世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

上海旅行 part2. ~食べ歩き編~

上海旅行記part2は、食べ歩き編です。
今回の旅、目的の8割は食べることだったりします。

・・・なのですが、いろいろ食べた割には写真が少ない。
出てきたらすぐに食べちゃって、「あ、撮るの忘れた!」
ってのばっかりだったので。

上海料理は、味がさっぱりしていて、淡白で日本人にはとても食べやすいです。
ガイドさん曰く、上海料理は味が薄くて甘いので、四川料理が上海で人気なのだとか。
本場の四川料理は本当に口の中が痛くなるくらいに辛いので
今回、私達が食べたのは割と優しい味の料理ばかりでした。

初日の夜、ホテル近くのレストランで食べたのは
豚肉でパクチーを巻いた前菜と、米粉麺のラーメン(太いビーフンみたいなの)
そして中華ちまき。
どれもさっぱりしていて美味しかったです。写真は撮るの忘れました・・・

2日目は、午前中はガイドさんつきで市内を案内してもらい
お昼は豫園のお茶屋さん券レストランで食べました。
これもさっぱりした上海中華で、ボリュームたっぷり。
しかし、何故デザートはいつもスイカなのでしょうか・・・冬なのに

お昼にたっぷり食べたので、あんまり間食はしないで
夜は、ガイドブックにも乗っていて口コミ評判もなかなか良かった
南京東路の、一本南の路地にある「成隆行蟹王府」へ。
丸ごとの上海ガニは食べませんでしたが、蟹を使った料理をいくつか注文。
一番美味しかったのが、この、揚げた銀鱈に蟹のあんをかけたもの。
銀ダラ蟹あんかけ
前菜から、餡かけの麺、そして黒酢の酢豚、どれもとっても美味しかったです。

翌日は食べ歩きデ―。
まずは、南京西路の東側、呉江路へ。
ガイドブックには、小さなお店が立ち並び、いろいろ買い食い出来そうな
雰囲気で書いてあったのですが、実際行ってみると、ほとんどの建物が
工事中でした。これも万博のためなのでしょうか。
街中に、ちょっと古びた建物と昔ながらのお店っていうのは
とってもいい雰囲気だと思うんですが、これがなくなってしまうのは残念です。
そんな中でも、もちろん営業しているお店はあります。

一番の目的は、小楊生煎館の焼小籠包。
並んでいるので、すぐに分かりました。
周りの建物が古びていたり壊されたりしているのに
ここだけ看板が真新しい。
小楊生煎館

焼き小龍包
 そして、これがその焼小籠包。
 一皿4個で4.5元です。
 食べる前に写真を撮るのを忘れていたので、
 一口かじってからの写真になっちゃいました。
 1つが大きいので、一皿で十分満足できます。
 かぶりつくと、たっぷりのスープが中から
 こぼれて来ました。


かなり満足して店を後にし、少し進んだところで今度は
臭豆腐を上げて売っている屋台を発見。
ちょっと気になっていたので、一皿買ってみました。
写真はありません・・・
3種類のタレ(甘味噌と、ちょっと辛い味噌など)を好きにかけて食べるようになっていて
鼻を近づけると、チーズのような発酵臭が少しするものの、想像していたほどのクセはなく
揚げたての厚揚げに味噌をつけて食べている感じでした。美味しかった♪

このまま南京西路駅まで歩き、そこで南翔饅頭店へ入りました。
豫園では、お腹がいっぱいで行かなかったので。
ここではもちろん小籠包をいただきました。
美味しいですが、これは日本で食べても同じ味ですね。
この、南翔饅頭店の入っているビルの中にも、先ほどの焼小籠包屋さんが
出店していることに気付きました。
こっちの方が席に余裕があるので食べやすいかもれません。

ここから、てくてくてくてく歩いて行って
途中、ネギと挽き肉炒めたのが入った円盤型のパンや
エッグタルトみたいなのw買って食べたりしながら
田子坊まで歩きました。
ずーっと道沿いにお店があったので、飽きずに歩けました。
こういう雰囲気の方が、高層ビル群が立ち並ぶ街中よりも好きです。

田子坊は、雰囲気だけ見て、こういうところかぁという感じ。
ここから再び、1号線の駅まで歩いて、地下鉄で南京西路へ戻りました。

さて、この日の夕食。
ものすごく寒かったので、温かいものが食べたい!
ということで、看板の「火鍋」の文字を見て入ってみました。
南京西路付近の、路地に入ったところにあるビルの中です。

今回の旅行で初めて、メニューに英語表記すらない店でした。
全部中国語で写真もないので、文字だけで内容を予想して注文。
まずは基本の鍋。
火鍋
大体4人前相当と書いてありましたが、かなりの大鍋。これで48元って、安い!
片方は激辛スープ、もう片方はあっさり白湯スープ。
赤い方は、最初からお豆腐やら良くわからないプルプルしたものやら入っていて
中国山椒と唐辛子で痺れるような辛さのスープ。美味しいけどかなり辛いです。
白湯スープは、本当にあっさりしていて、白菜や青菜、トマトなどが入っていました。
追加で、お肉や野菜、そしてドリンクを注文しても、全部で112元。
食べ歩いていたのでお腹ぺこぺこ、というわけではなかったにしても
十分満足できました。

最終日。新天地のレストランで昼食。
窓際から中で食べている人が見えて、美味しそうだったので
新吉士酒楼という、上海料理のお店に入りました。
後から見たら、ガイドブックに載ってるお店でした。有名なのかな?

上海にいる間に、ぜひこれを食べたかったのです。
豚角煮(紅焼肉)
豚の角煮、紅焼肉。甘辛く煮込んであって、とっても柔らかい!
見た目ほど味は濃くないし、油の塊部分も全然脂っこくない。

上海で食べたものの中でオススメするなら、この角煮と焼小籠包です。
もしこれから上海へ行かれる方は、ぜひ食べてみてください!

上海旅行 part1. ~観光地編~

上海!
外灘

今回の旅は、1人じゃなかったこともあり、写真の枚数が少ないので
観光地編と食べ物編の2回で、旅行記をまとめたいと思います。

まずは、上海と言えばこの風景という印象のある
外灘(ワイタン)&浦東(ぷーとん)の高層ビル群観光。
最初の写真は、浦東側から外灘を撮影。
天気が悪いのもありますが、空気全体が煙ってます。


浦東
どれか一つ、展望台から景色を見たいと思い
浦東の、金茂大厦の88階展望台へ登ってみました。

この写真の右側のビルです。
中にはグランド・ハイアットホテルが入っています。

ちなみに左側は森ビル。
こちらにも展望台はありますが
金茂大厦の方が、入場料が安いのです。
88階展望台に、88元で行けます。
森ビルの方は、94階~100階に3つの展望台があり
100元~150元します。
ほとんど同じような位置からの眺めで、そんなに景色は
変わらないので、安い方を選びました。



その展望台から眺めた浦東&外灘の景色。
浦東 展望台より
右手に東方明珠塔が入るように撮影。
煙ってて見にくいですが、浦東も外灘も、あちこちで工事中。
古い建物を壊して、新しい高層ビルを建てまくっていました。
何故、こんなに工事を至る所でやっているかというと、

海宝 このためです。
 今年の5月~10月、上海で万国博覧会が開催されます。
 そのために、街を綺麗に新しくしているのです。
 そういえば、2005年の愛知万博の前、名古屋市内は
 至る所で道路の舗装工事や駅の改修工事してたなぁ
 というのを思い出しました。

外灘観光トンネル
浦東から外灘へ戻るのに、こんなのに乗ってみました。
このゴンドラにのって、外灘観光トンネルという光のトンネルを
潜って、向こう岸に渡ります。
5分くらいですが、光の演出が結構綺麗で面白かったです。
片道40元、往復50元。一度くらいは乗ってみてもいいと思います。
普通に移動手段として使うなら、絶対に地下鉄の方がいいですが。
(値段が10分の1以下で済むので・・・)

翌日。この日は豫園を観光しました。
豫園商城
観光地として作った町、という印象です。
横浜中華街歩いているのと、あんまり変わらないかも。

庭園内。ここだけは歴史的な雰囲気が残っていました。
豫園

さらに翌日は。人民広場の南側にある上海博物館へ。
入館料無料が嬉しい、上海の歴史を学べる博物館です。
上海博物館
通貨、印鑑、書、焼物、彫刻など、種類別に展示されていました。
日本語のガイドマップや解説もあります。
上海は歴史の浅い都市などで、北京に比べるとどうしても見劣りします。

最終日は、新天地へ。
新天地
ここも完全に観光地ですね。
お土産物も飲食店も、いいお値段のお店ばかり。
歩いている人も、外国人だらけでした。

この4日間、人民広場で写真撮るのを頼まれたり
地下鉄の駅で道聞かれたり、計5回くらい中国語で話しかけられました。
写真は撮ってあげられるのですが、道は、向こうが何を知りたいかが分からないので
「ごめんなさい、中国語わからないの」と謝ってスルーしました。
たぶん、親子で歩いていて安全そうに見えたから話しかけられたんだと思います。
見た目では日本人と中国人はほとんど区別つきませんし。
日本でも、こんなに頻繁に話しかけられたことありません(笑)

おまけ。
2日目に、田子坊から黄陂南路駅までのんびり歩いていたときに撮った写真を。
高速道路ライトアップ
高速道路の下の大通りを歩いていたのですが、街に近付いてきたところから
高速道路下がブルーのライトでライトアップされていました。
日本ではこんな場所、ないですよね。
運転することを思うと、ブルーのライトアップは視界が暗くなるので
危険な気もしますが、とても綺麗でした。

上海旅行 part0 ~出発前日~

明日から、3泊4日で上海へ行ってきます。
今回の旅は、自分が行きたいからというよりは
母の初飛行機・初海外挑戦に付き添い、という感じです。

年末、1月中旬~下旬に、1週間くらいどこかに行きたいなぁと
漠然と思っていて、アジア中心に旅行プランを模索していたところ
弟も、その時期なら時間があるので一緒に行こうという話になり
その場のノリで、絶対に飛行機は嫌だと言っていた母も誘ってみたところ
意外と乗り気だったため、3人で行くことに。

一人旅だったらタイ、カンボジア、ベトナムあたりにしようかと思ってたんですが
初海外で、飛行機も初めての母が一緒ということでプランを練り直しました。
結局、治安と飛行距離など考えた結果、上海へ行くことにしたわけです。

上海のような都市だと、1人だと行こうと思わないので
これはこれでいいかなぁと思ってます。
中華料理は一人より、人数がいた方が楽しめますしね。

上海の街並みと、美味しい中華料理を楽しんでこようと思います!

  
Mr.Children
New Release
2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ 世界遺産を巡る旅

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
趣味 :音楽鑑賞、旅行
趣味の詳細はこちらへ↓
好きなアーティスト一覧
Mr.Childrenライブ参加履歴
自己紹介・旅の履歴

[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク