世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第68回ピースボートの旅(59日間) ~34日目 イースター島~

3/15(月)

今朝、イースター島に寄港しました。
寄港と言っても、イースター島には大型客船が着岸出来るような
港は存在しないので、船は沖合いで停泊。
ここから島へは、写真のような小船で渡り、上陸します。
イースター島 テンダーボート

イースター島唯一の村、ハンガロア村へ上陸すると、
いきなり飲食店や土産物屋が出迎えてくれました。
イースター島といえば、やはりこれでしょう。
イースター島 お土産
とにかく何でもかんでもモアイ。
まだ本物のモアイに会っていないのに。

さぁ、マイクロバスに乗り込み、観光ツアーに出発です。
まず向かったのは、オロンゴ岬。
イースター島は火山島です。
オロンゴ岬には、大きな火口とカルデラ湖があり、観光名所となっています。

こちらがオロンゴ岬。絶景です。
オロンゴ岬2

この、岬の先から、小さな島が二つ見えます。
オロンゴ岬1
その昔、この岬から崖を降りて、あの島まで泳ぎ、鳥の卵を持って
最初に帰ってきた人が王となる、という習慣があったそうです。
いわゆる「鳥人伝説」。この断崖絶壁を降りるなんて、信じられません。

そして、もうひとつの絶景はこのカルデラ湖。直径1km以上あるそうです。
この水、ハンガロア村の生活用水として使われてるとのこと。貴重な水源だとか。
オロンゴ岬カルデラ湖

素晴らしい景色だったものの、まだモアイには出会いません。
次に向かったのは、アナケナビーチ。
イースター島にビーチのイメージはなかったのですが
こんなに綺麗なビーチが存在するのです。
アナケナビーチ

そしてここで、ようやくモアイが登場!
アナケナビーチ_モアイ
海に背を向けて、内陸を見つめて立つ7体のモアイ。
2体は頭がありませんが・・・

昼食のランチボックスを食べたり、しばらくこのビーチでのんびりして
再び荒れた砂利道をバスで移動します。

広く開けた場所に出ました。
よく見るイースター島の景色といえば、これでしょう。
アフトンガリキ
アフ・トンガリキのモアイです。
15体のモアイが整然と並んでおります。これぞイースター島。
何とか15体が入るように正面から撮った写真がこちら。
イースター島 モアイ
実はこのモアイを立て、今の状態にしたのは日本のクレーン会社なのです。
この、「モアイ修復プロジェクト」について詳細は、クレーン会社のHPに
詳しく書かれていますので、ぜひご覧ください。
→ タダノ モアイ修復プロジェクト

さて、このアフ・トンガリキからほど近い
ラノララクという岩山。
「モアイ製造工場」と呼ばれるこの場所には、多数のモアイが
"放置"されています。
ラノララク1
体の大半が埋まってたり、倒れてたり、傾いていたり
とりあえず作って立ててみた、で終わっているモアイがたくさん。

こちらは、岩を掘っている途中で放置された造りかけモアイ×2体。
ラノララク2
大きいので全体が入る写真が撮れなかったのですが
上のモアイは頭が左に、下のは右に頭があるのが分かるでしょうか。

これもよく写真で見るモアイです。
頭しか地上に出ていないものも、実は土の下にちゃんと体があるそうです。
ラノララク3

ぐるっと島の要所を押さえたツアーだったのですが
時間が短い。もっとゆっくり滞在したかったです。
他にもまだまだ、モアイのいる場所はあるのですが
今回周ってみて思ったのは、想像していたよりもモアイが少ないということ。

イースター島に1000体あると言われているモアイ。
18世紀、島内で起こった民族紛争で、そのほとんどが破壊されたり
倒されてしまったそうです。
なので、現在、しっかりと立っているモアイはとても少ないんだそうです。
しかし、今でもモアイは島に暮らす人々にとっては信仰の対象として
とても重要な存在なんだとか。

一番近い人の住む島まで、2000kmも離れているという
絶海の孤島、イースター島。
ピースボートで行く以外に、日本から行く方法としては
タヒチ経由、またはチリ・サンティアゴ経由の飛行機があります。

いつか、ここに数日滞在するような旅をしてみたいです。
モアイだけじゃないイースター島の魅力を、
もっとゆっくり味わってみたいです。
コメント
いやー素晴らしい!

イースター島は一度行ってみたいのですが、やっぱり本場のモアイは凄そうだ😃

宮崎県のサンメッセ日南にある、日本唯一のモアイとは違う、なんか古い!

2014/06/03(火) 00:52 | URL | ひー #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。