
何がくるんだろう?これまた予想外の選曲でした。
口笛」のサビは、ほとんど全て客席に委ねて、桜井さんは
小さくささやくように歌っていました。
シングル曲ではあるけれど、サビをほぼ全て歌わせるのは
ちょっとレベルが高いと思うのですが・・・。
一応、私は歌えましたが。

[MC その4]
「どうもありがとう。みなさんの歌声を聴かせてもらったので、次の曲は僕が一方的に歌います。w」

と言って始まったのは
Sign」。
こんなにもシングル曲目白押しのセットリストになっているとは。

ポケットカスタネット」から最後の「しるし
まではアリーナツアーと同じ。
Worlds end」と「終わりなき旅」のあの重苦しい映像の演出は
せっかく盛り上がっていた気持ちが萎えるので、やめて欲しかった。

<アンコール>
登場してすぐに演奏が始まりましたが、ん?これはなんだ???
・・・♪Wake me up! Wake me up!

ここでそうきたかぁ。
もうHOMEの曲やらないかと諦めていたので
嬉しいような、でも盛り上がり的には微妙なような。
これで盛り上がるには時間がかかりそう。

曲間なく、そのまま演奏が続きますが
次の曲が何なのか全くわからない。
歌が始まる直前くらいにようやくわかりました。
おそらくライブで一番多く演奏されているでしょう。
イノセントワールド
アレンジがいつもと全然違っていて新鮮でした。
最後のサビは、いつもどおり客席の大合唱。
アンコールでこんなに盛り上がれたのも久しぶりな気がします。

[MC その5]
「最後に、まだ誰も聴いたことのない曲をやります。この曲は、何かが終わるとき、そして次に何かを始めるときのことを書いた曲です。聴いて下さい。旅立ちの唄。」

新曲!!!期待しないでおこうと思いながらも期待していた新曲。
まさかやってくれるとは思いませんでした。
率直に、好きです。「旅立ちの唄」。
あえて言えば、Signとか口笛とかに近い雰囲気。
サビの力強い歌と言葉が印象的な曲です。
鳥肌が立ちました。

感想。
セットリストだけ見たら、ベストライブ的な内容です。
シングル曲が24曲中12曲。その中でミリオンシングルは6曲(多分)。
懐かしい曲や、お馴染みの曲はアレンジを変えて、
充実しすぎの内容で、さらに締めには新曲とは。
ap bank fesでやった曲たちは絶対にやるだろうと
思っていたのに、やらなかったし。
見事に、いい意味で期待を裏切ってくれました。

不満をいえば、アリーナツアーと同じだった流れの部分でしょうか。
そして、HOME収録曲のSUNRISEとやわらかい風が聴けないのは残念です。
あとは、ライブそのものとは別の問題ですが
デジカメで思いっきり、ライブ中に場内撮影しているバカを
目撃しました。隣にいたら張り倒してやったのに・・・
ルールを守れない奴は、会場に入る資格なし。
こんな大きな会場なのに、スタッフが異様に少なかったのも気になりました。
開演前のスタンドには、席案内するスタッフもいなかったので
迷ってウロウロしている人を多数見かけました。
バイトが少ないのは、大分だからでしょうか。

アリーナに参加していない人や、ライブ経験の少ない人には
ものすごくいい、今までで一番と言えるような内容ではないでしょうか。
野外なので音が空に抜けていってしまったり
後方の席には時差が生じてしまうのは仕方ないんですが
大分は屋根が開閉式ドーム状になっているためか
屋根が開いた状態でも、割といい音で響いていました。
スクリーンが小さめで、前にしかないので
スタンドの一番後ろから、私の視力では
細かい表情や口の動きはわかりませんでした。

いつもの事ながら、長くなってしまったうえ
MCの内容はうろ覚えながら記憶にある範囲での内容を書いているので
実際に桜井さんが話していた言葉とは違う部分も多くあると思います。
それでも、雰囲気を記録する事は出来ているのではないかと
思っているのですが・・・

以上、初日のライブレポートでした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ 世界遺産を巡る旅

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
趣味 :音楽鑑賞、旅行
趣味の詳細はこちらへ↓
好きなアーティスト一覧
Mr.Childrenライブ参加履歴
自己紹介・旅の履歴

[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク