世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ap bank fes '06 レポート

あっという間に過ぎ去った3日間。
昨年よりも、格段にパワーアップしてました。

詳細な内容は、公式ページにアップされている
鹿野さんのライブレポートをご覧頂くといいと思います。
舞台裏の雰囲気など、フェス運営側目線の
非常に詳細に雰囲気を伝えてくれるレポートです。

プロのライターが書いたものには敵いませんが、
私のレポートでは、公式ページのレポートにはない部分中心に
観客目線でまとめてみようと思います。

各ゲスト及びBank Bandのセットリストは公式ページをご覧ください。
なぜなら、私が知らなかった曲も多数あるためです。
なので、ライブ全体の詳細は省略して、印象に残ったところだけまとめていきます。
もちろん、私が書くんだからミスチルファン目線でのレポートになります。
3日間それぞれに分けて、書いていきます。

Mr.Childrenのセットリストだけは載せておきます。
公式ページのレポートでは、3日目しか載っていないので。

========================================================
<1日目>
初日はC-7ブロック。
天気予報は「曇り」でしたが、実際は嫌になるくらいの晴天。
暑いのなんのって。担架や救急車両が頻繁に出動してました。

去年は、ブロック前方以外はスペースにかなり余裕があったのですが
今年はほぼ余裕なし。
おそらく、去年より3割増くらい人を入れていると思います。

この日のライブでは、ただ一つ、忌野清志郎さんの出演が
なくなってしまったことが本当に残念でした。
桜井さんの歌で清志郎さんの曲5曲、そしてこの盛り上がり。
ご本人が予定通り出演できていたらどれだけ盛り上がったことでしょう。

*Mr.Childrenセットリスト*
HERO
名もなき詩
ほころび
彩り

終わりなき旅
ストレンジカメレオン
箒星
Sign

「ほころび」が聴けたのはちょっと嬉しかったです。
しかしそれ以上に、聴いたこともない、まだレコーディングも終わってないような新曲を、
この場で聴けるとは思いもしなかったです。
初日は、目を閉じて聴き入ってました。
シフクツアーの時と同じアレンジの「掌」もびっくりでした。
あのアレンジが大好きなので、また聴けて嬉しい。
スクリーンの映像まで同じだったけとどね。好きだから、使い回しでも許す。
「箒星」、低音部分が声出てなかったです。
清志郎さんの分まで全力で歌ったから、のどが疲れてたのかな。

締めは昨年同様、出演者共演での「to U」。
コブクロの二人とBoAが参加。レミオロメンとポルノグラフティはいませんでした。
最後の記念撮影ではレミオロメンのメンバーも登場。ポルノの2人はいませんでした。


<2日目>
昨日よりは雲が多いけど、やっぱり暑い。
雨なんて、全然嘘じゃないかヽ(`Д´)ノ

今日はB-1。かなり角度があります。
隣に関係者席らしきスペースがあり、出演者の姿を見ることが出来ました。
HYのメンバーは、普通に客が通る通路を行って水持って戻ってきたりしてたし
小林さんも、みんながフードエリアに行く通路を通ってたし
Salyuは、関係者席にいた子供と戯れてました。
あれは誰の子供だったんだろう?

さて、ここからはライブの感想です。
スキマスイッチの2人が登場した途端にザーっと降り出して
慌ててレインコートを引っ張り出しました。
このまま降り続いたら嫌だなぁなんて思ってたところで、
「次の曲、これ、速すぎると訳わかんなくなっちゃうの。
みんな、どれくらいなら跳べる?これくらい?」
なんて桜井さんが言いながら、リズムよくギターをかき鳴らす。
そうして始まったスキマスイッチの3曲目のイントロ。
あれ?この曲はよく知ってるぞ???
「シーソーゲーム」じゃん!!!
去年は虹の彼方へをやったけど、今年もそうきたかぁ。
そりゃ跳びますよ。いくらでも跳びますよ。
おかげで一曲だけでふくらはぎパンパンになりましたよ。
毎回ライブでやればいいのに、ってくらい盛り上がりました。

小田和正さん、「ラブストーリーは突然に」で
手拍子は煽るはステージ上を走り回るは、ステージから飛び降りて客席を走り回るはで
スタッフも大慌てでした。本当に打ち合わせになかったみたいです。
そんなノリノリの曲じゃないのにw
しかも小田さん、現在59歳だそうで。びっくりです。
「愛を止めないで」が終わったあと、
「僕、ミスチルの曲やりたかったのよ・・・でも、自分の曲やれって言われちゃってw」
とコメントした後で、
「♪留まることを 知らない 時の中で・・・」
と、Tomorrou never Knowsを少しだけ歌ってくれました。
小田さんの曲もいいんだけどね、これも聴きたかった。

この日の「手を出すな!」は、最後の客席との掛け合いが
上手く合わなくて、ビシッと決まりませんでした。
鹿野さんのレポートにもありましたが、本人も失敗したって思ってたみたいですね。
まだ明日がある!最終日はカッコ良く決めてくれるはずです。

ASKAの演奏が終わった後、
「次は、サプライズです。」という桜井さんの紹介で再び登場した小田さん。
19日発売のシングル「to U」のカップリング曲
「生まれ来る子供たちのために」をやってくれました。
小田和正が、こんなに気さくで陽気なオジサンだとは思わなかった。
そして、あの美声。本当にすごい人だ。

*Mr.Childrenセットリスト*
HERO
NOT FOUND
ほころび
彩り

終わりなき旅
ストレンジカメレオン
箒星
sign

2曲目、昨日は名もなき詩だったところがNOT FOUNDに。
いつものことながら、音下げてました。
彩りが、ちょっと耳に馴染んできていい感じ。

最後の「to U」、この日はASKAも小田さんもHYも、もちろん他のゲストも
出演したゲスト全員参加で超豪華でした。
to Uに関しては、2日目が一番感動したかな。


<3日目>
断続的に雨が降りいていた最終日。
気温的には過ごしやすくてよかったです。
D-1ブロック、斜面の上のほうに場所を確保したので
初めて、スクリーンとステージ全体を見渡すことが出来ました。

最終日だからか、みんな気合入ってます。
桜井さんもシャウトしまくってます。
KREVAが「車の中で隠れてキスをしよう」のサビを歌い出し、
小林さんが途中からからキーボードでサポートしたり、いい雰囲気。

昨年も今年も3日間出演の一青窈。
このfesではもう、Bank Bandの一員と言っていいでしょう。
今年は新曲「てんとう虫」を聴かせてくれました。
3日間とも、この曲の詩について

 小さな嘘をつくことにした
 世界が何のためにあるのか、じゃなくて
 私やあなたが 世界のためにあるんだ、って
 そうしたら、あなたは 笑ってくれるかしら?

という言葉の後に、歌い始めていたのですが
3日目だけ、ちょっと間違えてしまってました。
こんな大事なとこ間違えたら、せっかくのいい歌が・・・
3日目だけ聞いた人は、意味わかんなかったんじゃないかなぁ。

今井美紀さんの前に「機材が、ジージー言ってるんだって」
と、おもむろにギターを引き出す桜井さん。
「さっき、KRREVAに歌われちゃったけど・・・」
「♪もう2人は~」
と車の中で隠れてキスをしようを歌い出したではありませんか。 
客全員が、このまま歌ってくれるのを期待したところで歌うのをやめちゃって
「KREVA~歌詞教えてくれ~」だってw
本気で忘れて歌えなくなったんだろうか。
ちょっと聴けて得したような、中途半端で損したような。

客も全員が待ってましたとばかりに迎えた桑田佳祐。
麦藁帽子に自転車で登場。そしていきなり「イノセントワールド」。
やっぱりこのオジサンはやってくれます。
散々盛り上げといて、自分の持ってる名曲たちもしっかり歌って、
最後には期待どおりの「奇跡の地球」。しびれました。


*Mr.Childrenセットリスト*
HERO
PADDLE
ほころび
彩り

終わりなき旅
ストレンジカメレオン
箒星
sign
名もなき詩

PADDLEは良かったですね。
ここはやっぱ、こういう盛り上がる曲がいい!

3日目ともなると、彩りのサビ部分が歌えるくらい覚えてきました。
これまでの曲に例えるなら「花言葉」かな。
優しいメロディーに乗せられて、耳に入ってくる詩を噛み締める
じわっと沁みてくる、名曲です。

掌、最後の方でSUNNYとかぶせて歌うところ
何かタイミングがずれてるぞ?と思って、最後には修正してきたのに、
最後の最後で歌詞間違えてました。
歌い終わったときに、舌をちょっと出して「やっちゃった」
って顔してたみたいです。(その瞬間を見逃した私(泣))

signの後、
「昨日まではここで終わりでした。Mr.Childrenのわがまま聞いて!もう1曲やらせて~!!!」
やってくれると思ってましたよ。だってチルが始まる段階で
昨日よりちょうど1曲分、時間が早かったから。
初日に2曲目でやった名もなき詩。全然違う曲をちょっと期待したけど
これはこれでよかったです。

3日目の最後、ステージから人の姿がなくなって
終わっちゃったぁ・・・と何か寂しいような気持ちになった瞬間に
後ろで爆音が。
なんと、打ち上げ花火が次々と上げられていくではありませんか。
このタイミングで、しかも結構な数上がって
これは感動的でした。

========================================================

3日間のfesを終えて・・・

全体的に、昨年よりも格段に良くなっていました。
ライブは、去年の緊張感や手探り感がなくなった分
演者自身が楽しんでいるのがより伝わってきたし
何より、客席にいる我々も一緒にライブを作り上げている
感覚になれたのが本当に良かった。

ライブ以外の点では、昨年の反省点がしっかり改善されていました。
具体的にはフードエリア拡大、クロークの設置、トイレ増設。
タイミングと場所を選べば、トイレはほとんど並ばずに済みました。

何より一番感じたのは、案内などのボランティアスタッフの
対応が本当に素晴らしかった。
大体、どんなライブでも、席案内のスタッフは日雇いのバイトがほとんどなので、
無愛想なヤツや、やる気のないヤツがいるのが普通なんですが、そんなスタッフ一人もいなかった。
みんなが笑顔で、一生懸命で、丁寧で。
こんなこと、他のどのライブに行ってもないんじゃないでしょうか。

まだまだ改善点もあるなぁとは思いましたが、
何よりも素晴らしい、心地よい時を過ごすことが出来て
本当に幸せな3日間でした。

来年も、絶対にやって欲しい。絶対行きます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。