世界遺産が大好きなMr.Childrenファン、レナコがお届けする、ライブと旅の情報ブログです  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリーナ会場の座席

某掲示板等で、何度か見かけた質問。

「サイドスタンド席って何?どんな感じ?」
「立ち見ってどんなんよ?」

いつの間にかオフィシャルサイトにも図入りで説明文が加えられていますが
いろんなところで同様の質問を見かけますし、
勘違いされている方も多いようなので
おせっかいな私が勝手に解説させていただきます(笑)

オフィシャルサイトに掲載されている図がこれ。
SENSE座席図

知ってる人が見れば分かるけど、そもそも分からない人が見て
この図でわかるんだろうか・・・
全会場の中でもちょっと形の違う横浜アリーナの図面で解説しなくてもねぇ。

横浜アリーナは、座席の呼び方が他のアリーナ会場と違います。
一般的に「アリーナ席」と呼ばれる、競技場フィールド部分の席を「センター席」
他会場なら「スタンド席1階」と言われる部分が「アリーナ席」
いわゆる「スタンド2階」に相当する席が「スタンド席」
という呼び方になっています。

で、ややこしいのが立見席。
普通、立見席はスタンド最上段席の後ろの通路、という会場が殆どですが
横浜アリーナだけは、アリーナ席とスタンド席の間の通路が立見席になります。
なぜなら、スタンド席の後ろに立つようなスペースがないからです。
つまり、スタンド席より立ち見席の方が、位置的には前方になります。
どちらにしてもステージからは遠いので大差ないですが・・・

以上が例外の横浜アリーナ。
その他の会場は、私が知っている限り、
規模は違えど、基本的な席の配置は同じはずです。
立見席は、スタンド席の後ろにズラーッと立ち並ぶことになります。
ある程度の範囲ずつブロックを区切っている場合もあります。

さて、次にサイドスタンド指定席について。
一番多い勘違いが、「サイドバック指定席」の混同です。

私が一番頻繁に訪れる大阪城ホールの図面で解説します。
一般的なアリーナ会場は、ブロック区分や席数が違うだけで
だいたい同じなので、これで想像してみてください。

↓クリックすると別ウィンドウが開き、拡大画像が表示されます。
大阪城ホール座席表

サイドスタンド、つまり、サイド=横。ステージの横位置に相当する席。
バックスタンド、バック=後ろ、ステージの後ろ側に位置する席。
サイドバック指定席というのは、サイドスタンドとバックスタンドを合わせた言い方です。

図から分かるように、サイドスタンド指定席は、
ステージを真横~やや斜め後ろから見下ろすような席になります。

ここ最近のミスチルアリーナツアーは、バックスタンドまで客席
という形式が多かったため、勘違いされる方が多いのだと思います。
今回のミスチルSENSEツアーの場合は、サイドスタンド指定席なので
バックスタンド部分に客席は設置されません。
つまり、ステージを真後ろから見るような位置に席はないのです。

音響機材は、基本的にステージより前方に向けて音を発するので
横位置は、音のバランスが非常に悪いです。
ステージ上のメンバーの姿も、真横からでは見にくいのは容易に想像がつきます。
ステージ上の機材や照明類を支える鉄骨が視界を遮る角度かもしれません。
正面を向いているスクリーンは当然見えません。
最前列ならば、もしかしてもしかすると花道を歩いてきたメンバーに
最接近できるチャンスはあるかもしれませんが、そんなのは一瞬です。
はっきり言って、何もいいことのない席だと、私は思います。

指定席との価格差500円以上の差を感じます。
立ち見席は、1000円も安い上、音のバランスのいい場所を選択できますし
正面から演出を楽しむことが出来ます。
荷物を置いたり、座って休憩することが出来ないのはツライところですが
個人的には、サイドと立見なら、立見を選択します。

以上、座席についての解説でした。
スポンサーサイト

Mr.Children DOME TOURに向けて ~福岡ドームへのアクセス~

ミスチルドームツアーの初日、福岡公演まであと2日。
もう明後日の朝には新幹線で福岡入りするんだなぁと
実感のないまま過ごしています。

博多駅まで新幹線で行くのはいいとして
そこからドームまでどう行くのが一番いいのでしょうか。
各地から、いろんな交通手段で向かわれる方がいると思いますので
主なアクセス方法を以下にまとめてみます。

<地下鉄>
福岡Yahoo!JAPANドームの最寄り駅は「唐人町」です。
3番出口から徒歩10分。一番確実にドームへ辿り着ける方法だと思います。
・福岡空港~唐人町 【所要時間22分、運賃290円】
・博多   ~唐人町 【所要時間17分、運賃250円】


<バス>
天神や博多駅をはじめとする市内各地から福岡ドーム周辺へ向かうバスが運行しています。
野球やコンサート等のイベントが行われる日は臨時バスも運行していますが
市街地の道路が渋滞するので、何もなければ10分くらいで着くはずのところに
1時間近くかかることがあります。
乗ってしまえばドームの見える場所に着くので楽ではありますが、時間が不確定なので
特に、開演時間が迫ってからの利用はあまりオススメしません。
【運賃:市内一律220円】

<自家用車>
現地まで車で行こうなんてことは考えない方がいいでしょう。
バスと同様、渋滞に巻き込まれたらいつ着くかわかりません。
また、駐車場ですが、ドームに近いところから順次埋まっていきます。
かなり早い段階(おそらく午前中)で、徒歩圏内には停められなくなります。
そして、もし近くに止められたとしても、帰りが悲惨です。
ライブが終わって、車に乗るところまではスムーズでも、そこから駐車場を出るのにも
ドーム周辺の混雑から抜けだすのにも、非常に時間がかかります。
渋滞抜けるのに1時間はかかると思っていたほうがいいです。
車で行こうと思っている方は、天神・博多駅など街中の駐車場に停めて
公共交通機関を利用してドームへ向かうのがベターかと思います。
ドームおよび周囲の民家駐車場は、駐車料金一律2000円だそうです。

大きな会場なので、ライブ後は規制退場となります。
通常、スタンド席→アリーナ後方→アリーナ前方の順に退場することになりますので
アリーナ前方やスタンディングブロックの人は、ライブが終わってから1時間後くらいに
やっとドームから出られることになります。

遠征組の中には、関西からの人は新幹線、関東からの人は飛行機で、
その日のうちに帰ろうと思っている方も多いのではないでしょうか。
最終の新幹線と飛行機の時間は以下の通りです。
【飛行機】 ANA 990便 福岡空港発21:35~23:00 羽田着
【新幹線】 のぞみ600号新大阪行 博多発21:11~23:39新大阪着


ライブ自体はおおよそ2時間半~3時間くらいと予想されます。
ドームからの所要時間と終電を考慮し、逆算して会場を出ましょう。
規制退場に引っかかると、終電に間に合わないかもしれません。
最後までライブを楽しみつつも、ゆとりを持った行動を!

Mr.Children DOME TOURに向けて ~札幌ドームの座席配置~

ミスチルドームツアー札幌ドーム公演のチケットが続々と届き始めているようです。
見ていると、どうやらスタンディングブロックの整理番号の区切りが
福岡ドーム公演とは若干異なっているようですね。
ブロック配置自体は、福岡も札幌も同じ配置だと思われます。
しかし、整理番号とブロックの関係を見てみると、福岡は1ブロック300人程度なのに対し、
札幌は200人くらいになるのかな?と思われます。
あくまで推測ですが、今週末から、いよいよツアーが始まりますので
もう間もなく、スタンディングや花道の様子もわかりますね。
楽しみです。

アリーナスタンディングエリア座席表参考図(クリックで拡大します)。
札幌ドームアリーナ座席配置

<追記11/24>
図を描き直しました。
グラウンド面積は、どこのドームも大体同じなのですが、形状が違うため
アリーナ席の座席が各ドームで若干異なります。
札幌ドームは、福岡ドームよりもファールグラウンドの膨らみが大きいため
アリーナ後方ブロックの席数が多くなっているものと思われます。

Mr.Children DOME TOURに向けて ~福岡ドーム アリーナ・スタンディング座席配置~

オフィシャルサイトにて、ステージプランの3D画像が更新されています。
くるくる回して、なんとなく自分の席からステージを見たときのイメージを知ることができて
なかなかいい感じです。

ただし、オフィシャルのはあくまで東京ドーム。
ドームはそれぞれ大きさも形も異なります。
このブログに来てくださる方は、どうにも座席が気になっている方が多いようなので
ここで改めて、福岡ドームの座席配置を、ここまで出ているチケットの座席番号から
推定して、書いてみたいと思います。(図をクリックすると拡大します。)

<追記11/24>
図を描き直しました。

福岡ドームアリーナ座席配置


推定なので、この通りかどうかは当日になってみないとわかりません。
ブロックとブロックの間には通路があると思います。
どこかにPAなどの機材も配置されると思います。
でも、おおよそこんな感じになるのではないでしょうか。

スタンディングブロックは、花道を挟んで左側がL、右がR、前からA→Eと配置
・センターステージ周囲がCで、左からA→E
アリーナA~Cの、7~13ブロックに相当する位置がスタンディングブロック
アリーナ最後方はGブロック。ステージからの距離はおよそ100m。

スタンド席は、ヤフードームの公式サイトから位置を確認できます。
ステージは外野側のセンターを中心に設置されるものと思われます。

Mr.Children DOME TOUR に向けて ~ライブ前の過ごし方~

ほとんどの人が、会場への到着時間はだいたい開場時間を目安にしていると思います。
これからの季節は寒いので、外で開場を待つのはつらいですし。
札幌などは、外で待っているなんてあり得ないんじゃないでしょうか。

ここでは、ちょっと早く着いたけど開場まではまだ時間があるというときに
ドーム付近でどう過ごそうか悩んでいる方向けの情報をまとめておきます。

まずは、東京ドーム。
ドーム自体が東京ドームシティの一角にあり、その敷地内にはお店やレストラン、
また、ビルの合間を駆け抜けるジェットコースターが自慢の遊園地まで
ありますので、時間をつぶすのに困ることはないでしょう。

続いて福岡ドーム。こちらもホークスタウンという商業施設がドームのすぐ横
にありますので、ライブ前にちょっとお茶するくらいのことは出来ます。
ライブがあるときは混雑するので、ゆっくりはできないかもしれませんが・・・
さほど店舗数は多くないので、あんまり早く行き過ぎると、時間をつぶすのに
困る可能性があります。適度な時間的余裕を持って向かいましょう。
ちなみに、Zepp Fukuokaもこのホークスタウンの一角にあります。

大阪ドームは、住宅街の一角にあるので商業施設はありません。
1階部分に、野球グッズ販売のお店や体力測定ができるゲームなどがちょっとだけあります。
梅田やなんばから20分もあれば着きますので、街中で時間を潰すのがベターです。

ナゴヤドームは、目の前にイオンがあります。
が、ドームでイベントのある時は異常なまでに混雑しますので、そこで時間を潰そうと
思っている場合は覚悟の上で。

札幌ドームは、多少の飲食店が無くはないですが、時間を潰すのはちょっとつらい感じです。
北国になれていない人は、外に長時間いたら死んでしまいますので
街中で時間を適度に調整してから、会場入りする方がいいでしょう。
  
Mr.Children
New Release
2017.7.26 Release
himawari (初回生産限定盤)(CD+DVD)

2017.1.11 Release
ヒカリノアトリエ Mr.Children

2016.3.16 Release

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 [Blu-ray]
プロフィール

☆ブログのテーマ☆
♪ 音楽、ライブ・イベント
♪ たまに海外旅行

レナコ

Author:レナコ
レナコのメモ帳にお越しいただきありがとうございます♪

現住所:関西方面
[PR]
↓ランキングに投票


blogram投票ボタン
来場者数
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。