世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

【Tour Final】9/25 Mr.Children Stadium Tour 2011 "SENSE" ~in the field~ in 宮城 国営 みちのく杜の湖畔公園 風の草原ライブレポート

**他公演のライブレポはこちら↓へ**
・8/20 広島ビッグアーチ公演
・9/ 3 日産スタジアム公演
・9/ 4 日産スタジアム公演
・9/11 豊田スタジアム公演
・9/18 長居陸上競技場公演
・9/19 長居陸上競技場公演
・9/24 宮城公演
******************


2011/9/25
Mr.Children Stadium Tour 2011 "SENSE" ~in the field~
in 国営 みちのく杜の湖畔公園 風の草原



ツアー最終公演です。

8月の広島からスタートしたスタジアムツアーも
あっという間にファイナルを迎えました。

昨日の夜があまりにも寒かったので、今日はその反省を生かし
仙台駅で服を買い、牛タン定食でしっかりお腹を満たしてから
会場に向かうシャトルバスに乗車しました。

シャトルバス乗車列が昨日よりも短くなってスムーズに。
そのかわり、会場に到着すると、入場ゲート前の列が
昨日の3倍くらいになっていました。
時間は14時過ぎ。昨日とほぼ同じ時間なのになぜ?

ゲートまでたどり着いて、理由がわかりました。
昨日は完全スルーだったのですが、今日はしっかりカメラチェックをしていました。
ということは、昨日不正をしていた人がいっぱいいたんでしょうか・・・

まずはフードエリアへ。
昨日は売り切れだらけでしたが、今日はそんなことなかったです。
人も少ない感じだったので、あんまり売れてなかったのかな?
お昼はちゃんと食べてきたので、ここではオーガニックコーヒーと
揚げたてのチュロスをいただきました。
んまいっ(^o^)

トイレを済ませると同時に、開演前の恒例アナウンスが入りました。

この時点で開演時間を5分ほど過ぎています。←落ち着きすぎ。

今日は昨日とは逆サイドのA9ブロック。PAテントの横です。
昨日のB1ブロックは、視界を松に遮られるという珍体験をしましたが
今日はそんな障害物もなく。スクリーンがよく見えます。

私たちがブロックに入ってすぐ、ファイナル公演がスタートしました。


Prelude
大阪から宮城は間が短く、しかも、昨日かなりの力を出し切っていたので
今日は、最初から振り絞るような歌声でした。
しかし、昨日のような変な緊張感や力みは消えてリラックスした雰囲気で
全体の音にまとまりがあり、バンドの演奏がとても心地良く響いてきます。

そういえば、どこかの歌詞を思いっきり間違えてましたね。
軽く口ずさんでいたら、聴こえてきた歌が私が口ずさんでたのと違いました。


「会いたかったよー!」

と叫んで始まった
HOWL

未来
I'm talking about lovin'
innocent world

声はやはり、かなりかすれ気味です。
でも、全体の音はまとまってるし、感極まって・・・という場面も、今日はありません。
ツアーファイナル公演を、心から楽しんでいるのが伝わってくる演奏です。

「いやぁ、すごいね!会いたかったです。最高の夜にします!・・・あ、夜じゃないか(笑)」

これまでのスタジアムツアーは17時半開演でしたが、宮城は15時半開演。
よって、このMCをしている時間は16時くらいです。

「この中途半端な時間、なんて言えばいい?(客席のいたるところからゆうがたーと声が上がり)夕方?じゃあ、最高の夕方にします!!(笑)」

最高の夕方ってw 何も間違ってはいないけど、何かがおかしいww

「遠くからきたんでしょ?みなさんが、遠くから歩いてくるのをお見かけして、こんな遠いところまで来てくださってありがとうございます。」

仙台駅からシャトルバスで約1時間ですからね。
すぐ近くに住んでいる人はほとんどいないような場所ですから
殆どの人が、数時間の時間をかけて足を運んでいることでしょう。

「(アリーナツアーの)仙台に来るはずだった人どれくらいいる?じゃあ、盛岡に行くはずだった人は?」

両方合わせたら、会場の半分くらいの人は手を挙げていたでしょうか。
中止になってしまった両会場の公演を楽しみにしていた人が
こんなにもたくさん、ここに集結しています。
昨日も合わせて、一体どのくらいの人がこの宮城公演に参加できているんだろう。

「聴いてもらいたい歌、音をたくさん用意してるんですが、次にやる曲は、青い・・・・青い頃を思い出して。今まさにって人もいるだろうけど。気持ちを1993年に戻して、やりたいと思います。僕らの3rdシングルです。」

Replay
シングル曲の中ではキーが低く歌いやすい曲なので
ここでの歌声はバッチリでした
メンバーがみんな、本当にいい顔をしている。

君が好き
原歌詞♪月も濁る東京の夜だ のところを、
公演場所と天気で毎度変えるのが恒例になったこの曲。

広島: 雨上がりの広島の夜だ
熊本: 雨上がりの熊本の夜だ
日産1: 雨上がりの横浜の夜だ
日産2: 月も濁る横浜の夜だ
豊田1: 月も濁る名古屋の夜だ
豊田2: 月も濁る豊田の夜だ
長居1: 月も濁る大阪の夜だ
長居2: 雨に濡れる大阪の夜だ
宮城1: 晴れ渡る仙台の夕暮れだ

上記のように、ここまでの公演、全て歌詞が違いました。
最終日の宮城2日目は

♪薄曇りの仙台の夕暮れだ

でした。
昨日は青空が見えていたんですが、今日の空は雲に覆われています。
でも、風は昨日のほうが冷たく、今日は少し湿気を含んだ空気です。


「スタジアムツアーの最終公演、そして、たぶん、今年最後のライブを、ここでやれることをほんとうに嬉しく思っています。」

・・・たぶん?
まさか今年これ以上ライブがあるはずはないと思っていたので
小さいことですが、たぶん、と濁したところが気になりました。
もしかしたら、去年のStDのようなものを予定しているのでしょうか。

「全国を回ってきて、どの会場でも同じような話をしてきたんだけど、例えば、広島で、『広島の皆さんの前でこんな話をするのは本当に申し訳ないんだけど、最終日に、宮城でライブをやれることになりました。』って言ったら、みんな拍手してくれて。みんな、何かしたい、伝えたいって思ってるんだけど、どうしたらいいのか分からない人もいると思うんです。で、みんなで何かできないかって考えて、ビデオレターを、全国の会場で撮影してきました。一人一人メッセージを貰うのは無理だけど、みんなで、元気をリレーして、それを届けようと。見てもらえますか?」

会場からは大きな拍手が。
昨日も見ましたが、今日の方がスクリーンがしっかり見えるので
もう一度しっかりと見て、目に焼き付けてきました。

元気のリレー

(種が芽吹き、花が咲くアニメーションとメッセージ)

広島 50,000人
熊本 39,000人
神奈川 130,000人
愛知 65,000人
大阪 97,000人


38,1000人の、元気のリレー。

日産スタジアムで桜井さんが、元気のリレーを撮影する前に説明している所が映しだされます。
毎回全く同じ衣装なので、今、生でそこでしゃべっているのか
録画されたVTR内の桜井さんの声なのか、一瞬わからなくなりますw

「スタート!」

の合図で、広島から順番に、元気がリレーされていきます。
広島は、初日で勝手がわからず、客席を座らせずにリレーを始めため
スタートが非常にわかりにくい映像になってしまっていました。
熊本からは、ちゃんと座ってスタートしたみたいです。
日産では、初日の上段・下段がずれてしまい、2日目は上段下段分けて撮影しました。
豊田が一番、元気があったかもしれません。
最後は土砂降りの長居。みんな雨具を身につけています。

私は元気リレーを撮影した、まさにその場にいたので
各会場でのそれを思い出しながら、このVTRを見ていると
込み上げてくるものがあって、自然と涙が出てきました。

宮城公演を楽しみにしていた東北の皆さまは、どう感じたのでしょう。
VTRから、ステージ映像に画面が切り替わりました。
会場からは、温かい拍手と歓声が沸き起こります。

「伝わった?よかったぁ。」

安心したように、ホッと胸をなで下ろす桜井さんの笑顔。
私も周囲を見回してみましたが、元気リレーはちゃんと
伝わっているようでした。

「全国に、こんなにたくさん仲間がいるからね!」

そうです。Mr.Childrenという存在を共有する仲間が
この元気リレーに参加した人だけでなく、していない人の中にも
たくさんたくさんいます。

関西から来た私が、ここで泣いてどうするって自分でも思いましたが
こらえ切れませんでした・・・

スクリーンに映る桜井さんの表情も、ここから通常の流れに
切り替えなくては、と必死に感情を抑えているように見えました。

「私達事ですが、来年、デビュー20周年になります。Mr.Childrenがこれまでに発表してきた曲、全部で184曲あるんですが、その中の、一曲でいいので、みなさんが悩んだり迷ったり、辛い時に、寄り添うような曲があったらいいなと、そんな想いを込めて、この曲をお届けします。」


今日がツアーの最終日。
もうここから先は、全力投球する以外にありません。

の口笛、震えていたというか、
ちょっと音程が不安定な感じでした。
もう、喉もかなりお疲れのようで、高音は辛そうです。
それでも全力の演奏は続きます。

CENTER OF UNIVERSE
広島~大阪までのスタジアムツアーとはステージサイズや照明が違うので
ここの演出は、少し寂しく感じます。
中央スクリーンの映像、大阪までの公演にはなかったものが映っていたような・・・
角度があったので、ちゃんと見えませんでしたが、あれ?っと思いました。

これまでは休憩タイムにしていた(ゴメンナサイ)365日も、
最終日の今日は集中して、演奏を楽しませて頂きました。
声はもう仕方がないとしても、すごく気持ちのこもった演奏です。

元気リレー映像の後は、手を振ったり手拍子したりをするような気分になれず
とにかくここで鳴らされる音を、しっかりと感じたいと思いました。
なので、ほとんどすべての曲、時には目を閉じてじっくりと聴き入っていました。

音に集中すると、今まで聞こえなかった音がビックリするくらいに
鮮明に聴こえます。
ナカケーの鳴らすリズム、田原さんが弾いた弦の波打つ音・・・
小林さんが音をはずす瞬間もよくわかりますw
キーボードのミスタッチ、ちょっと多かったですね。
更に、コーラスの音程がものすごいずれてる所が、多々ありました(^_^;)
無理にコーラスしなくていいのになぁ。
キーボードに集中して頂いたほうが、いい演奏出来ると思うのですが。

最後の2曲、もうこれで本当に最後です。

かぞえうた
震災以降、初めての東北でのライブであり、ツアー最終公演。
この日のライブに対する溢れる想いが、全力で注がれた演奏でした。
決して声は絶好調ではありません。
演奏も完璧ではありません。
それでも、この日のかぞえうたは、このツアーで演奏されたどのかぞえうたよりも
心の奥深くに浸透するような力を持ったものでした。

終わりなき旅
今年、ライブで演奏される、おそらく最後の曲。
残っている力のすべてを出し尽くした演奏でした。
すごい気迫を感じました。怖いくらいでした。
演奏が終わっても、拍手をするのを忘れてしまうくらいに・・・


「ありがとう仙台!ありがとう盛岡!ありがとう福島!ありがとう山形!ありがとう東北!」

アリーナツアーが中止になってしまった仙台、盛岡。
さらに、宮城隣接県の名前も加わっていました。

「全国の仲間からのメッセージ、わすれないでねー!」


『仲間』
いい言葉ですね。
私は元気を届けに来る立場だったはずなのですが
ここでたくさんの元気をもらいました。

全ての演奏が終わり、メンバーがステージから去った後
盛大な花火が打ち上げられました。
これが最後のサプライズ。
東北の空に、最高に美しい花が咲きました。

ありがとう宮城。
ありがとう東北。
そして、ありがとうMr.Children!!!




【9/25 宮城公演 セットリスト】

かぞえうた(1フレーズ)
Prelude
HOWL
未来
I'm talking about lovin'
innocent world

[MC]
Replay
君が好き

[MC~元気リレーVTR]
Mirror

I
CENTER OF UNIVERSE

365日
ハル
ロックンロールは生きている
ニシエヒガシエ
Everything is made from a dream
風と星とメビウスの輪
HERO
擬態
エソラ

(アンコール)
fanfare
星になれたら
Tomorrow never knows
かぞえうた

[MC]
終わりなき旅
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク