世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

【ネタバレ注意】2012/4/29 MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012 in 福岡Yahoo!JAPANドーム ライブレポート

******************************************************
MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS2012他公演のライブレポートはこちら↓
2012/4/14 大阪公演ライブレポート
2012/4/15 大阪公演ライブレポート
******************************************************




2012/4/29
MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012
in 福岡Yahoo!JAPANドーム





**詳細レポUPしました(2012/5/4)**




ゴールデンウィークの始まりに合わせて
福岡にやって参りました!

軽く腹ごしらえを済ませて、地下鉄にて唐人町駅へ。
天神などからバスも出ていますが、渋滞など時間が読めないので
地下鉄のほうが確実です。

2009年ドームツアー以来の福岡ヤフードーム。
駅から徒歩10分くらい。ほとんどの人が、駅から誘導されるままに
同じ道を歩いていきますが、一本違う道に逸れるだけで
誰もいない道を悠々と歩くことが出来ます。

ホークスタウン、以前来た時よりもだいぶ寂れてるような・・・
もともとフットサル場だったところが、HKT48劇場になってました。

場内入る前にちょっと休憩、と思い階段の方へ行くと、下の駐車場に
ツアトラが見えたので、近づいてパチリ。

popsaurus2012ツアートラック@福岡

大阪ではわざわざ探すのがめんどくさくて撮りそこねたので(^_^;)
邪魔も入らずいい感じに写真に収められました( ´∀`)

実は本日は、当日引換券での参加です。
30日のチケットは友人が確保してくれていて、29日は、ほぼ確実に
販売されるであろう当日券をあてにしていました。
で、朝何時から並ぼうかなーなんて思ってたら、
前日に当日引換券当選のメールがヽ(*゚∀゚)ノワァィ

第一希望の指定席しか入力していない私が当選していたくらいなので
落選してる人少なそうです。当日券もたっぷりあったようですし。

16時頃に窓口で引換た席は、ほぼ正面のスタンドの一番後ろでした。
山積みのチケット束の一番上を差し出されただけなので、
もう少し早く引き換えたら、もっといい席だったかも!!??

開演30分前に入場しました。
女子トイレの行列が・・・・・・・・・・・・・(・д・;)
外野側まで周ろうと思ったら、途中で通行止めにされてるし。
一周ぐるっと回れるようにしといてくれたらいいのに。

全体に入場がのんびりしており、男子トイレも行列になるくらいの状況だったので
開演もちょっと押し気味。
15分押しで、いよいよ開演!










**!!!この先、ネタバレ注意!!!**








高層ビル群、交差点を行き交う人々などなど・・・・
赤・緑・白黒を基調に、めまぐるしく切り替わったかとおもいきや
宇宙空間に突如現れた恐竜の頭蓋骨。

その目の部分から飛び出し球体は、
ベストアルバムのジャケットに描かれている水と太陽のそれ。




今回のこのオープニング映像、好きです。
そして、一曲目のイントロに合わせて表示される

Mr.CHILDREN
TOUR
POP
SAU
RUS
2012


この瞬間、観客のボルテージはいきなり最高潮に。

エソラ
ツアータイトルが表示され、桜井さんのシャウトが響くと同時に
ステージが明るく照らされ、POPSAURUS2012が幕を開けます。
ミスチルライブで、一曲目からワー!っと明るく盛り上がることは少ないので
今回のこのオープニングからの流れはとても新鮮です。
本ツアー3回目ですが、この始まり方はとっても( ´∀`)bグッド!

箒星
アウトロのところで、桜井さんが客席にマイクを向けて・・・
せーの!

♪Yeah------!!

タイミングを合わせて、センターステージで思いっきりジャンプ!!
福岡は、会場に一体感があります。
桜井さんは、大阪初日の方が高く跳んでました(笑)

youthful days
好きなんですけどね。ノリにくいんですよねーこの曲。
田原さんのギターの揺らぎを感じつつ楽しむ感じです。

やる度に

♪カンパーイ

部分の煽りが大きくなっていくのですが。
やぱりこっ恥ずかしいのです。どうすれば・・・

しかし今日のお客さんは盛り上がりがすごいです。
大阪と違って、ライブ慣れしていない人も多いからか、
イントロでの歓声も一際大きいです。

「何だこの一体感。」

MCの一言目がこれでした。
ですよね、今日の一体感本当にすごいです。

「何も言う必要ない気がするけど、決まりだから言わせて。この会場に、次の曲のタイトルが、Lが、Oが、Vが、Eが、溢れることを願って、お届けします。」

LOVE
何も言う必要ないって思えるくらいの時は、言わなくてもいいのになぁ。
決まりだからって、決めてるの桜井さん自身だし・・・
何も言わずにイントロで ワーヽ(*゚∀゚)ノヽ(*゚∀゚)ノ☆彡 ってなったほうが
盛り上がることもあると思うのです。
そんなことを思いながらのLOVE。
今日はえらく笑顔で楽しそうに演奏していらっしゃいます。

GIFT
今日は小林さんのキーボードが冴え渡っております。
桜井さんの声は、ちょっと高音苦しそうな部分もありましたが
これまで、この曲を完璧に歌えてる事のほうが少ないことを思うと
今回のツアーでは、よく声が出てるなぁ、と思います。

一番最後のところ、♪いつまでも胸の奥で~の部分を

♪いつまでも音の中でほら光ってるんだろう

と歌詞を変えて歌っていました。
大阪の時は、普通に「胸の奥で」と歌っていたと思うのですが・・・
西武ではどうだったんでしょう。

Everything(It's you)
ため息が出ちゃうくらいカッコイイ・・・(〃´д`)=3
今回のセットリストで一番の聴きどころだと、個人的には思ってます。

2回目のMCです。

「みなさんご存知だと思いますが、Mr.Childenは、あともう少しで、デビュー20周年を迎えます。」

20周年記念日、近づいてきましたねぇ。

「20周年ということで、今日は出し惜しみなくやらせていただこうかと。」

ここまでは毎度同じようなことを話していますね。

「何でライブでやらないんだって思ってる人が多いのはわかってるんだけど、でもなかなかやれなくて。最近ファンになった人、山P見て、HANABIでいいなと思ってくれたような人は全然知らない曲だと思うんですけど。」


GIFTとHANABIって同時期に発表された曲なのに、HANABIが異常に人気があるのは
きっと山P効果なんだろうなぁ、という気はしますね。
って言いながら、今回のライブではHANABIやらないという。
なくていいですけどね、今回のセットリストだと。

「間違っても、ミュージックステーションの春うたや恋歌なんかには選ばれない曲です(笑)。」


そりゃそうだww
ミスチル好きー!って人でも、この曲は知らないってことも、結構あるんじゃないでしょうか。

デルモ
なにげに小林さんのアレンジ力が光っているこの曲。

♪母の優しい面影を 追いかけて歌う故郷の子守唄


のところの映像・照明が、モデル女性の葛藤を良く表していていい感じです。
ホント、何で今までライブでやらなかったんだろう。

End of the day
CD発売後、初めて聴く生演奏。
やっぱりこの曲はライブの方が断然いいですね。
バンドの音がくっきりはっきり生き生きとしています。

CDの方は、ブラスやコーラス、いろんな音重ねすぎていて
ちょっとごちゃごちゃした感じになっているので・・・
最初にちゃんと聴いたのがライブだったせいもあるんですが
私はライブVer.の方が好きです。


♪ジャーン 
とギターを人かきし、話し始める桜井さん。
演奏が始まるとおもいきやいきなり話し始めたため
客席から小さな笑いとざわめきが起こります。

「一緒に、歌って欲しい。」

結構真剣な感じなのに、話し始めに笑いが起こっちゃうのがね・・・
唐突すぎるから、思わず笑っちゃうのも仕方ないですけど。

「作ったのは僕ですけど、この曲は、みんなの、そして、みなさんの、そして、お前らの、曲だと思ってます。」

大阪では、ちょっと迷いながら「お前ら」って言ってたと思うんですが
もうここまでの公演で、「みんな、みなさん、お前ら」をセットで言うことにしたようですね。
3通りの言い方をするこの部分の意図を、汲み取り切れないんですが、
いろんな人がいて、各々にとっての大事な曲として存在しているんだ
ってことなんでしょうか。

終わりなき旅
大阪公演に比べたら、客席に歌わせる部分が大分減りました。
一番は、桜井さんのギターのみの演奏で弾き語り。
そして、サビ部分は客席がギターに合わせて歌います。

♪いいことばかりではないさ でも次の扉をノックしたい
 もっと 大きなはずの自分を探す 終わりなき旅


桜井さんが、客席の歌声に合わせてギターを弾いている、
と言ったほうが正しいかもしれません。

2番からはバンド演奏が入ります。
2番から大サビまでは、ほぼ全部桜井さんが歌い切り
そして、最後の部分。

♪息を切らしてさ・・・・
 駆け抜けた道を 振り返りはしないのさ
 ただ未来へと・・・・


一瞬ギターの音がやみ、客席の

♪夢を乗せて

の歌声だけがドーム内に響きました。
おそらく、溜めを作って、もう一度♪未来へと・・・を繰り返すつもりだったんだと思うのですが
客席の歌声が綺麗にはまってしまったので、そのままJENに合図を出してラストのサビに突入。

ここの溜めのアレンジ、客の立場としてもどうしていいのか毎回迷うのです。
ちょっとアレンジ変えて、分かりやすくして欲しいなぁ。


さて、ここからは定番盛り上がりゾーン。

Dance Dance Dance
ニシエヒガシエ
フェイク

きっとこのゾーンは、演奏してる側がすごく楽しいんだろうなぁ。
聴いてる側としては、盛り上がるしのれるし楽しいんだけど
立見ブロックの盛り上がりをスタンド席から客観的に見ていて
一番温度差を感じるところでもあります。

こうしてせっかく上がった熱を一瞬にしてここまで冷まさせるか
というあの映像からは、今日もばっちり失笑が起こっておりました(^_^;)
ホントやめてくれないかなーこの映像演出。

365日
あれ?桜井さんの衣装が大阪の時と違う!
ここのお着替えタイムで、大阪の時は前と後ろで色の違う水色ジャケットを着ていましたが
ここ福岡では、赤いインナーに、襟部分に赤い生地が重なってる黒テーラードジャケット。
西武ドームで衣装が変わってたって聞きましたが、これですね!!
普通にかっこいい衣装あるんじゃんヽ(´∀`)ノ
もう、最初から最後までこれでいいじゃない。
最初のヒョウ柄シャツやめましょうよ似合ってないんだから。

あれ、曲の感想はどこへ・・・(笑)
あの映像のせいで、ここ聴く気にならないのが残念でならない。

しるし
んー、ちょっと声がかすれ気味。
それだけじゃなく、今日は何だかものすごい楽しいらしくてですね。
バラードなのにその楽しい気持ちが全面に出ちゃっていてですね。
しっとり聴く感じの音じゃなくなってるという・・・。
浮かれて演奏すると、しるしはこうなるのか。
小林さんのピアノが相変わらずキレキレでステキです。

ここで小休止。

「どうもありがとう。遠くから、何時間もかけてきてくれてるんでしょ?知ってるよ。」


このあとセンターステージに移動するんですが、その前に
今日はちょっと長めに、メインステージでしゃべり続ける桜井さん。
客席に挙手をさせるこういうMCは珍しいですね。

「福岡の人!(かなり多い)熊本!(そこそこ) 山口!(多くはないけど意外といる)大分!(山口並み)宮崎!(パラパラと数人程度で)少なっ(笑) 」

当然、福岡が一番多いんですが、熊本も結構いるもんですね。
九州なのに、宮崎はホント少なかった・・・そんなもんなんでしょうか。

「長崎!(熊本並み)広島!(福岡並みに多い)おぉー。じゃぁ、ものすっごい近所の人は?(会場笑)みんな遠くからどうもありがとう。」

広島で手を上げた人、本当に多かったです。
ドームツアーとなると、ドームのない大都市の人は確実に遠征になるわけで
広島からだと、大阪よりは福岡の方が近いですもんね。

あれ、佐賀と鹿児島は・・・(´・ω・`)
特に佐賀なんて、福岡のすぐ隣なのに・・・。

「そのお礼と言ってはなんですが、ほんの数100m・・・いや、数100mもないか。数10mかもしれませんが、もう少し近づきたいと思います。」


メインステージからセンターステージ、せいぜい50mくらいでしょうか。
これ、そもそも程々に近いアリーナ席の人は近づいてきた感あるんですけど
遠いスタンド席だと、メインもセンターもあんまり変わらないんですよね。

B'zのようにステージごとアリーナ最後方まで来ちゃったり、
ラルクみたいにドーム一周しちゃたり、やってくれたらいいのにな。

センターステージにて楽器をスタンバイしながら

「よく見てよ~」

そんなに見て欲しいのか(笑)

「キーボード小林武史!どうですか生タケシは!」

生タケシってwww

「さぁ、何やろうかな~」

いやいやいや、やる曲決まってるでしょ。
今ここで何やるか考えてる的なニュアンスで意味深に語りかけるのは何なのでしょうか。
そんなに客席煽るの楽しいのかしら。ドSだ。

♪ねぇ

ここで客席がε=ε=ヘ(*≧∇≦)ノキャ~ ってなるのが楽しくて仕方ないご様子。

くるみ
曲の入り部分で客席と戯れながら始まるので
聞き入るモードに入るのにちょっと時間が掛かるのですが・・・

Sign
イントロでの大歓声にびっくりしてしまいました。
個人的にそこまででもない感じなので・・・・
そんなに人気あるんですねぇ。そりゃ温度差感じるはずだ。

「どうもありがとう。」

ここでメンバー紹介。小林さん、ナカケー、田原さんの順に紹介し

「さて、次は・・・あのね、俺が歌うからマイクがここにあるから俺が喋ってるけど、別に喋るの得意じゃないから、リハーサルの時から、何でもいいから話ししてよってお願いしていて。例えば、今日のYahooトピックスからとかでいいからって。それが定着しまして。ドラムス、鈴木英哉!」

「いやぁ、別に定着させるつもりはなかったんですけど(笑)俺、エンタメのとこしかみてないんだけど、今日はね、これ。『阿部寛濃い顔で敗北』」

そこきたかw
今日、その見出し見たけど、中身見なかったなぁ。
ここからのやり取りはこんな感じ。

JEN 「阿部寛さんね、俳優の。」
桜井 「わかるよっ!それくらいは。阿部寛さんね。」
JEN 「そう、その阿部寛さんが、テルマエ・・・ろみお?ろめん?」
客 「テルマエ・ロマエー!」
JEN 「テルマエ・ロマエか。レミオロメンみたいになっちゃった(笑)それでね、あの、北村・・・あれ?なんだっけ?オジサン最近名前が覚えらんなくて・・・」
客 「北村一輝ー!」
JEN 「そうそうそう、北村一輝さんに、濃い顔対決で負けたっていう」
桜井 「コイガオ?」
JEN 「濃ゆい顔ね。濃い顔。」
桜井 「あぁ、そういうことね。よくもまぁそんな曖昧な情報でステージに上がってるね(笑)」
JEN 「他人に頼りきった人生なので(爆笑)。」

あやふやで何の実りもない爆笑MCでした(笑)

「・・・あぁ、いつもここで持ってかれて自分紹介するの忘れるんだ。ボーカル桜井和
寿でございますっ!」


このまま次の曲に行く流れかと思いきや、

「もうすぐ、ベストアルバムが出るでしょ?」

お、ベストの話してくれるの!?

「なんか宣伝っぽくなっちゃうんだけど、そういうつもりじゃなくて。海外のエンジニアにね、リマスタリングをしてもらったんですけど。マスタリングって言ってね・・・って、ここから説明するの?(笑)」


小林さんが先日、リマスタリングのためにニューヨークに行っていたという話を
どこかで聞きました。

「レコーディングするじゃないですか。48ビットだっけ?(小林さんに尋ねるもよく分からず)誰も知らないのか(苦笑)多分48ビットだと思うんだけど、それを、CDにするために16ビットに落とさなきゃいけなくて。」

言いたいことはよく分かるのですが、客席全体としては
わかったような分からないような微妙な空気に。

「んーと、Blu-rayで撮ったのを、DVD画質に落としたのがCD。その作業をマスタリングっていうんです。」


この例えはわかりやすかったようで、へ~なるほど~という空気に。

「それをね、海外のエンジニアにやってもらって、すっごく良くなってるの。ホント全然違うから。みんなも違い、わかると思うよ。」

桜井さんがここまで言うとは。
これはベストアルバム、期待しちゃいますねー(´∀`*)

「で、ベストが出るって話。ベストも出ることだし、今回のライブの選曲は、イントロでお客さんがワー!ってなることをイメージして選んで。ここまで、どうですか?」

確かに盛り上がるライブ定番曲多いですけど、
意外とそうでもない曲も混ざってるので、客席の反応は微妙だったりします。

「でも、次に演る曲はそうでもなくて。こんな話ししたからって無理に盛り上がらなくていいからね。全然知らないって人もいると思うんですけど。1994年の景色を思い出して、1999年に作った曲を、2012年、春の福岡で、やりたいと思います。」

1999年、夏、沖縄
あぁ・・・沖縄のあの空気の下で聴きたいなぁ・・・・
歌詞はちゃんと、ご当地に合わせたものになっていました。

♪いつかまた福岡で歌いたい
 いつかきっとYahooドームで歌いたい


今日はいっぱいしゃべっているので、ライブ時間が長い長い。
ここから本編最後までは一気にいきますよ!

ロックンロールは生きている
Roundabout~孤独の肖像~
Worlds end
fanfare
innocent world

改めて、この並びすごい。
何がすごいって、こんなに盛り上がり曲5連発なのに
シングル曲が1曲しかない(笑)

先程ベストアルバムの話もありましたけど、今回のセトリ
何気にミクロマクロ収録曲少ないですよね。
半分くらいは、2000年以前の曲ですし。


さてさて、アンコールです。
今日も桜井さんは一人で登場し、センターステージに立ちます。

「あっついなー」

あれ、大阪では本編中盤できてた前後で色の違う水色ジャケット着てる。
暑いならジャケット着なければいいのにw

「別に罰ゲームとかじゃなくて、自分で一人でやりたいってメンバーに言ってやらせてもらってるんですが・・・いざやるとなると、プレッシャーがすごい。」

とか言いつつも、もう5公演目ということもあり
だいぶ慣れてきた感じがします。

「今までに発表した曲、188曲。全部頭に入ってるんで、今から皆さんのリクエストにお答えしますんで。」

またまた。そんな気全くないくせに。
嬉しそうに(・∀・)ニヤニヤしながら客席に語りかけています。

「え、なになに?バラバラじゃないか!じゃあおれが決めてきた曲をやるっ!」


ここで、3万7千人が声を揃えて何か曲名をコールしたら
やってくれるのだろうか。
やるしかない状態を作ってみたい(笑)

「あのー、今、新曲を作っていて。今からやるのは、それじゃないんですけど(笑)。」

これもね、ちょっと期待させて落とすっていうね。
客席をおちょくって遊んでますねー楽しそうだなー

「まだね、歌詞がないの。歌詞がない状態で、ア~とかやられても嬉しくないでしょ?ア-アーウーとか」

ここで、ギターとハミングだけで軽く1フレーズ奏でられた優しいメロディ。
いつかどこかで、完成した一曲となるかもしれない新しいメロディー聞けただけで
ちょっと得した気分♪

ファンなんてそんなものです。
歌詞なくても、新しい音聞けるのは嬉しいんですよっ!桜井さんっ!!

ラララ(弾き語り)
桜井さんも、客席も、何だかとても楽しくリラックスした雰囲気で
みんなで一緒に演奏するラララは、その日その日で違う顔を見せるので
毎回新鮮な感覚で楽しめます。

大阪初日は手拍子をやめさせてましたけど、2日目以降は
自然と沸き起こる手拍子に合わせての演奏。
雨あられに、なってると思うんですけど、何か攻略法見つけたのでしょうか。

間奏部分で、ギターをゆっくりフェードアウトさせていくと、自然と手拍子も止みます。

♪なくてはならぬものなどあんまり見当たらないけど
 愛する人も同じように今日も・・・


この後の歌部分が、微妙に毎回違うんです。
というか、回を重ねる毎に増えている気がする。

♪歌って 笑顔で 時には泣いて

ここまではしっとりした雰囲気だったのに

♪息を吸って(スー) 吐いて(フゥー) また吸って(スゥー)
 (笑) 元気で暮らしてる


なぜか深呼吸を取り入れてちょっとおちゃらけムードにしてエンディングへ。
重い感動的な雰囲気にしたくなくて、わざと笑わせようとしてる感じです。
楽しい感じも感動的な感じも、それぞれどちらもいいんですけどね。

「どうもありがとう!」

桜井さんがメインステージに戻っていくと同時に、次の曲のイントロが響きます。

彩り

桜井♪ただいまー
客♪おかえり~

この客席からの「おかえり」は、Mr.Childrenのメンバーに対する
来てくれて、ライブをやってくれてありがとう、という意味が込められて
いるように聞こえます。
メンバーのあの嬉しそうな表情・・・(´∀`*)

光の射す方へ
本編でならまだしも、アンコールでこんな王道曲を持って来られると・・・
やや食傷気味です(´・ω・`)

overture
蘇生

overtureで、骨のステージセット頭部分のスクリーンに、
恐竜の頭蓋骨画像がピタリとはまり、そしてその頭蓋骨は
やがて花となり開花します。
2001年ポップザウルスの時は、セットの頭部分が
実際に開いて大きな花となったのがとても印象的でした。
あのときのインパクトに比べると、今回は映像なので
ちょっと迫力に欠けてしまっています・・・
曲と演出はよく合っていて、いいんですけどね。

祈り~涙の軌道
今日のライブは、本当にとても楽しかったんです。
メンバーもきっとすごく楽しかったんでしょう。
楽しげに力強く演奏するような曲じゃないんですが
今の気分が演奏に現れていました。
しっとりバラードなのに、なぜか明るく力強いという・・・
ライブはナマモノだなぁと、つくづくそう思います。

「最高のゴールデンウィークを!」

最後はこの一言で、今日のライブは終了しました。
大阪とはまた違う楽しさを感じられた福岡初日公演。

ライブ後は、美味しいお魚と美味しいお酒で乾杯!
いやぁ、ライブ後のビールってなんでこんなに美味しいのだろう。

福岡遠征1日目はとっても充実したものになりました。
明日もさらに充実した一日になりますように。





2012/4/29 福岡公演セットリスト

エソラ
箒星
youthful days

LOVE
GIFT
Everything(It's you)

デルモ
End of the day
終わりなき旅
Dance Dance Dance
ニシエヒガシエ
フェイク

365日
しるし

くるみ
Sign
1999年、夏、沖縄

ロックンロールは生きている
Roundabout~孤独の肖像~
Worlds end
fanfare
innocent world

<アンコール>
ラララ(弾き語り)
彩り
光の射す方へ
overture
蘇生
祈り~涙の軌道



  
Mr.Children
New Release
2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ 世界遺産を巡る旅

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
趣味 :音楽鑑賞、旅行
趣味の詳細はこちらへ↓
好きなアーティスト一覧
Mr.Childrenライブ参加履歴
自己紹介・旅の履歴

[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク